さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2017年09月18日

今日の天気は雨、台風18号が北海道を直撃です

非常に強い台風18号が日本列島を縦断している。これから私達の住む北海道を直を直撃です
今日から妻はショートスティで出かける予定だが、
ケヤマネYさんにお願いして予定を変更させていただき自宅スティです。 



災害が大きくなっている、今までにない様な想定外の災害が起きている。
何時自分たちが真っ只中に置かれるか不安です。
過剰に反応する妻は「避難所に行かなくては・懐中電灯を用意して」と言う 
こんな時は鉄筋コンクリートの市営住宅:自宅に過ごす方が一番安全です。


自宅で過ごすことにした私達はゆっくりと朝食です。
メニューは妻の提案でサンペイ汁:作り方は妻の指導による
(シャケの頭・大根・にんじん・長ネギ・ジャガイモ・豆腐で味は塩味)
猫舌の妻は暑い食材が苦手。冷ましてからゆっくり時間をかけて食べるのが妻流です。
予定のない今日は朝食と昼食が繋がりそう。大根の切り方が大きすぎた、この次の課題です。
食事も日常も自分の思う通りに進めて行く、妻の流儀ですね

昨日、昨年お世話になったKさんが6ケ月の子供を連れてきてくれた。
母乳で育てていて栄養が良いね9㎏有るって。 すっかりお母さんです
今は背中におぶるスタイルは流行らないのかだっこ帯です。
親子のコミニュケーションはとれるが腰が痛いと言っていた。
妻の経験からの話は「おぶるとお母さんが楽だよ、両手が使えるから」  解っていただいたかな
試してみてね

病気の家族を看る介護も子育てもおんなじだね。
頑張りすぎると身体にも心にも良くないね。時々手抜きを考えないと。
身体からのサインを聞いて過ごしてね そしてご自身の時間も大事だよ
まだまだ子育て期間はかかりそうだから。
懐かしい一時を有り難う 又来てね





  

Posted by ikeda49 at 10:19Comments(4)j自宅での介護

2017年09月07日

妻は自宅に戻ってきて。又普段の生活の始まりです

昨日妻は2泊3日のショートスティから帰還しました。
施設も10年もお世話になっている施設なので安心して預けることが出来る。
病気の妻と一緒に自宅で過ごそうと決めて以来、介護保険のお世話になっている。
介護保険は欠点もあるが、この制度がないと在宅での生活は成り立たない。
私達にとってはなくてはならない制度ですね。
沢山の方に支えていただいている事は間違いないし感謝している。


9月今の気温は一番過ごしやすい季節です。札幌でも新鮮な秋野菜が届いた。
夕食のメニューはチラシ寿司をメインにトウキビとトマト大地の恵みが沢山です

「食べたい」と言うから、その通りにしたが。蒸せたよなぁ。 無理なんだ・・
妻自身の機能で確認することも必要ですね。
小さい時食べた記憶を再現したんだね、 ワカル わかる
〈包丁でトウキビをそぎ落としてヨーグルトやとろみをつける食べ方は何時もの食べ方ですね〉
口から食べる意欲がある内はまだまだ元気です。 ほんとうです 
口から食べる事は生きることを実践している私達から


先日清田区役所で男性介護者の集いがあった。沢山の人が来ていたね。
障害を持った病気の家族の行動が理解できなくて悩んでいる人が本当に多い。
ご苦労しながら続けていて   ストレスも多いですね。 
在宅での家族の介護は〈楽ではない〉がみんな役目と思って過ごしている小生も含めて。
ストレスを貯めすぎないように、そして介護保険のサービスを使って介護人の自分自身の時間を作ってほしいね。
男性が苦手という〈他人と話すおしゃべりも〉 本当は必要ですね。
黙っていては誰にも解ってもらえない。 一歩踏み出し発信する勇気を持つことで場面は変わると 思っている。
高齢化社会みんなで助け合っていかないとね。


たまには美味しいコーヒーをいただいて、至福の一時をどうぞ。


  

Posted by ikeda49 at 10:25Comments(6)j自宅での介護

2017年08月27日

夏の終わり。札幌は穏やかな日曜日です


週末の札幌、暖かくて穏やかな日曜日です。
ケヤプランの谷間今日だけはゆっくりとのんびりと自宅で過ごせる。
小生も妻も最近はめっきり出歩くことが減った。
若い気持ちで出て歩いても、回復するのに時間がかかる、お互い体から伝えられる信号で自覚しているんだね。
≪無理をしないで、日々淡々と過ごすことが望みです≫


厚別川の河川敷はひまわりやコスモス等秋の花々が咲いている。
近所の花好きの住民が花壇を手入れしている。 おかげさまで何時も心の保養を頂いている。 季節を感じられるね


先日も訪問リハビリーのYさんと装具を付けて外歩きをしたよ。
午後だったから玄関先の歩道を独占できた。 そよ風と共に。
「妻の体重が下降気味だ」と訪問管理栄養士Sさんに相談したら
鳥の胸肉・と乳製品を進められた。
教えを暫く継続して様子を見てみよう。
体の機能を維持するにはバランスの良い食材を、日に3度頂き続けることで可能ですね。
今正に妻はお昼の最中です 時代劇チャンネルを見ながら 何時もの彼女のスタイルです。
「急かさないで」 と言われるから。自由にしている。
嚥下障害が残っている妻。好きなように食べて何時も完食しているよ。



続く  

Posted by ikeda49 at 13:35Comments(4)j自宅での介護

2017年08月16日

9月のケヤプランを作りました。毎月の繰り返しです。

今年の夏は「暑い」という日が少なく何となくジメジメして過ごしにくい日が続いている
我々人の感じかもしれないがベランダのミニトマトも生育が良くない。
植物だって言葉はないが、有りようで気候の変化を表している。
やはり《夏は暑く冬は寒い》自然の摂理だね

先日妻が何時もお世話になっているS園から《認知症サポーターのフローアップ講習会》の案内がありました。
昨年9月に清田区区役所で認知症サポーターの講習会に行ってきた。
《サポーターて何をするの?」 
札幌市に問い合わせをしたら「一人一人が認知症の症状に関心を持って日常生活を過ごすことで予防になる」
今、認知症は脳の病気,対象者が増えて社会問題になっている。団塊の世代が80代になる2025年には700万人になる
私達団塊の世代は真っ只中を歩んでいる、
先日道新ホールで有った〈地域丸ごと健康フオーラムIN札幌〉でも沢山の聴衆が来ていた。関心が大きいですね
「一人一人がボランティアの気持ちを持って過ごすことが肝心です」 と締めくくりの挨拶だった。
私達に何が出来る   妻の介護の本業はおろそかには出来ないが、きっと何か役割が有ると信じています


