さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2013年03月20日

介護の日々はタンタンと過ごす

妻との生活も日々タンタンと過ぎる。
シュートスティに行った妻も20日春分の日で送迎なし昨日帰ってきた。
最近気がついたのだけれど少しずつ機能が落ちているのかなと感じる。
《その日によって機能は異なるが話す機能:妻は一所懸命に話しているけど言葉が途切れて良く伝わらない》
ショートスティでの生活はお任せで良く解らないが、たぶん人と話す機会が少ないから《話す機能のリハビリーが出来ていない》そして自宅に戻ると元に戻る。
そして、今朝食をすましてテレビを見ている


日々の生活は心と身体の機能の低下(老化)との鬩ぎ合いです。
いかにして自分らしく日々過ごすか万人の問題です。


3月も後半になり気温が上がってきた札幌:道路はベチャベチャみるみる雪は溶けていく。そして桜の開花予想も例年並み。
自然はちゃんと覚えているよ。厚別川河川敷の柳も心なしか新芽が色づいている。
この時期になって妻も厳しい時期を乗り越えたなぁと思っている。
北国札幌に住んでいる私たちはこれからの季節がわくわくする時です。《待っていたよー》


食事を任されている小生には最近心がけなければならない事がある。
はっきり言って《食べ過ぎ》です。沢山食べても身体を動かしてエネルギーを使えば代謝も良くなり良いのだけれど。
バランスが崩れて肥満になる。小生はカロリー計算等したことが無い。
そこで昨日からネットで食べた食事を入力するだけで摂取カロリーを計算してくれるサイトにアクセスした。
管理栄養士のアドバイスもあるので楽しみにしている。
今の機能を維持するためには良いと思うことは何でもやってみよう。


●平成25年3月22日追記
 燕下障害支援サイト スワローを下記書きます。
 妻が脳幹出血で脳神経外科担当医から「口から食べたら命に関わる」と言明され家族としてどうしても納得いかなかったときに探し当てたサイトです。
http://www.swallow-web.com/
  

Posted by ikeda49 at 10:50Comments(7)j自宅での介護

2013年03月05日

こんなところにも愛読者が居たんだね

昨日妻はショートスティに行った。
朝テレビで《若年性脳梗塞が多くなった》予防法は
を放送していた。


昨年妻が脳出血でお世話になったK脳神経外科で《脳ドック》を受けた。
平成19年に一度受診したことがある。
《普段から肩・背中凝って酷いし、父は脳梗塞で亡くなった遺伝があるのかな等考える》
脳のMRI画像を見て担当医は「あちこちに「脳梗塞の跡があるよ、血流は順調に流れているよ」
只小生は高血圧で薬を飲んでいる。「高血圧は脳梗塞の原因になるので治療をするんだよ一年に一度検査したら良いね」
気を付けなくてはならない、妻は半身麻痺の車いす小生も病気になったら誰が面倒を見てくれるのか。心細い限りです。

夜はスーパー銭湯で時々来て身体を休める。そしてマッサージルームがある。
先日マッサージを受けながら「妻の介護のブログをアップしてるよ」と話した。
それ以来隠れた読者になlてくれたようです


先日北海道は風雪に荒れた。季節の変わり目は異常な低気圧が発生する。
でももうすぐです気温も高くなった、日差しも長くなり何とか厳しい季節を乗り切ったなぁ。
北国北海道に住む私たちにはこれからの季節がわくわくする季節です。
 


●追伸(平成25年3月18日):
身体に障害を持ってしまった家族に《口から食べる事は最高のリハビリー》と思っているが。それを実現する為には充分な情報が必要です。ドクターズネッワークの情報を下記に添付しました。

http://www.peg.or.jp/paper/article/enge_kinou/index.html#4

  

Posted by ikeda49 at 12:42Comments(8)j自宅での介護