さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 14人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2006年12月06日

釧路での法事は無事に終わった



《札幌駅のクリスマスツリー》
 釧路は妻の実家だ、昨年亡くなった母の法事に出かけた。
札幌駅から特急おおぞら5号に乗り4時間余りの旅だ。
車椅子を押しての旅は、今回で4度目なんで慣れたが、やはり季節柄天候が気になった。
JRも親切になったし、現実に車椅子を押して歩く当事者になると、人の有りがたさが身にしみる。
チョットした気配りが有りがたいものなんだ。

釧路駅には姉が迎えに来てくれた。
冬の釧路は何時も青空だ、朝晩は寒いが日中は暖かくて気持ちが良い。











《松浦公園の児童館:昔妻達が遊んだところだ》

道東の冬は何時も晴天だ。カラスに混じってカモメも飛んでくるので、ここは港町なんだと判る。

懐かしい場所と家族に囲まれた妻はいつになく雄弁だった。
妻の病気は脳幹出血だ、身体の平衡感覚に障害があるもののお陰様で大脳には損傷が少なく記憶力や考える力は残っている。
障害を持ってしまったことは気の毒だが、仕方がない。
残存機能を活性化していくと、人の身体も心も案外成長するのではないか。思ってもいない動きをすることが最近見かけるようになった。
{脳細胞も再生する}なんて、先日聴いた水島先生は言っていた。
期待をしているんだ、少しでも自分のことが出来るようになることが、妻にとっての願いなんだ。
《1つ持ってきたテッシュペーパーケース、みんなに感心されて嬉しかったんだ》



正直言って私は疲れた、腰も痛い若くは無いんで。
でも、『妹は釧路に来るのを楽しみにしてたんだよ』と言ってくれた姉の言葉に、来て良かったなと感じた。
一番心配掛けた姉だからこそ良くなった妻の気持ちが解るんだね。








あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(介護の記録を書いてみる)の記事画像
父の病気に振り回された
介護人には不安なこともある
さすが寒中だ
釧路フィッシャーマンズワーク迄歩く
同じカテゴリー(介護の記録を書いてみる)の記事
 父の病気に振り回された (2009-05-19 08:31)
 介護人には不安なこともある (2008-08-18 17:53)
 さすが寒中だ (2008-01-13 09:29)
 釧路フィッシャーマンズワーク迄歩く (2007-05-14 14:05)
 今日の朝食です食べる有り難さを感じながら (2006-10-13 07:38)
 かぼちゃとさつまいもの団子ができました (2006-09-17 08:07)

この記事へのコメント
法事が無事に済まれ、良かったですね。
雪も邪魔しなかったようで・・

奥様も皆さまに会われ、喜ばれたことでしょう!!
ご苦労様でした。
Posted by たんぽぽ at 2006年12月06日 06:16
ご苦労様でした~。
私も、4年程釧路に住んで居ましたので、懐かしいです。
”愛”をいっぱいもらって来たんですね。
”そして、勇気をお替えしして来たんですよ”
くれぐれもご自愛下さい。
Posted by サンダーソニアM at 2006年12月06日 09:09
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
釧路での法事は無事に終わった
    コメント(2)