今日は妻を施設に迎えに行く。自宅以外の施設でも妻にとってはストレスですね。
最近やっと施設でのお通じがスムースに出来るようになりました。人が生きて行くサイクルなので安心できる因子です。
家族に取っても安心です。
自宅に居ても施設でもストレスの無い、少ない生活が望みです。
人は本来自由に自分勝手に(しかし他人に迷惑をかけないで)生きたいと思っているはずです。


先日乗ったタクシーYさん(何時も利用しているから忌憚の無い話を聞ける)
最近,高齢者が乗る機会が増えて「早く死にたい・あの世に早く行きたい」 と言うそうです。
「高齢者?小生も70代で高齢者だよ」  
Yさん「見たところ80代だった」 
家族を亡くしひとりぼっちになったのか、健康を害したのか又は生活が大変なのか判らないが。
命があって自分自身でタクシーに乗って出て歩ける。好きなところにも出て歩ける
まだまだ自由な時間があるんじゃないの、
妻の様に半身麻痺で人の手を借りないと生活ができない人でも頑張っている。
と又会う機会があったら伝えて励まして上げて。 と依頼をしたよ。
戦前戦後を生き抜いてきた世代だから。張りのある人生を送っていただきたいと思ったから。


先日行った宮田屋珈琲美園店で妻はスプーン一掬い一掬い味わいながら好きなコーヒーを飲んでいた
至福の時間だね、  〈このような時間を増やす〉家族の役目だね。




  

Posted by ikeda49 at 18:39Comments(4)j自宅での介護

2017年07月30日

1000万人みんなの体操 今日も何時ものラジオ体操を


朝の札幌今は曇り、日中は28度の晴れの予報です。
7月も後半です札幌は天気が安定している
我が家の日常リズムは朝のラジオ体操で始まる。妻も不自由な手足で一緒に運動します。
「朝のラジオが今日は1000万人みんなの体操日でラジオとテレビで実況放送する」 
と聞いて、テレビの放送で運動をしてみた。何時もより長く45分運動したら身体が熱くなった。
〈テレビでのラジオ体操はついついテレビを見てしまうので〉 ラジオ体操はラジオだね。



1月に50㎏を保っていた妻の体重が少しずつ落ちている、昨日施設で計ったら45.5㎏です。
先日指導を受けた、訪問管理栄養士Sさんからイエローカードが示された。
「高齢者や障害者が体重が減るには原因がある。口から食べて栄養を取り運動してカロリーを使う。
このバランスが狂っている。
運動に見合う栄養を取らないと低栄養になる→抵抗力や免疫力が落ち病気の原因だよ。《タコが自分の足を食べると同じ》

口から食べる事に関心を持って過ごしている私達には 衝撃の話だった。
「普段車いすで過ごす妻「自分の足で歩きたい」希望を叶えるためにリハビリーを増やしHALも取り入れた。」
言われてみると「疲れているなぁ」と感じることもある。
来月からのケヤプランに少し手を加えてみよう。 
そして食事も栄養バランス良く食べる  これからの私達の課題です。 
栄養が専門のSさんだから私達に日常の短所を伝えてくれるんだね。

気持ちを新たに
 今妻は朝の朝食中です《親子丼・なすの油炒め・ハスカップとヨーグルト・水分を補給するために牛乳》です  



枯れて葉が落ちて瀕死の状態だったオモト。以前に根を洗って肥料を入れて鉢を変えてあげた。
最近やっと息を吹きかえして新芽が出てきた。 (人も草花木もおんなじだね)
手をかけると必ず良い結果が現れるから。


今日は日曜日、予定はありません。
妻の前からの希望で豊平公園にあじさいと白樺を見に行きます。
近くに宮田屋珈琲美園店があるので「又ケーキ&コーヒー」になるかぁ 
 まあいいか   私達らしく出たとこ勝負だね











  

Posted by ikeda49 at 08:53Comments(4)j自宅での介護

2017年07月25日

妻の癌検診 安心な日常生活を過ごすために

60歳台も半ばを過ぎた妻には最近気がかりなことがある。
脳幹出血の後遺症で右半身麻痺になりました、普段は自宅で小生と生活し週に月曜から水曜までシートスティに行っている。
このケヤプランを10年も続けている。
今の現状が本意では無い。本当は自分の足で歩き回りたいし買い物も行きたいのでしょうが、希望は叶わない。
身体に障害があると不便さは本人にしか解らないのが現状です
先日、産婦人科を受診したいと言う。
身体の調子が良くないのか違和感があるのか解らないが本人の希望は実現してあげないとならない 介護人の役目ですね
(訪問診療で血液検査をしているが、がん細胞の有無しや情報は癌専門病院での検査を勧められている)
訪問看護師Yさんに情報の提供を依頼した。
妻の身体の調子や気持ちを知っているから適任だった
頂いた情報で先日受診してきた。地下鉄の駅から徒歩2分と車を持たない私達には好条件です。
医師も職員も車いすの妻に親切でした、人の手を借りて無事に検診は終わりました。
そして昨日、結果「がん検査の結果異常はありませんでした」 と書面が届きました。
ひとまず安心ですね 不安は一つ一つ潰していく当事者の役割ですね


札幌はこのところ良い日が続いています。
北国を彩るラベンダー 香と共に私達の気持ちを癒やしてくれる。
以前よりも出不精になった小生に、
「妻から豊平公園に行きたい」とリクエストがある 
あじさいとしらかば林のコントラストの構図は癒やしのスポットがあるからです。
我が家のベランダのゼラニュームはこの公園の売店で購入した花です。長い間家族です

先週土曜日私達の住む北野地区で夏祭りがあった。
天候が心配だったが皆さん普段の行いが良いのだね。 絶好の日和になりました
日中妻はディでした
夜は恒例の花火大会がある。 夕食を早めに済ませ自宅のベランダに出て妻と一緒に堪能したよ


食べ物と言えば
当麻町の米農家からは取り立てのトマトが届いた。 今が旬です
妻には小さく切ってあげてスプーンで食べる、大地の息吹と共に
富良野のハスカップ農家からは取り立て生のハスカップ果実が届いた
アントシアニン豊富な果物はテレビを見るのが好きな妻の視力に役立つね
又食べる事が好きな妻は時々思い出すのだね
昔、お母さんに作っていただいた「のり弁当」を食べたい
近所から頂いたキュウリは酢と砂糖とすりごまであえて食べたよ。

