さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2006年12月31日

今年も過ぎていく

もう少しで新しい年を迎える。
今年の一番大きな出来事は妻の介護を自宅で始めたことだ。
始めてみて判ったことだが、私には妻を介護をする役割が有るんだ。
何時も身近にいて感じることは、身体が不自由になったら気の毒だと言うことなんだ。
その気持ちが解るだけでも自宅での介護は意味がある。役割がみえてくる。

「病気は気から」と言うが、気持ちを楽にすると人に本来備わっている回復力が働き良くなるんだ。
病気の家族を持って悩んでいる人が多い、私もその1人だが、家族の役割が凄く大きい。
病院の医師でもないし、公共の施設でもない。
家族の願いと患者本人の意欲を高めてあげることが回復えの道しるべなんだ。


  続きを読む

Posted by ikeda49 at 11:22Comments(4)j自宅での介護

2006年12月31日

今年も過ぎていく

もう少しで新しい年を迎える。
今年の一番大きな出来事は妻の介護を自宅で始めたことだ。
始めてみて判ったことだが、私には妻を介護をする役割が有るんだ。
何時も身近にいて感じることは、身体が不自由になったら気の毒だと言うことなんだ。
その気持ちが解るだけでも自宅での介護は意味がある。役割がみえてくる。

「病気は気から」と言うが、気持ちを楽にすると人に本来備わっている回復力が働き良くなるんだ。
病気の家族を持って悩んでいる人が多い、私もその1人だが、家族の役割が凄く大きい。
病院の医師でもないし、公共の施設でもない。
家族の願いと患者本人の意欲を高めてあげることが回復えの道しるべなんだ。


  続きを読む

Posted by ikeda49 at 11:22Comments(4)j自宅での介護

2006年12月27日

高齢者との関わりは

実は私の両親のことなのだ。
88歳の父と83歳の母が支え合って住んでいる。我が家から30分の場所なのだ。
私の妻は大病を患ったが、お陰様で元気で助かる、まだまだ自分で自分のことが出来る。

「歩けなくなった」「腰が痛い「情けない」等と訴えてくるのはいつもなんだ。
以前は病院に行きなさいとかみんな同じだとか答えていたが、最近は黙って聞くことにした。
加齢現象は仕方が無いことなんだ。言葉に出して、人に聞いて貰って自分で納得しているんだ。
将来の自分を見ているような気持ちだ。」




   (正月の餅を突いた)

両親はもともと十勝の農家で暮らしていた。
正月のは家族が沢山集まり、餅つき・豆腐つくりなど毎年の行事なのだ。
流石に豆腐は造らないが餅つきは毎年今でも兄弟姉妹が集まって1日がかりで造るのだ。
妹の実家の親戚が新潟で、餅米を送ってくる。ヨモギは春妹が野原で採り冷凍していたのだ。
  続きを読む

2006年12月27日

高齢者との関わりは

実は私の両親のことなのだ。
88歳の父と83歳の母が支え合って住んでいる。我が家から30分の場所なのだ。
私の妻は大病を患ったが、お陰様で元気で助かる、まだまだ自分で自分のことが出来る。

「歩けなくなった」「腰が痛い「情けない」等と訴えてくるのはいつもなんだ。
以前は病院に行きなさいとかみんな同じだとか答えていたが、最近は黙って聞くことにした。
加齢現象は仕方が無いことなんだ。言葉に出して、人に聞いて貰って自分で納得しているんだ。
将来の自分を見ているような気持ちだ。」




   (正月の餅を突いた)

両親はもともと十勝の農家で暮らしていた。
正月のは家族が沢山集まり、餅つき・豆腐つくりなど毎年の行事なのだ。
流石に豆腐は造らないが餅つきは毎年今でも兄弟姉妹が集まって1日がかりで造るのだ。
妹の実家の親戚が新潟で、餅米を送ってくる。ヨモギは春妹が野原で採り冷凍していたのだ。
  続きを読む

2006年12月22日

今日は冬至

今日は冬至だ、朝のテレビのニュースに誘われて、メニューにカボチャのお汁粉を加えた。
皆さんの食卓に乗りましたか?

