さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2006年08月31日

明日から9月空気は澄んで恵庭岳まで望めた

01.jpg

《厚別川の堤防から、恵庭岳が望めた》

空気が澄んでいるのだろう、雲は高く遠くまで見通せた。
この地清田区北野に住んで20年を過ぎた、引っ越すのが億劫だったのか、街の中でも自然が沢山あるこの地域が気に入っていたのか、大した理由はないが。年数だけ過ぎていった。  

2006年08月31日

明日から9月空気は澄んで恵庭岳まで望めた

01.jpg

《厚別川の堤防から、恵庭岳が望めた》

空気が澄んでいるのだろう、雲は高く遠くまで見通せた。
この地清田区北野に住んで20年を過ぎた、引っ越すのが億劫だったのか、街の中でも自然が沢山あるこの地域が気に入っていたのか、大した理由はないが。年数だけ過ぎていった。  

2006年08月29日

夏の終りの石狩湾

01.jpg

 《妻はショートスティで一休み》

小樽の薬科大学屋上からの風景だ。
8月の終わりの海は何故か名残惜しい。

弧を描いている海岸線がハッキリと見て取れる。
大都会札幌圏もここまで来ると空気は澄んで、汚れた空気の中で働いている肺に新鮮な空気を送り込もう。深呼吸を1度・2度・3度  続きを読む

Posted by ikeda49 at 10:19Comments(2)j自宅での介護

2006年08月29日

夏の終りの石狩湾

01.jpg

 《妻はショートスティで一休み》

小樽の薬科大学屋上からの風景だ。
8月の終わりの海は何故か名残惜しい。

弧を描いている海岸線がハッキリと見て取れる。
大都会札幌圏もここまで来ると空気は澄んで、汚れた空気の中で働いている肺に新鮮な空気を送り込もう。深呼吸を1度・2度・3度  続きを読む

Posted by ikeda49 at 10:19Comments(2)j自宅での介護

2006年08月25日

豊平公園はもう秋空だった

060825_1626~001.jpg

{公園のバラ香りが少なかった}

01.jpg

《公園の風景:気配は秋きだった》

札幌にも沢山の公園が有るが、豊平公園は庶民的な親しみやすい公園だ。
療養型病院、北樹会病院に妻が入院した折り、タクシーでよく訪れた。
街の中でも自然を身近に感じ取れる場所です。  続きを読む

Posted by ikeda49 at 19:18Comments(6)j自宅での介護

2006年08月25日

豊平公園はもう秋空だった

060825_1626~001.jpg

{公園のバラ香りが少なかった}

01.jpg

《公園の風景:気配は秋きだった》

札幌にも沢山の公園が有るが、豊平公園は庶民的な親しみやすい公園だ。
療養型病院、北樹会病院に妻が入院した折り、タクシーでよく訪れた。
街の中でも自然を身近に感じ取れる場所です。  続きを読む

Posted by ikeda49 at 19:18Comments(6)j自宅での介護

2006年08月24日

妻が以前入院していた病院を訪れた

《みんな心に掛けていてくれたのだ=ありがとう》

昨日妻が入院していた病院を訪れた。
実は従兄弟が未だ53歳なのだが、病に倒れ病院に入院している。
妻と同じ脳障害なのだ。
脳外科病院を卒業し次のリハビリー病院が妻の入院していた病院と同じだったのだ。
昨日見舞いに訪れた。  続きを読む

2006年08月24日

妻が以前入院していた病院を訪れた

《みんな心に掛けていてくれたのだ=ありがとう》

昨日妻が入院していた病院を訪れた。
実は従兄弟が未だ53歳なのだが、病に倒れ病院に入院している。
妻と同じ脳障害なのだ。
脳外科病院を卒業し次のリハビリー病院が妻の入院していた病院と同じだったのだ。
昨日見舞いに訪れた。  続きを読む

2006年08月17日

居間のジュウタンを張り替えた

01.jpg

介護保険のお世話になります。

妻が自宅に帰ってきて1ケ月あまりになる。しかし、住まいは今までと同じバリアフリーではない。

今公営住宅の2DKに住んでいる。居間と部屋が2部屋です。
何度かバリアーフリー用の住宅に申し込んだが、戸数が少ないため当たらず、見切り発車したのです。

車椅子での居間から部屋えの移動には5?の段差がありふじゅうしている。  続きを読む

Posted by ikeda49 at 16:00Comments(3)j自宅での介護

2006年08月17日

居間のジュウタンを張り替えた

01.jpg

介護保険のお世話になります。

妻が自宅に帰ってきて1ケ月あまりになる。しかし、住まいは今までと同じバリアフリーではない。

今公営住宅の2DKに住んでいる。居間と部屋が2部屋です。
何度かバリアーフリー用の住宅に申し込んだが、戸数が少ないため当たらず、見切り発車したのです。

車椅子での居間から部屋えの移動には5?の段差がありふじゅうしている。  続きを読む

Posted by ikeda49 at 16:00Comments(3)j自宅での介護

2006年08月14日

なすびが豊作です

01.jpg

ベランタになすびを3株植えた, 毎日せっせと水をやっていたら沢山の収穫てきそうだ.  続きを読む

Posted by ikeda49 at 10:13Comments(2)

