さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2011年02月17日

小豆(あずき)の思い出

その昔十勝の農家の息子だった頃小豆は「赤いダイヤ」と呼ばれていた。
脱穀したばかりの豆を素足で践んだ【冷たい足の感覚は】今では懐かしい思い出になった。
もう一つ言うと。学校から帰ると【ストーブの上に小豆の水煮】が載っていた。
農作業で忙しいお袋は子供達のおやつにあずきやカボチャの水煮は定番だった。






今病気の妻と自宅で生活していて、小生が食事を担当する。






十勝の知り合いから送ってくるあずき400㌘を圧力鍋で煮立てる。一晩水に浸けて置くのは言うまでも無い。
小豆の豆粒には命が宿る。土に植えたら芽が出てくる。【一粒全体】だから叶うことだ。

昨日スーパーでカボチャ1個を買ってきた。今はメキシコ産で1玉460円也
サツマイモとリンゴとダイコンと鉄鍋で煮てみた。
燕下に障害のある妻には柔らかく煮てあげる。食材自体の甘みや旨みがでて美味しいらしい。


<●今日のお昼のメニューはあずきとカボチャのお汁粉に決定した。

追加:道産商材を愛用している私達が推奨するメニューはアズキの水煮とハスカップの果汁のコラボが良いね。甘さと酸味が何とも言えないな。
プレーンヨーグルトを繋ぎにするとマイルド味になる
  

Posted by ikeda49 at 11:21Comments(8)j自宅での介護

2011年02月17日

小豆(あずき)の思い出

その昔十勝の農家の息子だった頃小豆は「赤いダイヤ」と呼ばれていた。
脱穀したばかりの豆を素足で践んだ【冷たい足の感覚は】今では懐かしい思い出になった。
もう一つ言うと。学校から帰ると【ストーブの上に小豆の水煮】が載っていた。
農作業で忙しいお袋は子供達のおやつにあずきやカボチャの水煮は定番だった。






今病気の妻と自宅で生活していて、小生が食事を担当する。






十勝の知り合いから送ってくるあずき400㌘を圧力鍋で煮立てる。一晩水に浸けて置くのは言うまでも無い。
小豆の豆粒には命が宿る。土に植えたら芽が出てくる。【一粒全体】だから叶うことだ。

昨日スーパーでカボチャ1個を買ってきた。今はメキシコ産で1玉460円也
サツマイモとリンゴとダイコンと鉄鍋で煮てみた。
燕下に障害のある妻には柔らかく煮てあげる。食材自体の甘みや旨みがでて美味しいらしい。


<●今日のお昼のメニューはあずきとカボチャのお汁粉に決定した。

追加:道産商材を愛用している私達が推奨するメニューはアズキの水煮とハスカップの果汁のコラボが良いね。甘さと酸味が何とも言えないな。
プレーンヨーグルトを繋ぎにするとマイルド味になる
  

Posted by ikeda49 at 11:21Comments(8)j自宅での介護

2011年02月03日

劇団四季が北海道に上陸した

妻はショートスティから戻ってきた。
学生の頃人形劇で活躍していた彼女は今でもミユージカルに興味を持っている。
札幌にも《劇団にれ》があり友人が出演していた。よく誘われて《赤毛のアン》を観に行った。






劇団四季が札幌に上陸し劇場を開設した。
そして3月27日から《ライオンキング》を上演する。






テレビの宣伝を見ていて行きたそうにしていた。
先日窓口に行って4月上旬のチケットを購入してきた。車椅子でも対応出来る設備は確認した。
場所も地下鉄のバスセンターから近い地下鉄東西線でOKだ。






冬の札幌は寒い。今更言うことでもないが、出歩く機会も少ない厳しい季節。
病気で身体に麻痺を持ってしまった妻には自宅と施設の往復になっている。






チケットは払い戻しが利かないんだって。何としても元気で観覧しないことにはならないね。
病気も気持ち(心がけ)で良くも悪くもなると思ってるから。4月になれば雪も融けて暖かくなる。
  

Posted by ikeda49 at 17:28Comments(8)自宅での介護

2011年02月03日

劇団四季が北海道に上陸した

妻はショートスティから戻ってきた。
学生の頃人形劇で活躍していた彼女は今でもミユージカルに興味を持っている。
札幌にも《劇団にれ》があり友人が出演していた。よく誘われて《赤毛のアン》を観に行った。






劇団四季が札幌に上陸し劇場を開設した。
そして3月27日から《ライオンキング》を上演する。






テレビの宣伝を見ていて行きたそうにしていた。
先日窓口に行って4月上旬のチケットを購入してきた。車椅子でも対応出来る設備は確認した。
場所も地下鉄のバスセンターから近い地下鉄東西線でOKだ。






冬の札幌は寒い。今更言うことでもないが、出歩く機会も少ない厳しい季節。
病気で身体に麻痺を持ってしまった妻には自宅と施設の往復になっている。






チケットは払い戻しが利かないんだって。何としても元気で観覧しないことにはならないね。
病気も気持ち(心がけ)で良くも悪くもなると思ってるから。4月になれば雪も融けて暖かくなる。
  

Posted by ikeda49 at 17:28Comments(8)自宅での介護