さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2005年12月28日

釧路に行ってきました/懐かしい顔・顔

人の死は突然訪れる

予期していないだけに、一瞬考える時間が必要ですね。
まして、車椅子の妻と出かけるとなると、心の準備も必要ですね。
今季節は12月、気象状況の一番きつい時なのです。
『風邪を引くから』『体力が落ちているから』等考えればキリが無い。

車椅子状態で麻痺はあるが『身体の抵抗力が高いか低いか』それは個人差である。
妻は普段から体温が高く小生の見るところでは『高い』結論付けた。  続きを読む

Posted by ikeda49 at 05:33Comments(1)

2005年12月28日

釧路に行ってきました/懐かしい顔・顔

人の死は突然訪れる

予期していないだけに、一瞬考える時間が必要ですね。
まして、車椅子の妻と出かけるとなると、心の準備も必要ですね。
今季節は12月、気象状況の一番きつい時なのです。
『風邪を引くから』『体力が落ちているから』等考えればキリが無い。

車椅子状態で麻痺はあるが『身体の抵抗力が高いか低いか』それは個人差である。
妻は普段から体温が高く小生の見るところでは『高い』結論付けた。  続きを読む

Posted by ikeda49 at 05:33Comments(1)

2005年12月09日

”生きる甲斐” とは何なんだろう

貴方の妻(夫)が寝たきりになったら何を考え、何をしますか

昨日電話があった。
要件はこうである『夫は脳梗塞で入院している、が俗に言う(寝たきり)である。
そして、栄養は最近の医学の研究の果実【胃ろう:胃に小さな穴を開けそこから流動食を摂取する】を利用している』
つまり、栄養は充分に行き届き生命は維持されているのだが、肝心の意識がおぼつかない。

以前は口から少しずつ食べてのに、誤嚥性肺炎を起こすと病院側に止められた。
介護をする妻は気持ちがすっかり落ち込んでしまい、多分藁にもすがりたい気持ちなのではなかったのか。
小生が扱っているβーグルカンに活路を見いだそうとしたのでしょうが・・・・・・・・  続きを読む

Posted by ikeda49 at 23:19Comments(0)人の生き方考え方は

2005年12月09日

”生きる甲斐” とは何なんだろう

貴方の妻(夫)が寝たきりになったら何を考え、何をしますか

昨日電話があった。
要件はこうである『夫は脳梗塞で入院している、が俗に言う(寝たきり)である。
そして、栄養は最近の医学の研究の果実【胃ろう:胃に小さな穴を開けそこから流動食を摂取する】を利用している』
つまり、栄養は充分に行き届き生命は維持されているのだが、肝心の意識がおぼつかない。

以前は口から少しずつ食べてのに、誤嚥性肺炎を起こすと病院側に止められた。
介護をする妻は気持ちがすっかり落ち込んでしまい、多分藁にもすがりたい気持ちなのではなかったのか。
小生が扱っているβーグルカンに活路を見いだそうとしたのでしょうが・・・・・・・・  続きを読む

Posted by ikeda49 at 23:19Comments(0)人の生き方考え方は

2005年12月05日

今日は美容院に行きました

日曜日から外泊で自宅です

札幌は例年になく暖かく、先日降った雪もすっかり融けてしまった。
でも、降雪はもう直ぐそば」まで来ている。


今日の最高気温が3度であったが、美容院にパーマをかけにいった。  続きを読む

2005年12月05日

今日は美容院に行きました

日曜日から外泊で自宅です

札幌は例年になく暖かく、先日降った雪もすっかり融けてしまった。
でも、降雪はもう直ぐそば」まで来ている。


今日の最高気温が3度であったが、美容院にパーマをかけにいった。  続きを読む