2006年08月14日

なすびが豊作です

01.jpg

ベランタになすびを3株植えた, 毎日せっせと水をやっていたら沢山の収穫てきそうだ.  続きを読む

Posted by ikeda49 at 10:13Comments(2)

2006年08月12日

北海道の味覚トウキビの登場

01.jpg
デイサービスの帰り、スーパアで買い物をした。 旬の味トウキビを見つけて買ったが、調理の仕方が判らなかった。  続きを読む

2006年08月12日

北海道の味覚トウキビの登場

01.jpg
デイサービスの帰り、スーパアで買い物をした。 旬の味トウキビを見つけて買ったが、調理の仕方が判らなかった。  続きを読む

2006年08月12日

昨日は髪をカットしてきた

自宅に帰り栄養が良いのか、身体も成長し髪の毛も伸びた。
ディサービスで「雀の巣」らしきことを言われて、妻はたいそう気にしていた。

昨日暑いのに床屋さんに出かけた。
パーマ屋さんは枝毛が出来て嫌なんだって。気ままなものだね。  続きを読む

Posted by ikeda49 at 07:56Comments(1)j自宅での介護

2006年08月12日

昨日は髪をカットしてきた

自宅に帰り栄養が良いのか、身体も成長し髪の毛も伸びた。
ディサービスで「雀の巣」らしきことを言われて、妻はたいそう気にしていた。

昨日暑いのに床屋さんに出かけた。
パーマ屋さんは枝毛が出来て嫌なんだって。気ままなものだね。  続きを読む

Posted by ikeda49 at 07:56Comments(1)j自宅での介護

2006年08月09日

介護は永い。妻と2人でコツコツと歩いていこう

妻はショースティの日です。
昨日は月に1度の山岳会の例会だった。
楽しい仲間とサッポロビールを片手に飲んだ・話した。
北海道の雄大な大自然から受けた恩恵は忘れられない。
この四季がハッキリしている冷涼な気候が自分には合っている。
東京にも5年余り住んだが、《人の住むところでない》と自分で決めつけ若気の至りでカムバックしたのだ。
これからは人も渡り鳥と同じように気候に合わせて移動してみては。  夏は絶対北海道だよ。  続きを読む

Posted by ikeda49 at 06:11Comments(4)j自宅での介護

2006年08月09日

介護は永い。妻と2人でコツコツと歩いていこう

妻はショースティの日です。
昨日は月に1度の山岳会の例会だった。
楽しい仲間とサッポロビールを片手に飲んだ・話した。
北海道の雄大な大自然から受けた恩恵は忘れられない。
この四季がハッキリしている冷涼な気候が自分には合っている。
東京にも5年余り住んだが、《人の住むところでない》と自分で決めつけ若気の至りでカムバックしたのだ。
これからは人も渡り鳥と同じように気候に合わせて移動してみては。  夏は絶対北海道だよ。  続きを読む

Posted by ikeda49 at 06:11Comments(4)j自宅での介護

2006年08月06日

手先の器用さは身を助ける

KC340037.jpg

ーーーー《テッシュペーパーケース》ーーーー

 妻は自宅に帰ってきて1ケ月経った。

毎週ショウトスティやティサービス(介護保険)を利用している。
今までの入院生活とは異なり、施設により対応が違うし、職員も変わる。
帰宅すると早速小生に報告しているが、思い通りに行かないのはこの社会の常である。慣れるしかない。

しかし、彼女には特技がある。  続きを読む

Posted by ikeda49 at 16:47Comments(2)妻の自宅での生活

2006年08月06日

手先の器用さは身を助ける

KC340037.jpg

ーーーー《テッシュペーパーケース》ーーーー

 妻は自宅に帰ってきて1ケ月経った。

毎週ショウトスティやティサービス(介護保険)を利用している。
今までの入院生活とは異なり、施設により対応が違うし、職員も変わる。
帰宅すると早速小生に報告しているが、思い通りに行かないのはこの社会の常である。慣れるしかない。

しかし、彼女には特技がある。  続きを読む

Posted by ikeda49 at 16:47Comments(2)妻の自宅での生活