料理レシピー不安の小生も、今はネットで検索できる、本当に便利な社会ですね。
合格点を頂いたよ。






  

Posted by ikeda49 at 13:01Comments(2)j自宅での介護

2017年07月18日

家族の介護の悩みは皆同じ、一歩前進するためには



蒸し暑い日が続いている北海道: 普段冷涼な気候に慣れているせいかこの蒸し暑さはかなわない。
自宅にはクーラーなんて当然無いから窓を全開し風鈴を鳴らして涼を取る。
《何もしないことが良いようです》 一つ良いことは洗濯物が良く乾く事かな。
〈先人が言うようにバタ「バタしないで水分や栄養を十分こまめに取り、余裕を持って普段と同じように過ごす」で乗り切れる〉
季節は必ず変わるから。 と我が家では思っている。

先日N医師から電話があり、お我が家にお出でになりました。
以前妻が病院に入院中に嚥下造影検査をしていただき「ゼリーなら食べれるよ」 と診断していただいた先生。
《N医師に出会わなかったら妻は今》 と考えると恐ろしい  私達の人生を変えていただいた。
忙しいのに時々来ていただき「妻の顔をみて診断してくれる」 何でも聞く事が出来るし疑問はアドバイスしてくれる
医師の仕事を続けながら今高齢のご両親とお住まいだ、現役の介護人の立場でもある。 
《嚥下の専門医なので患者さんが多い中》  仕事と介護を両立している。 
N医師独自のマニアルを作っている 本当に頭が下がる 思いです。
今回のお話しからのヒントを一つ「私達普段家族の介護をしていても、不安や疑問が沢山ある、そして解決出来なく悩んでいる。
N先生の話を聞きながら専門医師職の間にもネッワークがある」と感じましたよ。


母もこのところの蒸し暑い天気には参っている「何も食べたくないんだよ」 危険信号です。 食べることが生きていく原動力だから
「牛乳が飲めない」と言う母に牛乳入りのかぼちゃスープを先日宅急便で送ったけど。
聴力が悪い母にはチャィムの音が聞こえず配達票が入っていた。読んでもよく理解できず小生のところに電話が来た。
高齢者には手厚い見守りが必要ですね。 見守りがあって住み慣れた自宅で毎日過ごす事が出来るのですね。


先日男性介護の集まりでであったKさん
奥さんを自宅で介護している。≪歯の調整が必要で悩みを話をしていた≫
妻が虫歯で大変だった でも訪問歯科診療で刺し歯を入れて 今は安心して食事をしている。
誰だって歯の治療は嫌です、嫌いです    でも口から食べて栄養を摂り安心した生活を送る条件には≪歯科診療が不可欠です  高齢者は特に必要で介護人が考えてあげることです≫ 
妻の今回のこともありKさんにも訪問歯科衛生士Kさんを紹介した。 
先ずは電話での相談でもいいよ、沢山の患者さんを見ている経験も豊富です 
必ず役に立つ治療方法を紹介いただけると信じています。
家族の介護は大変だけれど 本人家族から動かないと何も変わらない  私たちの会得した知恵です。

先日札幌市の清田区役所から歯科診療のとくとく検診票が来た≪歯周病の検診だって≫
役所も少しずつ進化しているね。






  

Posted by ikeda49 at 11:48Comments(6)j自宅での介護

2017年07月02日

訪問歯科診療

妻の虫歯治療も終わり安心して口から食べている。
口から食べる箏に関心を持っている私たち、 整備をした機能をこれから長ーく手入れをしていく役目をもつ。
治療を終えてから1ケ月 先日、K歯科クリニック 口腔ケヤー担当K歯科衛生士が来てくれた。
小生は視力が悪く十分な妻の歯磨きをできているか気にかかっていたから。
「歯周病の状態はなく良く手入れができていると」評価をいただき一安心です。
口から食べて自宅で過ごすためには、日々安心の積み重ねです。
今後毎月検診に来ていただき指導を受けたいと 私たちの希望を伝えました。


先日あった、札幌市主催のケヤメン家族の会のテーマも正に≪食事場面におけるケヤーの考え方≫で管理栄養士が講演していただいた
お話の内容は一般的でまあまあだったが、
午後からの交流会のほうが≪現実に家族を介護している人の思いや悩みを聞けて参考になった≫
悩みの中に歯の治療の悩みがあった。
 口から食べる機能を維持するためには嚥下機能のリハビリー と口腔内のリハビリー(歯の治療・リハビリー)が必要です。
病院での言語療養士や歯科医の歯の治療は通常だが。 自宅に来てくれる訪問での治療が知られていない, 担当専門職も少ない

体に障害を持った人が病院に出向くこと自体、本人も家族も大変だしストレスのあることなのです。
在宅で病気の家族と過ごすことは、当事者にとっては住み慣れた自宅で過ごす快適さがある。 
この自由感を支えてくれるには訪問での専門職の派遣がありがたい制度です 

今日の天気は曇り、気温は23度の予報です。

苗床の苗も大きくなったそろそろ移植時期だね。
ここは団地です。花畑には花を植え替えよう。花も木も広いフイールドが似合う

来週の8日土曜日午後から近くの特別養護老人ホームS園で「認知症カフェ」が開かれる。
妻はディなので出かけよう。今回はどんな指向かな?
いつも思うんだけれど≪認知症カフェ≫であれば
「当事者に1時間の時間をあげるので思いのたけを話してごらん」 
当事者が試行錯誤の日々で思いつくことは言いたいことは沢山あると思うよ。 きっと聞く人の心に響くと信じています。
上手に話せなくてもいい皆んな耳を澄ましているから 語りべ だね。
 どの説明会に行ってパターンは同じ施行ですね、施設の運営者に提案したいものだね。


  

Posted by ikeda49 at 08:50Comments(4)j自宅での介護

2017年06月26日

今日の札幌は曇りです


先日新聞記事にデドックスの記事が載った。(身体の中の老廃物を排出する)
高齢化社会健康に関する情報が蔓延している。 振り回されないようにしなくては
関心は多いと思うが機能は一人一人違うから自分に合った無理のない方法を見つけて継続する事が良いと思うよ。
自分の身体の調子は本人が一番解るはずです。  何をするか選ぶか本人の気持ち次第ですね。



  《施設でのリハビリー》
半身麻痺のある妻だけど頑張っている 「以前に登った手稲山に再び登りたい」 希望があります
リハビリーの時も職員に思いを熱心に伝えてる
「実現できるか否かは問題ではない  気持ちを持ち続ける事で夢を呼び込めるから」
当事者(妻)が積極的になる事で周りはみんな引きずられていく
この次は外歩きだね、妻は本日施設から帰還する


