さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2009年03月25日

毎日の介護は続く

今日妻が2泊3日のショートスティから帰ってくる。
食事の買い出しにマックスバリューに行った。厚別川の積雪も少なくなった。今朝札幌気象台から積雪11㎝になったと報じていた。




季節は間違いなく巡ってくる。四季のはっきりした北国札幌は自分には合っている。木々の蕾も心なしか色づいてきた。
先日ミクシィの「在宅介護のサイト」で「自宅介護での食事」が話題になっていた。中には配食サービスを利用している人もいた、又口からの摂食が困難で胃ロウで流動食の人もいた、みんな苦労しているんだね。
小生は「おでん・カレーライス・豆(小豆等)やカボチャ、サツマイモを圧力鍋で蒸かす。を毎回基本にしている。有り難いことに妻は何でも食べるので助かっている。

「誤燕性肺炎を引き起こし、口から食べたら命に係わるよ」と診断された時を考えると雲泥の差がある。運が良かったんだね。




料理の好きな妻だからホットプレートでの食事を多く取り入れよう。面倒くさい食事の支度も案外面白い物だよ。
先日はなまるマーケットでおからの料理を紹介していた。
●ジャガイモを擦り下ろしておからと混ぜる、団子(ハンバーグと同じ)にしてプライパンで焼く。マヨネーズやケチャッtプ・メンツユで味を付けた。
おからは身体によい早速始めてみた。昔農家の子供の頃食べた、縛れたジャガイモ団子の味が出ていた。




「4月から介護保険が変わり、今まで通りのサービスが出来なくなるかもしれない」とケヤマネージャから言ってきたが。
私達介護人は言われるまましかない、在宅介護を勧めるこの国の政策はアンバランスばかりで何処かおかしいな。
そういえば先日、老健に入所している父もやっと1年になり慣れたところだが、次の在宅か特養えの移動を言われた。介護難民の行き着く処はどこでしょうか。


  

Posted by ikeda49 at 19:15Comments(4)j自宅での介護

2009年03月25日

毎日の介護は続く

今日妻が2泊3日のショートスティから帰ってくる。
食事の買い出しにマックスバリューに行った。厚別川の積雪も少なくなった。今朝札幌気象台から積雪11㎝になったと報じていた。




季節は間違いなく巡ってくる。四季のはっきりした北国札幌は自分には合っている。木々の蕾も心なしか色づいてきた。
先日ミクシィの「在宅介護のサイト」で「自宅介護での食事」が話題になっていた。中には配食サービスを利用している人もいた、又口からの摂食が困難で胃ロウで流動食の人もいた、みんな苦労しているんだね。
小生は「おでん・カレーライス・豆(小豆等)やカボチャ、サツマイモを圧力鍋で蒸かす。を毎回基本にしている。有り難いことに妻は何でも食べるので助かっている。

「誤燕性肺炎を引き起こし、口から食べたら命に係わるよ」と診断された時を考えると雲泥の差がある。運が良かったんだね。




料理の好きな妻だからホットプレートでの食事を多く取り入れよう。面倒くさい食事の支度も案外面白い物だよ。
先日はなまるマーケットでおからの料理を紹介していた。
●ジャガイモを擦り下ろしておからと混ぜる、団子(ハンバーグと同じ)にしてプライパンで焼く。マヨネーズやケチャッtプ・メンツユで味を付けた。
おからは身体によい早速始めてみた。昔農家の子供の頃食べた、縛れたジャガイモ団子の味が出ていた。




「4月から介護保険が変わり、今まで通りのサービスが出来なくなるかもしれない」とケヤマネージャから言ってきたが。
私達介護人は言われるまましかない、在宅介護を勧めるこの国の政策はアンバランスばかりで何処かおかしいな。
そういえば先日、老健に入所している父もやっと1年になり慣れたところだが、次の在宅か特養えの移動を言われた。介護難民の行き着く処はどこでしょうか。


  

Posted by ikeda49 at 19:15Comments(4)j自宅での介護

2009年03月04日

いつもの生活の戻りました




何時もお昼を一緒し、グチをグチグチと話し合うOさんが手作りの店を見つけてきた、住宅街の中にありご両親と娘さんで営業している。拘りの食事は我々男での介護人には満遍なく栄養を取るためには必要だ。



退院後10日あまり経ち普段の生活に戻った、病気の妻も発病後6年経つ「本当に早い物だ」
曲がりなりにも自宅で家族で過ごすことが出来る。皆さんにお世話になったと思っている。
現在はやはり右半身が感覚が無い(動くことは動くが目視である)
何とか歩きたいと言う妻に後押しされて何年か前に放送された「闘うリハビリー(NHK特集)」に出ていた森ノ宮病院に連絡してみたが。
「発病後2ケ月の患者を受け入れている」とていよく断られた。
5年も経った妻は対象外なんだ、何年経っても少しでも良くなりたい、自分で出来ることをしたい気持ちはみんな持っていると思うのだが、今の医療・介護制度には最近違和感を感じる。

先日毎日新聞の1面に書いてあった「介護者の殺人事件が増加している、今の日本の介護保険の不備」:いずれ当事者である自分たちにも降りかかる問題なんだ。

  続きを読む

Posted by ikeda49 at 17:29Comments(4)j自宅での介護

2009年03月04日

いつもの生活の戻りました




何時もお昼を一緒し、グチをグチグチと話し合うOさんが手作りの店を見つけてきた、住宅街の中にありご両親と娘さんで営業している。拘りの食事は我々男での介護人には満遍なく栄養を取るためには必要だ。



退院後10日あまり経ち普段の生活に戻った、病気の妻も発病後6年経つ「本当に早い物だ」
曲がりなりにも自宅で家族で過ごすことが出来る。皆さんにお世話になったと思っている。
現在はやはり右半身が感覚が無い(動くことは動くが目視である)
何とか歩きたいと言う妻に後押しされて何年か前に放送された「闘うリハビリー(NHK特集)」に出ていた森ノ宮病院に連絡してみたが。
「発病後2ケ月の患者を受け入れている」とていよく断られた。
5年も経った妻は対象外なんだ、何年経っても少しでも良くなりたい、自分で出来ることをしたい気持ちはみんな持っていると思うのだが、今の医療・介護制度には最近違和感を感じる。

先日毎日新聞の1面に書いてあった「介護者の殺人事件が増加している、今の日本の介護保険の不備」:いずれ当事者である自分たちにも降りかかる問題なんだ。

  続きを読む

Posted by ikeda49 at 17:29Comments(4)j自宅での介護