さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2017年01月25日

家族の在宅介護は辛い・大変だ? 日々の安心の仕方です 

 介護保険制度でのサービスで、2泊3日の短期入所をケヤプランを私たちは基本にしています。
私たちも60代も後半になったのでだましだましの日々を過ごしています。
夕方妻はHさんの介護タクシーで帰還した。Hさんとは長い付き合いです、妻を安心して任せられるので小生はその分楽させていただいた。


短期入所のA施設も妻に取っては安心できる施設なんだね。
自宅は団地で狭い。施設は広い車いすを漕いで動いたら便秘が解消したって。喜んでいた。
最近自宅ではご無沙汰だけどカレーライスを食べたと言っていた。

今日は気温が氷点下で寒い。しかし、少し日差しが長くなったように感じるのは私だけかな? 

誰もいない冬の厚別川河川敷サラサラ雪が心地よい。ワカンで1H歩いたら汗びっしょりになったよ。 
来月期待している芸術の森でワカン歩きのトレーニングです。
自分の愛用のワカンと長靴で間に合いそうですね。
そして午後からは「きたのクラブの例会でした」≪姿勢をよくして若返り≫
姿勢科学士のOさん。奥さんの腰痛を治すために資格を取って仕事としている。
≪きたのくらぶは65歳以上で介護保険のお世話になっていない人≫が入会資格です。
今日は30人くらい参加していた。皆んな気持ちが若いね、そして女性が多い
介護保険のお世話になっていないようだが、腰・肩・膝と違和感のある所はみんな共通です。
だから今日の例会に出て来たのだね。
高齢化年代で気を付けることは≪体に良い食べ物・運動≫とみんな同じです。その他に姿勢をよくすると10歳若返る。
試してみる価値あり
≪両手を挙げてバンザイの運動、その際横隔膜を引き上げてね≫ 手軽に何処でもできる運で若返ればいいなぁ。
体の故障で病院に行く前に自分のために試すことですね。




役所も今年のイベントを始めたよ。「妻は認知症ではないよ」と伝えた有るけど送ってきた。
前回の厚別の集まりに回数を増やさないと浸透しないよ と余計なことを話したからかな
何でもいいねぇ 集まりに出るだけで目的は半分達せられると思うから。
家族の介護は楽ではない、が家族が役割を果たさないと満足な日々は送れない。
沢山の人や施設に支えられて実現できると私達は信じています。


妻が元気で過しているから介護している小生も十分な息抜きが出来る  
妻本人が安心できる人との出会いが広がりが 本当に助かるね。 おかげさまで





 
  

Posted by ikeda49 at 21:15Comments(2)j自宅での介護

2017年01月13日

寒中の札幌です 家族の介護は余裕を持って



札幌は今、一年中で一番寒い時期 毎日最高気温がマイナスの真冬日を続けている。寒中です
私達家族を介護する生活は寒いからと言って変更することも出来ない。
いつもと同じケヤプランを続けている私達です。 只気持ち的には≪ゆっくりと動く思考回路に変更しています≫
介護の日常は毎週出掛けるショートスティを(2ケ所の施設を利用している)軸にケヤプランを組んでいる。
例年よりも雪が多く寒さも厳しい今年の冬。
インフルエンザの蔓延が早くやってきた。 
施設でも高齢者や障害者(抵抗力が低い入所者)が多いから蔓延しだすと長引くね
12月にインフルエンザで3週間閉鎖していた施設が落ち着いて、先日今年初めて妻を送りだした。
今朝担当者から電話がありもう一つの施設がインフルエンザで閉鎖していると連絡がきた。
自宅で過ごす事が一番安全だと思って居るが どうやって乗り切るか。 思案のしどころですね
まだまだ今年の冬は続くのだけど。


  (管理栄養士から預かっている計量器)

  (ミキサーととろみ材:水分補給には欠かせない)
妻は食べる機能に障害があっても自分で食べ方を工夫しながら、左手でスプーンを使って食べています。
ゆっくりと時間をかけてテレビを見ながらです。
朝食のメニューは:
チラシ寿司が主食です・ハスカップ+ヨーグルト・刷りリンゴ入りフルーチェ・野菜と肉を入れた鍋(ミキサーにかける)
そして一番大事な水分には青汁入りポカリスエット(トロミをつける)  です。
食事が多いか否かはわからない。 が体重が普通50㎏前後を推移しているからまぁ良いかです。  
訪問で来てくれる管理栄養士から 先日毎日食べる食材と量を3日記録してね と依頼があった。
記録してみて(いつも同じような食材の繰り返しだと気付きました)

