さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2005年10月28日

心と体のバランスこそが大事

β1,3ー1,6ーグルカン培養液は凄い効果があった

以前(昨年2月)、妻が寝たきり一歩手前まで行き、β13−16グルカン培養液で回復したことは、『妻の体験記:食べられることは最高のリハビリー』で書いた。

今回、同じような感動が寄せられたので書いてみる。  続きを読む

2005年10月28日

心と体のバランスこそが大事

β1,3ー1,6ーグルカン培養液は凄い効果があった

以前(昨年2月)、妻が寝たきり一歩手前まで行き、β13−16グルカン培養液で回復したことは、『妻の体験記:食べられることは最高のリハビリー』で書いた。

今回、同じような感動が寄せられたので書いてみる。  続きを読む

2005年10月11日

公共交通の役割は

   登別まで足を伸ばしました

10月に入り朝晩寒くなる、札幌に住んで何十年にもなる、今更だけれど、車椅子を押しての外出には、秋の天気はいかにも不安定である。
そんなわけで、最近は小樽、登別とJRを利用し出かけた。今回は登別の水族館である。
国鉄からJRになり、サービスも良くなったと喜んでいた矢先、今回は散々な目にあった。

天気も良く、10月としては暖かい、昔、子供が小さい頃良く訪れた、施設は大した変化は無かったが妻の気持ちはタイムスlリップしてすっかり案内役気取りだった。良い気持ちだった。
しかし、その後が悪かった。  続きを読む

2005年10月11日

公共交通の役割は

   登別まで足を伸ばしました

10月に入り朝晩寒くなる、札幌に住んで何十年にもなる、今更だけれど、車椅子を押しての外出には、秋の天気はいかにも不安定である。
そんなわけで、最近は小樽、登別とJRを利用し出かけた。今回は登別の水族館である。
国鉄からJRになり、サービスも良くなったと喜んでいた矢先、今回は散々な目にあった。

天気も良く、10月としては暖かい、昔、子供が小さい頃良く訪れた、施設は大した変化は無かったが妻の気持ちはタイムスlリップしてすっかり案内役気取りだった。良い気持ちだった。
しかし、その後が悪かった。  続きを読む

2005年10月08日

年を取ると言うことは!!

年を取るとみんな介護が必要になるのです

私達団塊の世代の親たちは、70代80代になった。
あんなに元気だったのに、認知症(痴呆症)になった。
呼び方は変えても、年を取った人の起こりうる現象は同じである。
自宅の部屋で小便をこぼす事が多くなった。本人は小便をした意識はなく過ごしている。
認知症に成った親を介護する特別な良い方法は無い。
有るとすると『年を取るとみんな同じ症状に成る』これが自然の流れだと思うしかない。単に自分の意識の中に信じることなのである。


1人  続きを読む

2005年10月08日

年を取ると言うことは!!

年を取るとみんな介護が必要になるのです

私達団塊の世代の親たちは、70代80代になった。
あんなに元気だったのに、認知症(痴呆症)になった。
呼び方は変えても、年を取った人の起こりうる現象は同じである。
自宅の部屋で小便をこぼす事が多くなった。本人は小便をした意識はなく過ごしている。
認知症に成った親を介護する特別な良い方法は無い。
有るとすると『年を取るとみんな同じ症状に成る』これが自然の流れだと思うしかない。単に自分の意識の中に信じることなのである。


1人  続きを読む