先日豊平区役所で家族の会があった 
今回は勉強会 社会福祉協議会センター長が札幌市の認知症の現状について話をしてくれた
《日に何本も問い合わせの電話がある、そして対応している》役所の職員も頑張っている。
多くは認知症の家族からで、症状も重態なってからの連絡が多い
話を聞いて感じたことがある
「認知症が多くなる現象は高齢化社会では仕方が無い、
私達が一番知りたいのは当事者(家族も含めて)や現場の看護師・職員の生の声を聞きたい→生の声は聞く人の心を打つ共鳴する。 そして沢山の人に意識を喚起できる
認知症の奥さんと自宅で過ごすKさんも参加していた。
「日常生活すべてが大変だ}と言っていたKさんも、出て関わる機会を多くしている、
沢山の人と関わることで落ち着いたね、奥さんの症状が安定していると感じました。

認知症サポーター: 以前小生も講座を受けた 
サポーターであればなにかすることがあるのかな?? と札幌市の担当者に問い合わせてみた。
「市民一人一人が関心を持ち日々生活することで良いですよ。
生活習慣病も認知症も予防実現出来るのは身体の持ち主本人だけですから。」 と話をしていました 






  

Posted by ikeda49 at 07:06Comments(4)j自宅での介護

2017年06月15日

北海道は今が過ごしやすい季節です 


今の札幌です。曇りですが過ごしやすい時期です 
水曜日は妻を施設に迎えに行く。長くお世話になっている施設なので安心です。
家族の介護には《安心して過ごせる時間が必要です》


来月7月のケヤプランも各施設から寄せられている。 纏めてケヤマネYさんと打ち合わせるのは小生の役目です

札幌市主催の男性介護者の交流会が開かれる
テーマは(認知症の方の食事について~食べやすく簡単な調理方法と栄養~)について管理栄養士が講演する
口から食べる事(栄養を取る):私たちも妻の病気を契機にズーと求め続けているテーマです
病気になった本人の気持ちや食べ方 と共に家族の関わり方にも重要な取り組みです。



厚別川河川敷も草花の共演です、自然は本当に正直だね 季節が訪れ気温が上がると成長する

我が家のオモトが枯れそうだった、(葉が落ちて元気がない)言葉はないけどサインがでている
長年同じ植木鉢で根が固まって機能していない
先日根を洗ってあげて新しい植木鉢に植え替えた きっと喜んでいると思うよ。 家族の一員だから

妻は昨日施設から戻ってきました。
体調はまあまあですが最近気持ちが揺れている
「最近人の名前が思い出せない。認知症になったら困るから東京にいる息子に会いたい」
が主な悩みです。自分自身では自由にならずストレスが溜まるんだね。
日常でも体が寒いと訴える。 夜は「布団を掛けて」です
脳幹出血の後遺症で体温調整機能に障害をうけている、本人にしか解らない悩みです。
病気を抱えた家族との日常は多くを求めず少しずつ小出しに表現し過ごしていく

札幌市でもゴミの排出は勝手に出来ない。
以前使っていたパソコンが狭い我が家で処置に困り清掃事務所に聞いてみた「パソコンはメーカーに連絡する」と指導を受けた
リサイクル代金3300円を振り込んだら処理業者に送る伝票が届いた。 ルールが出来ているんだね。




  

Posted by ikeda49 at 09:13Comments(4)j自宅での介護

2017年05月14日

私たちの何時もの生活は、彩りを求めて美唄まで

今妻は朝食の最中です 
メニューは彼女の好物炊き込みご飯・フルーチェ・便秘を解消するために牛乳・と豆腐の味噌汁等です。
日曜日の今日は時間に制限がない何時ものようにテレビを見ながら自分で食べている。
(自分で食べる事は、食べれるか否かも本人が確認しながらで介護人の小生にも大いに楽させていただいている)
今がブログを書く時間です


私たちは先日我が家のイベント美唄のユーリン館に行ってきた。春と秋に何年も行っている、準備はなれているが天候が気がかりでした
普段過ごすケヤプランに彩りを加えました。時期は今美唄の東明公園も桜が満開だった。



私たちは何時もJRで行く自由席です
新型車両特別急行ライラックは車いす用の席はなくデッキで30分あまりの時間です、客室は混んでいるし客室に入るスペースがない
(JR北海道の経営が大変なことは見聞きして知っている、効率ばかりを追求する姿勢は応援できない:一人一人が満足のできる旅を提供する役目がある公共交通の使命を果たしてほしいな )
何時も行く森の中のコーヒーショップで美味しいコーヒーとケーキを頂いた



美唄駅からの移動は何時もお願いする美唄交通Sさんです。「昨日は雨が降ったけれど今日は暖かいね ラッキーです」
希望していた桜も白い色の桜が満開でした。
ゆーりん館にも何度もお邪魔している。食べる事が大好きな妻の出番です
夕食の《和洋懐石膳では》刺身・キノコ豊富の炊き込みご飯、
そして今回の収穫はお蕎麦(そばをはさみで小さく切ってとろみをつけてみた:満足したようだよ)
朝食はバイキング 私たちはしっかり食べて栄養を頂きました。

自宅にはお昼過ぎの戻りました。 疲れたけれど今回も行ってこれた と達成感がある。今日は洗濯日です

自宅に《北海道でがんとともに生きる》冊子が届いていました。
(2人に1人ががんになり3人に1人ががんでなくなる時代を生きています)

28人のがん患者の闘病記を纏めた冊子です。まだ読み始めたところですが一人一人のご苦労や思いが実名で記載されています
私たちは病気は違うが病気を持った当人や家族の思いや考えは同じだと思っている。
そして今の時代だからこそこの闘病記が多くの人の心を打つと信じています。


先日家族を介護している方がお出でになった、
「家族が病院に入院しているが、そこにはST等口から食べる専門家がいない、
一度専門医療者に診ていただきたい」と小生のブログを読んでです」
家族の介護で《口から食べる栄養の取り方》の」悩みは本当に多い、私たちも妻の病気でさんざん悩んだ、
縁があって診ていただいた専門家の検査と診断「ゼリーなら口から食べれる」で妻は口から食べれるようになり自宅に戻れた。
悩みはみんな同じです、私たちの知る専門家を紹介しました、私たちにできることはここまでです。
病状も家庭環境も一人一人異なる、情報を集めることも必要だが、何をするか決断するのは本人と家族の思い選択です。
一人一人が満足のできる人生を選んでほしいと願っている