昨日ショートスティから妻が帰ってきた。
好物は{カボチャとサツマイモの蒸し焼き}が好物なんだ。
何時も旬の食べ物を頂くと身体によいと聞いたことがあるんだ。
良くいくスーパーでカボチャがいつもより高かった。





美味しいお汁粉が出来た、妻はお代わりまでしてくれた、カロリーオーバーは大問題だが。まぁいいか。

ケアマネージャーに頼んで、先週から訪問リハビリーをお願いしている、週に1度だけれど、妻の回復に良いと信じて始めることにしたんだ。
少しでもチャレンジしないと結果は結ばないんだ。
なんと以前入院していた病院の担当医学療養士が来てくれる。
何とラッキーなんだろう。人の繋がりが目に見えないところに有るのだろうか、何時も信じているのだ。
  続きを読む

Posted by ikeda49 at 09:41Comments(2)j自宅での介護

2006年12月22日

今日は冬至

今日は冬至だ、朝のテレビのニュースに誘われて、メニューにカボチャのお汁粉を加えた。
皆さんの食卓に乗りましたか?

昨日ショートスティから妻が帰ってきた。
好物は{カボチャとサツマイモの蒸し焼き}が好物なんだ。
何時も旬の食べ物を頂くと身体によいと聞いたことがあるんだ。
良くいくスーパーでカボチャがいつもより高かった。





美味しいお汁粉が出来た、妻はお代わりまでしてくれた、カロリーオーバーは大問題だが。まぁいいか。

ケアマネージャーに頼んで、先週から訪問リハビリーをお願いしている、週に1度だけれど、妻の回復に良いと信じて始めることにしたんだ。
少しでもチャレンジしないと結果は結ばないんだ。
なんと以前入院していた病院の担当医学療養士が来てくれる。
何とラッキーなんだろう。人の繋がりが目に見えないところに有るのだろうか、何時も信じているのだ。
  続きを読む

Posted by ikeda49 at 09:41Comments(2)j自宅での介護

2006年12月20日

元気シュップ

札幌の地下街オーロラタウンに小さな店が最近出来た。
{元気シュップ}と言って、札幌市内の小規模作業所が造った製品を展示販売している。
札幌市の後押しで、場所を提供している。

昨日、以前から取引のあった《つばさの会共同作業所》の山本さんから、突然連絡が有った。
『絵手紙展示したよ』、現地で落ち合うことにした。




札幌市内には200カ所を越える小規模作業所がある。
自立やリハビリーを目的で色々な商品を造っているが、何時も在庫の山だと嘆いていた。

今年の4月に施行された『障害者自立支援法』では通所の所員にも、負担を求める法律なのだ。
障害者も作業所も実情に合わない法律に困り果てていた。

つばさの会の代表山本さんは、{札幌小規模作業所連絡会}の役員をしている。
法律の不備と作業所の窮状を札幌市に訴えこの度実現した店なんだ。


(展示していた絵手紙)  続きを読む

2006年12月20日

元気シュップ

札幌の地下街オーロラタウンに小さな店が最近出来た。
{元気シュップ}と言って、札幌市内の小規模作業所が造った製品を展示販売している。
札幌市の後押しで、場所を提供している。

昨日、以前から取引のあった《つばさの会共同作業所》の山本さんから、突然連絡が有った。
『絵手紙展示したよ』、現地で落ち合うことにした。




札幌市内には200カ所を越える小規模作業所がある。
自立やリハビリーを目的で色々な商品を造っているが、何時も在庫の山だと嘆いていた。

今年の4月に施行された『障害者自立支援法』では通所の所員にも、負担を求める法律なのだ。
障害者も作業所も実情に合わない法律に困り果てていた。

つばさの会の代表山本さんは、{札幌小規模作業所連絡会}の役員をしている。
法律の不備と作業所の窮状を札幌市に訴えこの度実現した店なんだ。


(展示していた絵手紙)  続きを読む

2006年12月16日

コロポックル小規模作業所での忘年会

先日、高次機能障害作業所{コロポックル}のS副代表から電話があった。
一品持ち寄りの忘年会んのお誘いだった。
土曜日は妻はディサービスで9時から4時まで私の時間、出かけることにした。




