さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2012年06月17日

外に出て北国の息吹を受けようよ





北国札幌は一年で一番良い季節を迎えている。
妻の様子を見ながら少しずつ自然の中に出掛けている。


近くの野幌森林公園で小鳥の囀りを聞きながら車椅子を押す。
お陰様で後遺症は少なかったが眼の視力は低下した。電動車椅子でのお出かけもいろいろと感覚的に障害があるみたい。




妻の日常も6月からは元と(発症前)と同じようなケヤプランにケヤマネージャーと相談して戻した。
身体に麻痺を持った妻だからリハビリーの重要性を思い多くした。日々忙しく過ごしている。
札幌:今日は雨、デイサービスに行った。




道具(マイ装具)が有ると良いね   狭い自宅だけで室内に通路を造り歩く練習をしている。高価な補助なので効果を上げなくてはと思っている。 



2泊3日のショートスティA施設でもリハビリーに力を貸して頂いている。
先日から装具持参で行っている。作業療養師も装具を使ってリハをして頂いているようだ。




何時か自分で歩けることを夢見て頑張っている

彼方此方と出歩きたい、美唄の温泉にも苫小牧:北大演習林のカルガモは巣立ちしたかな興味は沢山あるが、
自宅でのんびりとサスペンスのテレビを見るのが妻の楽しみ。好きなように過ごすのが気持ちにも良い影響をもたらす。
食べるのも基本はミキサー食なれど少しずつ増やしている。
「食べれるの」妻の意志が判断している:咽せたら本人の責任だから。
ちなみに昨日のお昼はビザ夕食はヤキソバだった。


  

Posted by ikeda49 at 11:04Comments(6)j自宅での介護