さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2007年03月29日

在宅を始めるには勇気がいる

先日52歳で脳出血になった従兄弟から連絡があった。
「新しいバリアフリーの部屋を決めたよ」彼女は決断したのだ、病院にいたら気持ちから落ち込むんだよね、自宅に帰ることで一段と回復することは請け合いなのだ。

妻はショトスティの昨日、彼女と夕食を共にした。









「日が長くなった5時を過ぎていたが空は晴れていて月が見えていた」


  続きを読む

Posted by ikeda49 at 20:54Comments(6)j自宅での介護

2007年03月29日

在宅を始めるには勇気がいる

先日52歳で脳出血になった従兄弟から連絡があった。
「新しいバリアフリーの部屋を決めたよ」彼女は決断したのだ、病院にいたら気持ちから落ち込むんだよね、自宅に帰ることで一段と回復することは請け合いなのだ。

妻はショトスティの昨日、彼女と夕食を共にした。









「日が長くなった5時を過ぎていたが空は晴れていて月が見えていた」


  続きを読む

Posted by ikeda49 at 20:54Comments(6)j自宅での介護

2007年03月28日

年度末は何かと忙しい

サラリーマンだった頃経理畑が多かった。
月末は何時も資金繰りで忙しく飛び回った。
それから比べると今は気が楽だ、お金は無いが何とか生活出来ているので何とかなっているんじゃないかな。
リストラでフリーになり、自分で仕事を始めて5年を過ぎた、車の免許のない私には再就職は厳しかった、今考えると勝手なことばかりしているが沢山の人にお世話になったのだ、今もお世話になっている。
がしかし、妻の病気という大きな代償を負ったといえる。
友人が言った「奥さんの病気の原因は池田さんにもあるよ」
これは堪えた、人は1人では生きられない、妻には大きなストレスを与えていたのだ。
これからも妻と2人で歩いていくよ。




過日旭川の友人から「ヤーコン」を貰った。
彼は旭川郊外でヤーコンを栽培しているのだ。健康によい食材と知っていたが調理の仕方が分からない。
外見がサツマイモと煮ているので蒸したら、全く不味かった。

何時も夕食を頂く「ティオ」のママに提供した。
油炒めのヤーコンは甘く美味しかった。




今日も朝から札幌で「家族の事件」が報じられている。
「気の毒に」と思うが、解決策は無かったのだろうか、病気が原因なのか、生活費が原因なのか、命まで落とすことはないのにな。
艱難辛苦はみんな平等に与えられていると信じているのだ、命が有れば生き甲斐も訪れるし、楽しいことも有るんだが。





  

2007年03月28日

年度末は何かと忙しい

サラリーマンだった頃経理畑が多かった。
月末は何時も資金繰りで忙しく飛び回った。
それから比べると今は気が楽だ、お金は無いが何とか生活出来ているので何とかなっているんじゃないかな。
リストラでフリーになり、自分で仕事を始めて5年を過ぎた、車の免許のない私には再就職は厳しかった、今考えると勝手なことばかりしているが沢山の人にお世話になったのだ、今もお世話になっている。
がしかし、妻の病気という大きな代償を負ったといえる。
友人が言った「奥さんの病気の原因は池田さんにもあるよ」
これは堪えた、人は1人では生きられない、妻には大きなストレスを与えていたのだ。
これからも妻と2人で歩いていくよ。




過日旭川の友人から「ヤーコン」を貰った。
彼は旭川郊外でヤーコンを栽培しているのだ。健康によい食材と知っていたが調理の仕方が分からない。
外見がサツマイモと煮ているので蒸したら、全く不味かった。

何時も夕食を頂く「ティオ」のママに提供した。
油炒めのヤーコンは甘く美味しかった。




今日も朝から札幌で「家族の事件」が報じられている。
「気の毒に」と思うが、解決策は無かったのだろうか、病気が原因なのか、生活費が原因なのか、命まで落とすことはないのにな。
艱難辛苦はみんな平等に与えられていると信じているのだ、命が有れば生き甲斐も訪れるし、楽しいことも有るんだが。





  

2007年03月23日

暖かくなってきた

流石に3月も末になると日差しが強くなる。
今までじゃもの扱いにしていた雪の風景も心残りだ。
厚別川の堤防は大方雪が融けた、(歩くところだけ)
散歩にいけるのももう少しの辛抱だ、妻の好きなショッピングが出来る




「川原の柳の芽が心なしか色付いているような気がする」



  続きを読む

Posted by ikeda49 at 12:04Comments(3)j自宅での介護

2007年03月23日

暖かくなってきた

流石に3月も末になると日差しが強くなる。
今までじゃもの扱いにしていた雪の風景も心残りだ。
厚別川の堤防は大方雪が融けた、(歩くところだけ)
散歩にいけるのももう少しの辛抱だ、妻の好きなショッピングが出来る




