さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2012年08月26日

足の浮腫を取るために

今年の春の脳障害から帰還した妻、以前からも気になっていた《麻痺足の浮腫が強くなった様に感じる》
日中車椅子に乗っているので無理もないと思うのだが、




以前小生が腰痛で耐えられなくて購入していた《エヤーマッサージ器》
思い出して最近使っている。
妻も「マッサージする」と言うんで良いんじゃ無い。
「本当はベットに横になってくれると良いのに」と言ってもサスペンス番組(テレビ)を観る要求も強いなぁ





先日行った雪印種苗のバラ園:ディサービスのバスハイクで行った。又行きたいと妻のリクエストにこたえた。
こんな身近に花々を楽しむ場所が合ったのだね。


ここ札幌は雪印乳業の発生の地
  

Posted by ikeda49 at 19:59Comments(5)j自宅での介護

2012年08月22日

残暑の札幌:アッチに行ったりコッチに行ったりマメに出歩く

お盆を過ぎると札幌は涼しくなると思っていたが、今年は残暑か暑い30度の日が続く。北海道民には湿度のあるこの気温は耐え難いなぁ。
妻は今日2泊3日のショートスティから戻ってきた。
脳幹出血の後遺症か体温の調整が障害があるのか「夏でもカーデガンを着る」と頑張る。
でも夏やせはないし食欲は全然落ちない平気で日々を過ごしているから助かる。


 
自宅のベランダ菜園で収穫した。この暑さでいっぺんに色づいた。今晩の食卓に載った事は言うまでも無い。「取立は新鮮だし美味しいね」
 

自分では好きなところに出歩く事が出来ない妻は何時でも外に出掛けたい要求がある。小生も叶えてあげたいが《炎天下は疲れるんだよな:本音は》
最近は厚別川河川敷きを歩き清田区役所に行ったり。八紘学園に行ったりもっぱら近間をうろうろ歩いている。

 
{近くの宮田屋でコーヒーゼリーと美味しいコーヒーを頂いてくる}:店員もテーブルの配置や椅子を手伝ってくれる。  続きを読む

Posted by ikeda49 at 21:45Comments(5)j自宅での介護

2012年08月15日

妻の日常




先日外来で検診に行った。訪問リハから「担当医の同意書」を求められたから。
屋上の《ハートフルパーク》を観てきた。せっかく作ってくれたのに誰もいなかった。:何でも妻には新鮮なんだね



入院時担当だった運動療養師のHさんにも合ってきた。装具を進めてくれて作るきっかけを作ってくれた。
「一生懸命歩いているかい」装具は持参しなかったので電動車椅子で院内をクルージングして見せてあげた。4ケ月も入院していたから知り合いが居て妻は忙しくしていた。



そして病院~歩いて15分の所にある八紘学園直売所で新鮮な食材を仕入れた。
牛乳は新鮮だ便秘ぎみの妻が牛乳にとろみを入れてゆっくり飲む不思議だな自分で改善したのだから。
ヨーグルト・キャベツ・ピーマン・ジンギスカンといろいろと買いそろえタクシーで帰還した。 


朝晩涼しくなった札幌だけど日中は蒸し暑い。出て歩くのも億劫になったのでベランダを見えるようにした
色とりどりのゼラニュームとミニトマトが色づいてきた。毎日新鮮なトマトを頂いている



今日もう少しで妻は帰ってくる。先ほど《新鮮なトウモロコシを買ってきて茹でた》
●実をコスギ落として玄米入りのご飯とミキサーに掛ける。甘くて美味しいんだって。少しでも旬の味覚を得れたらいいね。
  

Posted by ikeda49 at 13:39Comments(2)

2012年08月01日

家族の介護人のつぶやき

「脳幹出血の妻を在宅で介護している。」と何時も思っている。
が本当の処は病気になってしまった妻から役割を与えられているとつくずく感じる。




脳幹出血は重大な病気。リハビリーで良くなると当初は思っていたが、10年経ってやはり右半身は麻痺している。24時間人の手を借りなければ生活が出来ない。
一番残念に悲しく思っているのは妻自身だと側にいて思う。
そんな気持ちを少しでも和らげて叶えてあげれるのは家族だからかな、役目かなと思う。
今、沢山の障害を持ってしまった人や御家族が悩んでいる。


妻は「富良野に行ってみたい。豊平峡ダムに行ってみたい。何処でも良い彼方此方行ったことの無いところに行きたい」と言う。
障害があってもテレビから情報を取り入れてあれこれと希望も言うし報告してくれる。
自分でいけなかったら家族が1つでも2つでも叶えてあげて満足してくれたら。それだけで良いね。


先日行った滝野自然公園に行ってきた。富良野のラベンダーとは行かないが近間で勘弁してもらった。



今札幌でも一年で一番暑い時期【炎天下を出歩くのは】一歩も二歩も「大丈夫かな」と何時も不安に駆られるが。
「いくかい?」と聞くと大抵は「行く」と返事が来る。
それが生きる原動力だから




今日から8月になり暑い季節だけれど都合を付けて外に出て自然の恵みを受けたいなと思っている。
妻は今日ショートスティから戻ってくる。

  

Posted by ikeda49 at 10:31Comments(6)j自宅での介護