さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2017年12月01日

今日から12月です、冬型の気圧配置ですが、今の札幌は晴れです



今日から12月です、月日の経つのは早いです
近郊の岩見沢では吹雪で高速も止まっている とラジオで放送していた
札幌は暖かい日差しが差し込んでいます 穏やかな師走入りです。


妻はといえば、3週間の身体の整備期間を過ごして先日自宅に戻ってきました。
病院は病気を治すところです(当たり前ですが) 
が普段自宅で好きなように過ごしている私達には窮屈なところでした。
半身麻痺で車いす生活・嚥下障害がある妻には栄養管理が一番不安でした。
皆様にご本当に心配をかけました。 職員の手厚い看護のお陰で難関を乗り越えました。
「明日以降何時退院してもいいよ」 の担当医の言葉は私達には新しい場面を迎えることができました。


自宅でも妻は何時もと同じように過ごしています。 
今、長い朝食を取りながrテレビを見ています。 
好きなように自由自在に過ごすことができる自宅での生活に薬は要らない
日を重ねることで体も心も回復する  と私たちは思っています

病院での食事はミキサー食 心配した姉からの補助食の差し入れです
妻の「口から食べる意欲は依然と同じです」 炊き込みご飯・親子丼・刺身・アイスクリーム等でした
口から食べる機能があるうちは妻は何度も蘇る 生きていくうえで一番大事な機能だから

ケヤマネYさんから連絡をいただきました。自宅では介護保険での生活です。以前と同じようにサービスを再開し
まだまだ本調子とは言えない妻と共に厳しい冬の時期を乗り越えます。


 
  

Posted by ikeda49 at 09:39Comments(7)j自宅での介護