「川原の柳の芽が心なしか色付いているような気がする」



  続きを読む

Posted by ikeda49 at 12:04Comments(3)j自宅での介護

2007年03月16日

介護は限りなく続く、そして日々の生活の中に

今日午前中はパソコンの練習の日だ。
まだパソコンで何が出来るか、分かっていないがいろいろと出来ることは確かなんだ。
講師のGさんも、私達と同じ年代なんだ。
生まれながらに競争世代で、いろいろと御苦労が有ったようだ。
今お父さんが入院していると話していた。
妻が病気になって~口から食べれるようになって~自宅に帰ってこれた。
等と話すと限りなく話題は続く、悩みも自分だけでは解決出来ない事が多い。他人から得る情報沢山あるんだな。
講師の都合で2週間ぶりになったが、
宿題をメールで送っておいた。 画像も添付出来るし音楽も載せられる。
妻とメル友なってくれそうだ




今日も{朝ズバ}で介護の悲劇を話題にしていた。
俺たちは無力なんだろうかなぁ。
他人を頼りにしてはいけないが、どうにもならなくなったらヘルプと声を出しても良いんじゃないかな。
誰かが手をさしのべてくれたり、解決策が必ず有ると自分は信じているんだが。
なにも恥ずかしいことはないんだけれど、私達だって将来は分からん、誰だって分からないんじゃないかな。
  続きを読む

Posted by ikeda49 at 14:40Comments(10)j自宅での介護

2007年03月16日

介護は限りなく続く、そして日々の生活の中に

今日午前中はパソコンの練習の日だ。
まだパソコンで何が出来るか、分かっていないがいろいろと出来ることは確かなんだ。
講師のGさんも、私達と同じ年代なんだ。
生まれながらに競争世代で、いろいろと御苦労が有ったようだ。
今お父さんが入院していると話していた。
妻が病気になって~口から食べれるようになって~自宅に帰ってこれた。
等と話すと限りなく話題は続く、悩みも自分だけでは解決出来ない事が多い。他人から得る情報沢山あるんだな。
講師の都合で2週間ぶりになったが、
宿題をメールで送っておいた。 画像も添付出来るし音楽も載せられる。
妻とメル友なってくれそうだ




今日も{朝ズバ}で介護の悲劇を話題にしていた。
俺たちは無力なんだろうかなぁ。
他人を頼りにしてはいけないが、どうにもならなくなったらヘルプと声を出しても良いんじゃないかな。
誰かが手をさしのべてくれたり、解決策が必ず有ると自分は信じているんだが。
なにも恥ずかしいことはないんだけれど、私達だって将来は分からん、誰だって分からないんじゃないかな。
  続きを読む

Posted by ikeda49 at 14:40Comments(10)j自宅での介護

2007年03月10日

介護は1人ではないんだよなぁ

最近介護での事件が多くなってきた。
先日も認知症の妻が脳障害の夫を殺して自分も死のうとした、しかし、死にきれなかった。
こんな事件ばかりでやりきれないなぁ。 

私も妻を介護しているのだ、介護が楽しいことはないが、苦楽を共にしてきた夫婦や家族であれば誰もが「自宅で介護を」考えるんじゃないのかなぁ。
極端な言い方かもしれないが、長期の入院では回復は考えられない。見込めないんだ。
(私が4年の間妻の発病~病院に入院しその後自宅で介護しながら得た結論なんだ)
(生きる意欲が衰えるんだ、本人の気力が落ちるとどんな高度な治療を施しても回復は無理じゃないのかなぁ)
沢山の人が介護をしているんだよ。せめて悲しい事件ではなくほのぼのとした生活も報道して欲しいものだ。


妻の場合も同じだ。
最初に運ばれた脳神経外科では、意識が戻らないかもしれない、意識が無ければリハビリーをしても効果は少ないと。
みんな宣告されるみたいだ。そこからはいあがっているんだよ。





私達の場合は幸運だったのか、いろいろと面倒を見てくれた先輩の介護者や専門の医師に出会えたんだ。
市内のIMさんから(先日PTED(食道ロウ)からの漏れを話したら、心配して介護食や衣類を送ってきた)有り難いことだ。




(昔はよくゼリーを食べた、今は普通の食べ物でもいけるんだ)  続きを読む

Posted by ikeda49 at 22:51Comments(12)j自宅での介護

2007年03月10日

介護は1人ではないんだよなぁ

最近介護での事件が多くなってきた。
先日も認知症の妻が脳障害の夫を殺して自分も死のうとした、しかし、死にきれなかった。
こんな事件ばかりでやりきれないなぁ。 

私も妻を介護しているのだ、介護が楽しいことはないが、苦楽を共にしてきた夫婦や家族であれば誰もが「自宅で介護を」考えるんじゃないのかなぁ。
極端な言い方かもしれないが、長期の入院では回復は考えられない。見込めないんだ。
(私が4年の間妻の発病~病院に入院しその後自宅で介護しながら得た結論なんだ)
(生きる意欲が衰えるんだ、本人の気力が落ちるとどんな高度な治療を施しても回復は無理じゃないのかなぁ)
沢山の人が介護をしているんだよ。せめて悲しい事件ではなくほのぼのとした生活も報道して欲しいものだ。


