さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 14人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2018年11月26日

シベリア抑留 体験を語る 講演会から

札幌にも雪が降ってきた、暖冬と言われていたが来るときには来る
ここは北国:雪国 札幌です

今の時期は暖かかったり寒かったりの繰り返しで段々と本格雪国になる時期です。
先日降った雪もその後の暖気で溶けてしまった、と言えども地面はツルツルで安心は出来ない。

先日 NHKラジオで≪シベリア抑留 体験を語る≫講演会の情報があった。
小生は戦後生まれで実体験はない。 大きな戦争で沢山の人が亡くなった、そして時代に翻弄されて大変な人生を生き抜いてこられた。
貴重な体験です。
今私達が自由で、食べ物も豊富に在り不自由なく生活できるのは先人のご苦労のお陰だと思っている。
ご苦労された当事者の生の考えを聞く機会が今回であった。

講師はSさんで戦争の悲惨さを一人でも多くの人に伝えていきたいと《生涯学習出前講座を続けています》
連絡先はシベリア抑留体験を語る会 札幌 代表 建部さん
QRコードを下記に添付します(現在までの活動を見る事が出来ます)





小生も同僚に十勝の音更出身のAさんが居た。
彼は両親と共に樺太のしすかからの引き揚げ者でした。樺太の気候風土を折に触れ教えてくれた
戦後進行してきたロシア人の子供と同じ学校で学んだ
とロシア語の片言を教えてくれた。
当時は子供だったので苦労したことはあまり語らなかったが時代に翻弄されたひとりでした
10年も前に天の星になったので聞くことは出来ません。

今を生きる私達にも出来ることがある
一人でも多くの人に戦争の悲惨さを伝えるお手伝いをしたいと考えています。
平和な国を続けるために





  

Posted by ikeda49 at 11:20Comments(4)j自宅での介護

2018年11月05日

今年の秋は少しずつ進んでいます. もうすぐ雪の季節もやってくる


私達の住む北野中央公園で毎年イチョウが色づいている。
例年より暖かい日が続いている札幌、季節は確実に進んでいる。
郊外の手稲山では初冠雪道北の峠は雪の便りが続く。時期 


と言っても北国に住む私達には厳しい季節が巡ってくる。雪も降る季節が近い
先日私達の住む団地でも臨時常民集会があった。
《300戸が住む団地:入居時の案内には玄関周りの除雪・排雪は入居者がになうとなっているが
最近の高齢化社会で除排雪が出来ない住民が多くなった から一部の住人に負担がかかる》
雪の季節は毎年訪れる地域だから知恵を出し合って平穏な日常を作らないとならないね
今までも雪害の問題はあったが費用のかかることで在り直ぐには結論は出ない。
取りあえず今シーズンは:階段ごとに8戸単位で除排雪のできる家庭とできない家庭(高齢者や障害があり作業ができない)
家庭が費用を負担して今年な始めてみようと決まった。 
12月から3月まで厳しい季節を乗り切るためには住民同士の助け合いと話しあいがひつようですね。


先日テレビを見ていて私にもできる健康維持情報があった:
顔のある部分を鍛えることで筋力アップをかなえられる:舌の働きをよくする(舌は筋肉の塊です)それにはかむ回数を多くするには
するめが役立つよ。そして口から栄養のバランスよく歯ごたえのある食材を意識する食べることがよいようです
実行あるのみですね
年を取ると手足の筋力が落ちていく、団塊の世代は皆自覚があると思います、
誰だって自分のことは自分でと思っている。   その希望を実現するためには一人一人の意識改革が人等ですね



 
  

Posted by ikeda49 at 09:56Comments(5)j自宅での介護