コロポックル作業所とは交通事故や不慮の事故で障害を受け、リハビリーや就労の訓練場所なんだ。
そして、ここに係わる人達は当事者や家族が自立を目指すと共に情報交換をしている。




この会とは平成15年5月の講演会で知り合った。
高次機能障害を受けた現職の脳外科医本人が、障害を受け、回復までの御苦労やリハビリーの様子を御夫婦で話して頂いた。
当事者が語る言葉に感動を受けた。
私の妻は、丁度同じ時期に倒れたので、大変感銘を受けたことを覚えている。

障害を受けたって、何も恥じることは無い命が有ると言うことは、この世でのやり残したことが有るのだ。役割が必ず有ると信じている。
メスを持てなくなった講演者も今は言葉で人に生きる気力を与えているのだ。




  続きを読む

2006年12月16日

コロポックル小規模作業所での忘年会

先日、高次機能障害作業所{コロポックル}のS副代表から電話があった。
一品持ち寄りの忘年会んのお誘いだった。
土曜日は妻はディサービスで9時から4時まで私の時間、出かけることにした。




コロポックル作業所とは交通事故や不慮の事故で障害を受け、リハビリーや就労の訓練場所なんだ。
そして、ここに係わる人達は当事者や家族が自立を目指すと共に情報交換をしている。




この会とは平成15年5月の講演会で知り合った。
高次機能障害を受けた現職の脳外科医本人が、障害を受け、回復までの御苦労やリハビリーの様子を御夫婦で話して頂いた。
当事者が語る言葉に感動を受けた。
私の妻は、丁度同じ時期に倒れたので、大変感銘を受けたことを覚えている。

障害を受けたって、何も恥じることは無い命が有ると言うことは、この世でのやり残したことが有るのだ。役割が必ず有ると信じている。
メスを持てなくなった講演者も今は言葉で人に生きる気力を与えているのだ。




  続きを読む

2006年12月13日

妻の機能回復:ショートスティ先にて



ショートスティ施設のクリスマスツリー

昨日妻は2泊3日のショーとスティに出かけた。
何時も、朝はあたふたと荷物を造っているのだが、ハジャマを入れ忘れた。
何時も何か忘れる、妻に注意されていたのだが直らない。
そこで、午後から施設まで届けた。




自宅に帰ってきてからこの施設も利用させて頂いて6ケ月になるが、この間2度しか出向いていない。
私も良くない家族になっていた。

施設のスタッフとのコミニュケーションも出来ていないし、ましてや、リハビリーの状況など全く判らなかった。
今回怪我の功名で出かけたが、反省することが沢山あった。
ちょくちょく出向いてスタッフとのコミニィュケーションを強くしょう。



  続きを読む

2006年12月13日

妻の機能回復:ショートスティ先にて



ショートスティ施設のクリスマスツリー

昨日妻は2泊3日のショーとスティに出かけた。
何時も、朝はあたふたと荷物を造っているのだが、ハジャマを入れ忘れた。
何時も何か忘れる、妻に注意されていたのだが直らない。
そこで、午後から施設まで届けた。




自宅に帰ってきてからこの施設も利用させて頂いて6ケ月になるが、この間2度しか出向いていない。
私も良くない家族になっていた。

施設のスタッフとのコミニュケーションも出来ていないし、ましてや、リハビリーの状況など全く判らなかった。
今回怪我の功名で出かけたが、反省することが沢山あった。
ちょくちょく出向いてスタッフとのコミニィュケーションを強くしょう。



