さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2006年12月16日

コロポックル小規模作業所での忘年会

先日、高次機能障害作業所{コロポックル}のS副代表から電話があった。
一品持ち寄りの忘年会んのお誘いだった。
土曜日は妻はディサービスで9時から4時まで私の時間、出かけることにした。




コロポックル作業所とは交通事故や不慮の事故で障害を受け、リハビリーや就労の訓練場所なんだ。
そして、ここに係わる人達は当事者や家族が自立を目指すと共に情報交換をしている。




この会とは平成15年5月の講演会で知り合った。
高次機能障害を受けた現職の脳外科医本人が、障害を受け、回復までの御苦労やリハビリーの様子を御夫婦で話して頂いた。
当事者が語る言葉に感動を受けた。
私の妻は、丁度同じ時期に倒れたので、大変感銘を受けたことを覚えている。

障害を受けたって、何も恥じることは無い命が有ると言うことは、この世でのやり残したことが有るのだ。役割が必ず有ると信じている。
メスを持てなくなった講演者も今は言葉で人に生きる気力を与えているのだ。





会には沢山の当事者や家族・医師・弁護士・市会議員が来ていた。みんな関係者なんだ。
自慢の料理を持ち寄り、1年間の苦労話に花が咲いた。





障害を持つと人の手を借りなくてはならず、どうしても出不精になる。
自分たちで解決しょうとしたり、閉じこもりは最悪の結果なんだ。
今日同じ家族と話したのは、会を企画してくれた人に感謝をし、私達当事者は積極的に参加をしよう、そして、手に手を携えて歩こうよと言うことだった。
必ず良い結果が、良い知恵が得られる予感がするのだ。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(情報交換に役立てよう)の記事画像
嵐の後は小春日和
ハスカップのユーザーとお会いしてきた
今日のランチ
同じカテゴリー(情報交換に役立てよう)の記事
 嵐の後は小春日和 (2006-11-25 14:45)
 ハスカップのユーザーとお会いしてきた (2006-11-23 09:32)
 今日のランチ (2006-11-20 15:22)
 ホットクリックに加入しました。 (2006-05-11 04:14)

この記事へのコメント
ご自慢の料理おいしそうですね~(^・^)
私もリハビリ病院で、ご主人が高次機能障害になられたご家族と知り合い、
目にみえない障害の大変さをしりました。
手に手を携えて歩くと心強いですね。
Posted by ナオ at 2006年12月16日 18:01
ご自慢の料理おいしそうですね~(^・^)
私もリハビリ病院で、ご主人が高次機能障害になられたご家族と知り合い、
目にみえない障害の大変さをしりました。
手に手を携えて歩くと心強いですね。
Posted by ナオ at 2006年12月16日 18:01
ナオさんこんにちは

高次機能障害は性格の異常が多いようで、家族の方が御苦労されてますよ。
どんな障害でも良いことは無いですが、家族の御苦労は同じですね。
皆さんとお話しすると自分だけではないと思いますよ。
Posted by ikeda49 at 2006年12月16日 19:07
楽しそう~。
ずごいご馳走ですね、ikeda49さんは何を持っていったのかな~。
今年も残りわずかです、
新年を迎える準備忙しいよ~。
Posted by サンダーソニアM at 2006年12月17日 17:31
サンダーソノアMさんこんにちは

私はハスカップのジャムを持って行きましたよ。
お菓子を作る人がいたので、素材として提供しました。
年末は忙しいね。
有難う。
Posted by ikeda49 at 2006年12月18日 06:59
沢山の愛に包まれているみたいですね(^o^)いつの日も光輝いていて下さい!
Posted by 健斗 at 2013年04月12日 22:49
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
コロポックル小規模作業所での忘年会
    コメント(6)