私は最近思っている、先日も高校の同級生が亡くなった。団塊の世代で競争し生き抜いてきた、そんな年代を歩んでいる。
いろいろと情報は取りやすく便利な社会です。 
悩みはいろいろあっても隅に保管して一日一日過ごしていこう。 今までと同じように。














  

Posted by ikeda49 at 12:55Comments(6)j自宅での介護

2017年05月04日

一日遅れの誕生日 新しい出会いもあった

今日から後半連休祝日です、朝から天気が良く気温も上昇すると報じている
妻は昨日誕生日だったが1泊2日のショートスティから夕方戻ってきた。
いつも同じだが疲れた顔をしているね、便秘でお通じがないことも原因です。
食べることが好きな妻だけど便秘は困るね何時も悩みの種です
毎週ショートスティにいく《私たちが在宅介護を続けるためには必要なサービス》と思っているが
その間妻は他人の世話になる妻にはストレスがある。自宅では水分を十分に飲んでいるが、遠慮があるのだね
結果的には通じがないのが現実です。
解消法は「浣腸はいやだ」という妻には秘策がある
「自宅に戻ると冷たい牛乳を飲む」と妻の場合は通じがある。
訪問医師の処方する漢方薬や熟練マッサージ師のお通じマッサージ等何でも試しながらの日々です
まずはヨカッタ・ヨカッタです


すっきりしたところで誕生日のプレゼントに
髪のカットに行くか宮田屋珈琲でロールケーキにするか 妻の答えは当然ケーキになりました。
何時もいく宮田屋珈琲本店には落ち着けるテーブルが2席ある。電話で予約を確認した。「2時半から予約あり」
でした。
急いで支度をして届いたばかりの電動車いすで厚別川河川敷を歩いたよ40分かかった。
今の時期厚別川両岸に有志が鯉のぼりが上げている。寄り道も妻の希望です


宮田屋には先客がいたが予約していたので交代してくれた ありがとう
お母さんと娘さんの2人で連れです



珈琲ロールケーキを食べ出す妻をみているので説明したよ
「病気になっても口から食べる事には生きていく希望がある、以前妻は「口から食べたら命に関わる」と診断を受けていた」
私たちは口から食べる事に拘りがあり納得できる治療方針ではなかった
その後縁があって診ていただいたN医師に嚥下造影検査で「ゼリーなら口から食べれる」と診断を受けた。
専門医の診断はありがたかった。妻本人の気持ちの変化が大きかった。 口から食べ出すとどんどんと病状が回復した
本当に口から食べる事はどんな薬より有効ですね。
実はお母さんは嚥下に障害がある様子です、「少しでも口から食べさせたい」本人と娘さんの希望です。
一度機会があったらN先生のお話を聞いてみたら と伝えてみました。
病気の家族を抱えた家族の気持ちはみんな同じです、少しのヒントや縁で何かが変わる と思っているから。
●口から食べる嚥下障害が私たちの周りです本当に多い 
 私たちも何年も悩んできたが回復するには専門家の検査と指導が必要です
そして食べる事をする本人の意識「口から食べたい」気持ちを育ててあげる、家族といえども代わることができないからただ見守るだけです。
人本来の機能は使えば使うほどに機能はよくなる、本人に食べる気持ちが高まると工夫する 
(自分自身で食べるのでは汚すこぼす何でもありですね) そして蛇足です口を動かすことで脳に沢山の血液が流れ認知症の予防にもなる。
是非意識を持って取り組んで頂きたい  取り組む価値があると私たちは信じています。
 


珈琲ロールケーキと美味しいコーヒーをお代わりした。 何時ものパターンです
そのご何時も頼むタクシーでルーシの美容室で髪のカット 妻はすっきり夏バージョンに変身です。
今札幌はえぞヤマザクラが満開です。

 


  

Posted by ikeda49 at 10:47Comments(8)j自宅での介護

2017年04月28日

今日も沢山のリハビリーが来てくれる 札幌も桜開花しました

今日は忙しい日です。
リハビリーの予定が沢山ある
9:00 訪問マッサージに
始まり今午前中は言語療養士が来て今訓練を受けている。
普段はテレビが相手の妻もKさんと様々な話をしている。:話すことで言葉のリハビリーになるね
早口言葉≪豚が豚をぶったのでぶたれた豚が豚をぶった≫を繰り返しているよ
午後からは訪問リハビリーで装具を付けて歩く

担当のYさんには2年以上お世話になっている、昨日のHALの状況を説明したい。
HAL担当のNさんと小生の2人掛かりで歩いたよ(狭い住宅だけど工夫の仕方で何でもできるよ)
≪手足に麻痺があっても。出来たよ   成功体験が妻に入力されたね13回目のHALですね≫
{在宅介護で一番大事なのは(自宅で自由に好きなように過ごせるように考えることかな)}
その為には専門家の訪問リハビリーは欠かせないし一番大事なことだと信じています。
行政も自宅に戻ることを推奨しているなら様々なサービスを考えてほしいな。
聞く話によれば:病院入院中手厚いリハビリーを受けるが自宅に退院したらリハビリーの回数が減ってしまう。
特に私たちの一番気がかりな‘’●口から食べる技術の訓練は訪問言語療養士が少なく皆さん困っている
私たちの住む札幌は冬は寒くて自然状況が厳しい
≪自宅に来てくれるサービスは私達在宅介護現場には優しいね≫
 

北海道新聞朝刊に5回連載記事が載っていた≪介護のかたち 男たちの苦悩≫

男性が家族を看る状況:私たちも当事者なので身につまされる、高齢になると介護する家族にも負担が大きくかかる
今日のテーマは「人に頼らず深まる孤独:相談相手がいない:行きずまる危険」
男性が家族を介護する大変な現実が記載されている。 
この記事を読んだ当事者はどの様に理解するだろう。 考え方も家庭環境も個々人で異なる。
私の周りでもがんばっている人は沢山いるのは事実です。
しかし一人で頑張りすぎることが良くないね、体と心を傷つける。
小生のように10年も妻の介護を続けると、家族の介護自体が日常で本業と思って過ごしている。
妻も小生も加齢するから不具合や」困難は出てくる予想はつく
しかし考えても仕方がないことは頭の隅に温存して一日一日過ごすことに気を配る。
男性には大変だと言う日常の仕事も慣れが一番の薬だね。 お互い大事な食事は毎日作るために知らなくてはならない。
プロの妻の助言を得て最近は案外面白い分野だと認識しています。
毎日口から食べて栄養をとり生活を続ける  生きていく基本だからですね