  続きを読む

2006年12月11日

札幌の冬は何時もこんな感じだ

私は十勝の農家の生まれだが、昭和48年からこの地に移り住んでいる。
毎年この雪には悩まされているが、私が札幌から動かないのを見ると、案外この土地が好きなのだ。
東京にも5年も程住んだことがあるが、梅雨時期は正直言って《人の住むところじゃない》と思った。
寒いのは着るといいが、暑いのはどうにも始末に負えないと私は思う。




先日来の低気圧ですっかり雪景色になってしまった。



太陽は何時もこんな感じだ、積雪が17センチになったんだ。  続きを読む

2006年12月11日

札幌の冬は何時もこんな感じだ

私は十勝の農家の生まれだが、昭和48年からこの地に移り住んでいる。
毎年この雪には悩まされているが、私が札幌から動かないのを見ると、案外この土地が好きなのだ。
東京にも5年も程住んだことがあるが、梅雨時期は正直言って《人の住むところじゃない》と思った。
寒いのは着るといいが、暑いのはどうにも始末に負えないと私は思う。




先日来の低気圧ですっかり雪景色になってしまった。



太陽は何時もこんな感じだ、積雪が17センチになったんだ。  続きを読む

2006年12月08日

今日の朝食



妻は釧路で育った。
食べるものでは取り分け、魚が好きなんだ。
先日も釧路で姉がババガレイの煮付けを御馳走してくれた。

美味しそうに食べている妻を思い出し、スーパーで探したが無い。
変わりにクロガレイを買ってきた。
レシピーは妻に聴いてその通りつくった、何とか様になったようだ。
カボチャとジャガイモの吹かしたのは、十勝の同級生から送ってきた新鮮な食材だ。
《カロリーが少なくバランスの良い食事》妻の機能回復に役立つと良いな。
  続きを読む

Posted by ikeda49 at 12:48Comments(3)j自宅での介護

2006年12月08日

今日の朝食



妻は釧路で育った。
食べるものでは取り分け、魚が好きなんだ。
先日も釧路で姉がババガレイの煮付けを御馳走してくれた。

美味しそうに食べている妻を思い出し、スーパーで探したが無い。
変わりにクロガレイを買ってきた。
レシピーは妻に聴いてその通りつくった、何とか様になったようだ。
カボチャとジャガイモの吹かしたのは、十勝の同級生から送ってきた新鮮な食材だ。
《カロリーが少なくバランスの良い食事》妻の機能回復に役立つと良いな。
  続きを読む

Posted by ikeda49 at 12:48Comments(3)j自宅での介護

2006年12月06日

釧路での法事は無事に終わった



《札幌駅のクリスマスツリー》
 釧路は妻の実家だ、昨年亡くなった母の法事に出かけた。
札幌駅から特急おおぞら5号に乗り4時間余りの旅だ。
車椅子を押しての旅は、今回で4度目なんで慣れたが、やはり季節柄天候が気になった。
JRも親切になったし、現実に車椅子を押して歩く当事者になると、人の有りがたさが身にしみる。
チョットした気配りが有りがたいものなんだ。

釧路駅には姉が迎えに来てくれた。
冬の釧路は何時も青空だ、朝晩は寒いが日中は暖かくて気持ちが良い。






  続きを読む

2006年12月06日

釧路での法事は無事に終わった



《札幌駅のクリスマスツリー》
 釧路は妻の実家だ、昨年亡くなった母の法事に出かけた。
札幌駅から特急おおぞら5号に乗り4時間余りの旅だ。
車椅子を押しての旅は、今回で4度目なんで慣れたが、やはり季節柄天候が気になった。
JRも親切になったし、現実に車椅子を押して歩く当事者になると、人の有りがたさが身にしみる。
チョットした気配りが有りがたいものなんだ。

釧路駅には姉が迎えに来てくれた。
冬の釧路は何時も青空だ、朝晩は寒いが日中は暖かくて気持ちが良い。






  続きを読む