妻の場合も同じだ。
最初に運ばれた脳神経外科では、意識が戻らないかもしれない、意識が無ければリハビリーをしても効果は少ないと。
みんな宣告されるみたいだ。そこからはいあがっているんだよ。





私達の場合は幸運だったのか、いろいろと面倒を見てくれた先輩の介護者や専門の医師に出会えたんだ。
市内のIMさんから(先日PTED(食道ロウ)からの漏れを話したら、心配して介護食や衣類を送ってきた)有り難いことだ。




(昔はよくゼリーを食べた、今は普通の食べ物でもいけるんだ)  続きを読む

Posted by ikeda49 at 22:51Comments(12)j自宅での介護

2007年03月03日

今日はももの節句

いつものマンネリの妻の生活にメリハリを付けるために。
ももの節句を祝った。




「さくらもちとショートスティ先の陶芸でで造った豚さん」

体重が気がかりであったがディから帰ると直ぐ目に付くところに置いておいた。
甘いものがすきなんだ。





両親からは赤飯の差し入れだ。
ダイエットは本当に遠のきそうだ。

妻はと言えば昨日習ったメールを作成している。
なんだかんだと聞いてきて面倒なので「自分であれこれしたら」と言いながら、このブログを書いている。


先ずは私達2人でメールのやり取りをして練習しています。  続きを読む

Posted by ikeda49 at 19:44Comments(4)j自宅での介護

2007年03月03日

今日はももの節句

いつものマンネリの妻の生活にメリハリを付けるために。
ももの節句を祝った。




「さくらもちとショートスティ先の陶芸でで造った豚さん」

体重が気がかりであったがディから帰ると直ぐ目に付くところに置いておいた。
甘いものがすきなんだ。





両親からは赤飯の差し入れだ。
ダイエットは本当に遠のきそうだ。

妻はと言えば昨日習ったメールを作成している。
なんだかんだと聞いてきて面倒なので「自分であれこれしたら」と言いながら、このブログを書いている。


先ずは私達2人でメールのやり取りをして練習しています。  続きを読む

Posted by ikeda49 at 19:44Comments(4)j自宅での介護

2007年03月01日

夕日に送られて名古屋まで

27日朝息子からメールが来た。「明日名古屋に移動する」
丁度妻を2泊3日のショートスティに送り出す用意をしていたときだった。

急なことなので一瞬面食らったが。
4年前病気になる前妻と息子とで決めたアパートの退去に行ってくることにした。
心配掛けた子供に出来ることをしなくては、親の役目なんだなぁ。
何よりも妻が一番気に掛けていることなんだ。



 
{16時過ぎの飛行機で千歳から飛び立った、雲上は今正に日の入れだ}





以前から日の出や日没には関心がある。自然からの贈り物、心が洗われる気持ちがする。
山頂でテントを張るのが好きだった。実力もないくせにという岳友の嘆きを知ってか知らないでか良くいった。
妻と行ったニセコアンヌプリの朝焼け
ノンベイの岳友と張った白雲岳のツエルトで見た夕日
日高では降るような星空を見た
みんな思い出だ、雲上の日没は私の気持ちをプレイバックしてくれた。
  続きを読む

Posted by ikeda49 at 06:56Comments(7)j自宅での介護

2007年03月01日

夕日に送られて名古屋まで

27日朝息子からメールが来た。「明日名古屋に移動する」
丁度妻を2泊3日のショートスティに送り出す用意をしていたときだった。

急なことなので一瞬面食らったが。
4年前病気になる前妻と息子とで決めたアパートの退去に行ってくることにした。
心配掛けた子供に出来ることをしなくては、親の役目なんだなぁ。
何よりも妻が一番気に掛けていることなんだ。



 
{16時過ぎの飛行機で千歳から飛び立った、雲上は今正に日の入れだ}





以前から日の出や日没には関心がある。自然からの贈り物、心が洗われる気持ちがする。
山頂でテントを張るのが好きだった。実力もないくせにという岳友の嘆きを知ってか知らないでか良くいった。
妻と行ったニセコアンヌプリの朝焼け
ノンベイの岳友と張った白雲岳のツエルトで見た夕日
日高では降るような星空を見た
みんな思い出だ、雲上の日没は私の気持ちをプレイバックしてくれた。
  続きを読む

Posted by ikeda49 at 06:56Comments(7)j自宅での介護