午後からは管理栄養士Sさんです{メニューは手作りいなり寿司」です
●いなり寿司の皮を買ってきてミキサーにかける→銀紙でいなり寿司の形を作る→ゲル化剤を加え液を入れて
鍋で熱を加える→銀紙に型に入れ寿司飯を入れて時間をかける。
常温で固まるので食べる時にひっくり返して銀紙を抜けば いなり寿司の完成です。
何度か試行錯誤した小生のレシピーに加わるよ
 寿司飯は妻も小生も好物なので。
口から食べるためには 一手間加えるがコツだね

そして3時過ぎには訪問歯科医と衛生士が来てくれた。
長年ポカリスエットを飲んででボロボロになった妻の虫歯を削り、詰め物をして整形してくれた。 型も取った
ゴールデンウィーク明けに銀歯が入るよ。
これからも口から食べ続けるための一仕事ですね。

嚥下専門医N先生の(妻は口から食べれるよ)とVF検査で診断いただいた
先生のおかげだね。 ネをあげるのはいつでもできる、皆さんの気持ちを頂きながらまだまだ頑張ります

季節は今 札幌でも桜前線が到着した。電動車いすも5月に入り届くことになった。
暖かい季節お出かけの機会も増えてくる。 北国の私たちには一番過ごしやすい時期の始まりです。
一生懸命生きると自然も後押ししてくれるね


 





  

Posted by ikeda49 at 19:36Comments(7)j自宅での介護

2017年04月15日

妻の虫歯の治療(3) 今の私たち

今日の訪問歯科診療には歯科医師の先生と2人の歯科衛生士が来てくれた。
全身麻酔での治療と言われ、一時はどうなる事かと思った。虫歯の前歯4本は差し歯が完了しました、食べ物を食べれるようになった。
「食べれていますか?」に
妻は「自分の歯ではないので不安があるといいながら」食べれています 
現実には妻は嚥下障害があるので以前から固い食材は食べていない。 つまり状況は変わらなく順調だと私たちは思っています。
≪体の6割は水分です、水分を取って栄養を運び細胞を維持し、老廃物を排出する≫
嚥下障害のある妻は水分(お茶・コーヒー・スープ)はとろみをつけないと咽せて誤嚥性肺炎の不安がある。
〈不安は本人しかわからない〉事ですね。

とりあえず差し歯はできたよ。
これからも口から食べる機能を続けるために歯磨きは大事ですね
歯磨き担当:小生の役目は大きくなった

札幌も暖かくなりました、今日は17度まで気温が上がった。
訪問リハのYさんは2年間も担当を継続している、すっかりなれてお出かけの話題に盛り上がっている。
美唄に行って満期あの桜を見るとか・ホテルには炊き込みご飯もあるよ
近くの宮田屋コーヒーで甘いロールケーキを食べる
そして厚別川の河川敷を歩いて買い物に行きたいとYさんを誘っていたよ
彼の実家は隣町北広島市です。
札幌市厚別区から北広島までサイクリング道が延びている。
季候のよいときに電動車いすで3時間かけて歩こうよ、最近ご無沙汰なので復活したいな
《食事はスッテックパンと水分はとろみをつけたお茶で対応する》 
帰りはJRで8分です。

実際は今シーズンの電動車いすを借りていないので
外歩きは5月になってからだね、
その前にルーシーでカットしなくては。
妻は妻なりにいろいろと思いを巡らしているんだね。
 《認知症になったら困る》 と妻は時々言うが、
沢山の人が自宅に来てくれてリハビリーをしてくれる。ケヤプランです
最近の虫歯の治療のせいか大きな口が開くようになった。 大きな声も出ているね
体の揺れも収まってきた自覚もあるようです
このままの生活を続けていけば認知症とは縁がないね。 

つらいことや気持ちの乗らないことはひとまず横に置き、
気持ちの沸き立つことを考えていこう。 今正に北国の春だから





  

Posted by ikeda49 at 07:57Comments(4)j自宅での介護

2017年03月30日

妻は自宅で好きなテレビを見ています

東京では桜が開花した、本州各地で開花が報じられているが 暖かい日があると思うと雪が降ったり寒気が流れてくる
日常生活も服装にも本当に困る時期ですね。 
今日は朝から天気が悪く雨が降っています
昨日妻を迎えに行った、地下鉄真駒内まで施設からの送迎バスがある
久しぶりに乗った。
ほとんど女性でしたが中の一人の男性が話をかけてきた「天気はいいけど風が冷たいね」
その通りですネ、同じ様な年代だと思いながらいろいろと話した。
「奥さんが交通事故にあい今病院に入院で見舞いに行くところという。 事故の後遺症で足が曲がらない、
一度自宅に連れてきたけど、本人も手足がリューマチで痛い、満足な共同生活ができないから転院するつもり」
家族が病気になっての生活は一人一人環境も思いも違うから。無理をできない過ごし方を決めていくしかないね。
でも奥さんは口から食べれるんだね「今日は饅頭を持ってきた」口から食べる楽しみはあります。
彼は山菜取りが趣味で、雪が解ける今の時期が気持ちがわくわくするのだね。行者にんにく・ワラビ・ふき 北海道の山野には自然の恵みが眠っている。
「無理をしないで頑張ってね」エールを送って別れたよ。
 私たち妻との生活もいつもと変わらない、ケヤーブランに沿って日々過ごしています。



自宅でのんびりとテレビのサスペンスを見ながら過ごしている妻。
昨日施設で装具をつけて歩いていたよ、自宅には手すりがないのでできないけれど、職員から「最近グラグラしなくなった」
妻本人も自覚があるようですね。 回復は加齢に抵抗して牛歩の如くです。
リハビリー嘘をつかない を信じて日々過ごすだけですね



私たちは毎年美唄のゆーりん館にいっている:桜の名所(東明公園)が近いので満開の桜を見たい:
妻の希望を叶えるために5月の第二週に予約した。
バリヤーフリーの部屋が1部屋しかない。温泉の家族ぶろで心行くまで髪を洗うといいね。
障害を持っても温泉にゆっくり浸かりたいね。 温泉だけでなくおいしい食事もあるよ



電動車いすで行くので「自分で運転する」 というかな
隣接のパークゴルフ場には良いコースがある。 
もうすぐ北国北海道でも草木が誇る季節が訪れます
≪自宅でのテレビも良いが外に出てみると沢山の刺激が妻の脳を活性するよ≫
良いことが沢山あると請け負うから出かけようね






  