今朝 茄子とピーマンの油炒めを鍋一杯作ったよ: 今晩の我が家のおかずです。


札幌市南区芸術の森 冬は入館者も少ないね。


1月になったらワカンを借りれる  情報を頼りに先日妻を迎えに行った際 足を延ばして行ってきた。
残念   14日から今年の貸し出しを始める だって。 
仕方なしに誰もいない雪中を散策した。札幌市の施設だけに歩道は歩けるようにはねてあった。
ワカンがあったら好きな処を歩けて最高なのだけど この次の機会です。




日差しがあっても外の気温は氷点下です。
室内は20度で暖かい 気温の差が大きいね。体も遅れないように付いて行かないとね。
今日は9時に訪問マッサージ
今訪問看護師が来て頂いている
午後からは訪問リハビリOTです 装具を付けて歩きます。
15時には介護保険の調査に職員が来るよ。

こんなことで毎日過ごしています。






  

Posted by ikeda49 at 11:27Comments(4)j自宅での介護

2017年01月03日

明けましておめでとうございます。 今年が始まります

今年も穏やかな日で始まりました。
2017年はどんな年になるか、私たち家族の介護の日々はいつも同じ全力投球と言いたいが、手抜きを考える日々になりそうですね。
年末年始は私達にはのんびり出来る貴重な時間です。
困ったことはありました。
年越しそばが喉に引っかかり落ち着くまでに時間がかかったよ
≪ソバが飲み込めない、喉の奥に張り付いたのだね、嚥下用テッシュでふき取り嗽をした。サクションは?妻「まだいいと頑張っていた」
 暫くして歯磨き&嗽をし落ち着いた。 違和感があったようだがベットに入った≫ 明日熱が出たら救急病院だね と思いながら。
(普段食べなれないものには時々ある、先日もケーキの下に敷いていた紙を一緒に飲み込んだと大騒動でした)
口から食べる事は大事だが、このようなことは時々ある。慌てない騒がない、いろいろと状況を思い出し、最終的には本人に任せる。
これは我が家の方式で一般的でないことは解わかっている。食べているときに「食べれるかい?」「美味しいかい?」声掛けは必要ない、それでなくともテレビを見ながらのながら族ですから。  
何時もの炊き込みご飯やホッケの開きにも飽きてしまった。目先を変えなくては料理人には失格です
以前から気になっていた「長いもを使った料理に挑戦しました」 時間のある時に良いね
長いもは十勝の足寄町の同級生Kさんから11月ごろに送ってきた。
≪長いもは新聞紙に包んで物置に入れておいた。いつも思うのだけど長持ちがする(根が伸びるが腐らない)。≫
「妻は長いもを痒くて食べられない:テレビの料理番組を見て小生に指南する」
≪長いもを摺りおろして、小鉢にいれ、溶いた卵を上に翔る。蒸し器で20分位蒸す、余熱で利用する≫
≪長いもが蒸されて硬くなったら成分が変わり痒くない、醤油を翔けて出来上がり≫




初詣には近くの大谷地神社に昨日行ってきた。妻は自宅でお留守番(テレビウオッチです)

道路は雪が解けて車はスィ スィ: 雪が多かった歩道は排雪も中途半端でガタガタ目の悪い小生には段差がわからん。

厚別川の河川敷の方が排雪も良く遠回りだけど歩きやすい。急がば回れだね

明日から妻はショートスティ、小生は体の手入れマッサージ。 いよいよ今年の介護プログラムの開始です。
小生の骨休みの時間ですね


北海f道の住宅 暖房十分で室内は暖かい花も良く育つ、花芽もつけるが湿度が低いのでしょう。花芽が開かず萎れてしまう。
弊害は瞼が十分に閉じない妻の左目が乾くらしい。「目薬・目薬」の注文です。 
生きとし生けるものは水の惑星地球の恵みを受けている   
いろいろと気疲れはあるけれど、自宅だから好きなように自由自在の生活です。これからもズーーーート 私達の願いです
  

Posted by ikeda49 at 22:14Comments(6)j自宅での介護