Posted by ikeda49 at 16:30Comments(3)j自宅での介護

2017年03月11日

全身麻酔の歯科治療は怖くていやだ


今日の天気は快晴ですまだ残る雪の白とコントラスがある。
天気はいいが心は少しブルーです。
2月末に訪問歯科衛生師Kさんが妻の歯の様子を見てくれた。
昨年12月に虫歯で2本差し歯を作った、安心した日々を送っていたのだが
前歯4本が虫歯で掛けている
(妻は嚥下障害があるのでポカリに青汁を入れてとろみをつけて水分は飲んでいる
ポカリは糖分が多く歯のエナメル質を溶かしている:衛生士のコメントです。
現実は受け止めなくてはならないが、正直まいったなぁ です。短期間にこんなになるものか 
何時もお世話になっているY歯科に写真を見てもらいました。
「沢山の虫歯に驚いたのか「次々と虫歯になるから大きな病院に紹介状書く」」と医師からは
それで、妻を連れて行きました
総合病院での歯科治療 妻は脳幹出血の後遺症で体が揺れてレントゲン撮影が出来ない
担当医からの治療方針は全身麻酔で歯の治療をする と そして妻の体にも負担がかかる 
選択肢はないのかなぁ と思いながら帰ってきました。


先日テレビを見ていた妻が「意識をなくしての全身麻酔での歯科診療は怖い」 
妻は脳障害の後遺症で嚥下機能に障害がある。「肺に入ったあら命に関わる」 
今は虫歯でも食事を取っている、妻にとっては口から食べて栄養を取ることがそれこそ生命線です。
〈歯は立派になったけど普段の生活が困難になるのでは〉 と不安があったので
K歯科衛生師に聞いてみた。
今は訪問歯科診療も充実してK歯科医院でも訪問診療が出来ることがわかった。
自宅でベットに寝て歯科診療:局所麻酔で対応できた。 
治療は昨日から始まりました。 
何度か日数は掛かるけれど元通りになると思うよ

一つの病気にも治療の仕方に選択しがあると思う、私たちは専門家ではないので正気言って
分からないのが現状だと思う。
でも今過ごしている日常生活を続けるために、当事者と家族は声を上げてもいいよね。
痛い思いをするのは本人だから。 そして歯磨きの不備を感じた小生でした。

 


  

Posted by ikeda49 at 14:28Comments(2)j自宅での介護

2017年03月03日

3月です、私たちの家族の介護の日常は

3月弥生の季節になりました。 今日の札幌は風が吹いて嵐の様相です。
私たちは普段と同じく過ごしています。 専ら自宅で過ごしています。
今日はひな祭り、我が家の夕食はチラシ寿司です。

妻も元気ですが気がかりがあります。
先日来てくれた訪問歯科衛生士Kさんの治療がありました。
≪妻の前歯が虫歯でボロボロになっているのです≫ 昨年12月に刺し歯を2本作った時には問題がなかった。
短期間での変わりようには理解できないでいます。 ただ現実は受け止めて対処しなくてはならない
衛生士は「妻は普段ポカリスエットに青汁を加えストローが痛いとスプーンで飲む:水分をとる妻の方式」
「ポカリは糖分が多くトロミを付けるので常時エナメル質を溶かしている」事が原因と言う。
 まだ今は虫歯の痛みはないが、そのうち痛みが来る。
≪妻は口から食べて栄養を取っている、薬も飲んでいる≫ 生きていくための生命線です。
明日、総合病院の口腔外科に行き診ていただく予定です。
ポカリからお茶やコーヒーに変えて水分は充分に摂っています。
 安心して自宅で生活するためには 乗り越えなけならない試練です。 
脳幹出血で倒れ10年以上の年月を過ごしてきた。
今までも沢山の困難を超えてきたので大丈夫 だよ。


嵐が去れば暖かくなるのかな。
北国に住む私たちには≪日差しが長くなり、一日一日暖かくなる今の時期が一番わくわくする時間です≫
電動車いすを借りて出て歩く時も近くなる。 その為には悪いところは治療しないとならないね。 



雪が溶けていくと雪が固まり、まだ寒い朝は長靴でも自由に歩ける、
膨らむ木々の芽の観察や小鳥の観察が出来るよ。
身近で出来る北国での楽しみの一つですね。



  

Posted by ikeda49 at 18:46Comments(4)j自宅での介護

2017年02月10日

妻の介護保険の認定 要介護度5で変わらず2年間継続です

妻は先日施設から戻りました、私たちのケヤプランは普段と変わりません。
何年もお世話になっているA施設。そして介護タクシーも長年お世話になっているSさんです。
介護人は安心して迎えました、又自宅での生活の開始です。


 ≪たんぽぽさんのページ≫
 ≪脳幹出血からの帰還:妻と同じ病名で以前からいろいろと情報を頂いています。≫
(本人だから分かる、理解できる感覚などは、妻を介護する小生には役に立っています) 
当事者が書くブログには私達にも気が付くところが多くあり「そうなんだ」と考えるヒントが沢山詰まっています。 
http://bbs3.sekkaku.net/bbs/hikobosi.html
麻痺を持った本人の回復には本人しか理解できないことです≪辛いけれど毎日のリハビリーが必要だと読み取れます≫ 
 私たちも頑張ろう

HAL(歩行用介助用ロボット)昨日リハビリーがありました。
「まだ回数が少ない段階で改善した」 と確信はないが 少しずつ変わってきている 様に妻も小生も思っている。
●突っ張り棒に捕まって立っている妻、この状態では立つ姿勢を継続できるが、体重の移動が難しい。
小生が妻の左手を掴んで誘導してあげると体重の移動(足を上げて一歩踏み出す)ことが出来る。妻が足を上げようと意識が働くとロボットはアシストする。
まだまだ時間はかかると思うが妻の気持ちを切らさないように続けていきたいね。
 

病気になってしまった人は皆「自宅に戻りたい・口から食べたい・歩きたい」 そして以前の生活に近ずきたい。
と希望があります。そして家族は希望を叶えてあげたい と誰もが考えていると思います。
その思いを実現するために長い時間がかかる、しかし諦めなければ必ず結果がついてくると 私たちは信じています。
焦らないで日々淡々と過ごすことが一番です。一人一人気持ちも環境も違うから、共通のマニアルはない。 自分で作るしかない。
自分で作ったマニアルならばどの様に変わろうが文句は言えない。不具合があれば一時留まって変更してまた歩く。  気の長い話ですね。


今日は 9時に訪問マッサージが来る(お通じがあったかい? と気にかけてくれる)
11時には 訪問看護士の訪問です。 介護保険の認定が終わったからこれからのプログラム等を妻を交えて話し合う
午後からはPTの訪問リハビリーです 昨日のHALのNさんから「妻が麻痺した足を自分で上げる様なしぐさをする。装具のストッパーを外して様子を見たら」  今日提案しよう

16時からは訪問管理栄養士の栄養指導です。
 妻が血液検査も問題なし・床ずれもなし等
今まで通りの日常の生活を送る為には≪口から食べる食材や機能の情報が一番大事です≫
口から食べる事は生きる事です  
S管理栄養士と私達は思いは共通です。 今日のメニーは未だお聞きしていません。


今朝、清田区役所の担当者から連絡がきた
3月9日の≪男性介護者のつどい≫の出欠についてです。 
資格は≪認知症の方を介護している男性介護者で清田区内在住者≫ だそうです。
私達には妻の介護が仕事なので3月のケヤプランの予定が来ていない、
妻は脳障害だけれど家族を介護する分野で括れば 皆悩みは同じです、
他人の思いを聞いてみる話してみる事も大事ですね。
 家族の介護の日常はこれからも続く

 


 



  

Posted by ikeda49 at 13:02Comments(2)j自宅での介護

2017年02月01日

今日から2月、札幌は晴れ後曇、そして雪

今日は妻を迎えに南区の施設に来た。
 ついでに芸術の森に寄ってかんじきウォークを体験してきた


ワカンを付けて野外美術館を歩く、事務所で情報を聞くつもりで来たが、試しに無料のワカンをかりて歩いてみることにした。
事務所でストックは美術品を壊すので無しと言う。
歩いてみたら踏跡がある、そんなに体力も使わず散策できた



雪国ならではの雪遊びが出来る。職員からも冬の遊びを宣伝してねと。 3月上旬まで雪質が変われば異なる感覚を体験できるぜ。 
1つ分かったことは自分のマイワカンの方が使い慣れているからこの次は自分のワカンで粗雪を漕いでみたいと思って居る。
1Hで十分堪能できた。 
札幌は、身近に雪遊びが出来る処が沢山ある。
滝野公園でも中島公園でも私達の近く厚別川河川敷でも気持ちがあれば何時でも出来るよ。

妻のお世話になった施設を出る3時半には雪が風雪となった。 これが今の札幌の天候です。

在宅介護の情報を 
以前お世話になった北海道テレビ(HTB)番組:老いるショックに≪在宅介護に希望を与える介護用ロボット≫がアップされた。
妻もお世話になっている:歩行用介助ロボット(HAL)が看護ステーション:バルハラの野崎さんと出演していた。
●番組は≪老いるショック HTB 12月20日放送で見ることが出来ます≫ ユーチューブなので検索すると誰でも見て参考になれますよ。
又在宅介護で一番大変なのは≪排泄です≫ 排泄にもロボットがあると知りました。
介護人が安眠でき体を休めることが出来る:朗報ですね。 技術の進歩は目覚ましい。 詳しくは番組を見てね  



日常の生活は
昨日小生はヨガ教室で十分体を解しました。
そして小生の検診日です、何時も行くS病院のU先生に血液検査の結果を聞いてきた。 
循環器の医師だけに「毎日血圧を測っているかい? 」 と注意を受けている。60代も後半で家族の介護の激務を受け持っている。
自分自身が健康でなければ介護の仕事も全うできない。 が思いです。 又以前、妻の主治医でもあったU医師「口から食べれているかい?」気にかけてくれているんだね 今でも。主治医ですね。
「血液検査の結果は問題ない、脱水症状があるから水分を十分に摂ってね」 で一安心です。 
小生には不整脈の持病がある。「胸が苦しくならないかい?」「日常生活で気が付くところはないから」
信頼の置ける医師とは本当に長いお付き合いです。何でも聞けるし言える処が気にいっています。安心できる私達のサポーターです。

今年も1/12が過ぎました。 
介護タクシーTさんとは「日差しが長くなり少し春が近ずいたね」 の話題です。
北国の私達は気持ちは皆んな同じですね。
 






  

Posted by ikeda49 at 20:19Comments(6)j自宅での介護

2017年01月25日

家族の在宅介護は辛い・大変だ? 日々の安心の仕方です 

 介護保険制度でのサービスで、2泊3日の短期入所をケヤプランを私たちは基本にしています。
私たちも60代も後半になったのでだましだましの日々を過ごしています。
夕方妻はHさんの介護タクシーで帰還した。Hさんとは長い付き合いです、妻を安心して任せられるので小生はその分楽させていただいた。


短期入所のA施設も妻に取っては安心できる施設なんだね。
自宅は団地で狭い。施設は広い車いすを漕いで動いたら便秘が解消したって。喜んでいた。
最近自宅ではご無沙汰だけどカレーライスを食べたと言っていた。

今日は気温が氷点下で寒い。しかし、少し日差しが長くなったように感じるのは私だけかな? 

誰もいない冬の厚別川河川敷サラサラ雪が心地よい。ワカンで1H歩いたら汗びっしょりになったよ。 
来月期待している芸術の森でワカン歩きのトレーニングです。
自分の愛用のワカンと長靴で間に合いそうですね。
そして午後からは「きたのクラブの例会でした」≪姿勢をよくして若返り≫
姿勢科学士のOさん。奥さんの腰痛を治すために資格を取って仕事としている。
≪きたのくらぶは65歳以上で介護保険のお世話になっていない人≫が入会資格です。
今日は30人くらい参加していた。皆んな気持ちが若いね、そして女性が多い
介護保険のお世話になっていないようだが、腰・肩・膝と違和感のある所はみんな共通です。
だから今日の例会に出て来たのだね。
高齢化年代で気を付けることは≪体に良い食べ物・運動≫とみんな同じです。その他に姿勢をよくすると10歳若返る。
試してみる価値あり
≪両手を挙げてバンザイの運動、その際横隔膜を引き上げてね≫ 手軽に何処でもできる運で若返ればいいなぁ。
体の故障で病院に行く前に自分のために試すことですね。




役所も今年のイベントを始めたよ。「妻は認知症ではないよ」と伝えた有るけど送ってきた。
前回の厚別の集まりに回数を増やさないと浸透しないよ と余計なことを話したからかな
何でもいいねぇ 集まりに出るだけで目的は半分達せられると思うから。
家族の介護は楽ではない、が家族が役割を果たさないと満足な日々は送れない。
沢山の人や施設に支えられて実現できると私達は信じています。


妻が元気で過しているから介護している小生も十分な息抜きが出来る  
妻本人が安心できる人との出会いが広がりが 本当に助かるね。 おかげさまで





 
  

Posted by ikeda49 at 21:15Comments(2)j自宅での介護