さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2007年10月31日

腰痛のメンテ1

10月の末に整形外科に入院した。検査ではなく覚悟を決めての話だ。 長年だましだまし過ごしていたが、疲労が溜り脊椎管狭窄症だ。足に痺れが来て歩くのも辛い。介護を本業と思っている小生には満足な日常を過ごせない、ましてへたるわけにはいかない。妻は老健であずかってもらった。信頼の置ける専門医に執刀していただき無事に終わった。痺れも痛みも皆無。後はリハビリーに励むだけ。お陰さまで今日から院内を歩く事が出来るようになった。見んなに感謝、感謝だ。
  

Posted by ikeda49 at 15:14Comments(7)

2007年10月31日

腰痛のメンテ1

10月の末に整形外科に入院した。検査ではなく覚悟を決めての話だ。 長年だましだまし過ごしていたが、疲労が溜り脊椎管狭窄症だ。足に痺れが来て歩くのも辛い。介護を本業と思っている小生には満足な日常を過ごせない、ましてへたるわけにはいかない。妻は老健であずかってもらった。信頼の置ける専門医に執刀していただき無事に終わった。痺れも痛みも皆無。後はリハビリーに励むだけ。お陰さまで今日から院内を歩く事が出来るようになった。見んなに感謝、感謝だ。
  

Posted by ikeda49 at 15:14Comments(7)

2007年10月28日

朝日に映える紅葉

今が紅葉の時期、ラジオ体操をしていると朝日が昇ってきた。今日は晴れの予想、藻岩山の裾野は朝の冷気にさえていた。
  

Posted by ikeda49 at 07:30Comments(2)

2007年10月28日

朝日に映える紅葉

今が紅葉の時期、ラジオ体操をしていると朝日が昇ってきた。今日は晴れの予想、藻岩山の裾野は朝の冷気にさえていた。
  

Posted by ikeda49 at 07:30Comments(2)

2007年10月21日

今日の天気



先日の厚別川、朝晩は寒くなってきたが、日中は暖かいときもある、今時期の天気だ。

小生の腰痛の状況は良くない。姿勢が悪くて背骨が曲がっている。普段から想像が付いたが、画像で説明されたら納得するしかなかった。
そのところに脊椎の中を走っている神経が触っている。それでしびれが有ると言明された。

60年も使い続けてきたので永年の疲労が蓄積してしまったんだ。
いつかはきちっとメンテをしなければならないのだが。








秋の花々:雪が来る前に咲き誇る  続きを読む

Posted by ikeda49 at 10:44Comments(4)

2007年10月21日

今日の天気



先日の厚別川、朝晩は寒くなってきたが、日中は暖かいときもある、今時期の天気だ。

小生の腰痛の状況は良くない。姿勢が悪くて背骨が曲がっている。普段から想像が付いたが、画像で説明されたら納得するしかなかった。
そのところに脊椎の中を走っている神経が触っている。それでしびれが有ると言明された。

60年も使い続けてきたので永年の疲労が蓄積してしまったんだ。
いつかはきちっとメンテをしなければならないのだが。








秋の花々:雪が来る前に咲き誇る  続きを読む

Posted by ikeda49 at 10:44Comments(4)

2007年10月16日

秋の空はすかすがしい。



段々と朝晩寒くなり気持も下降気味だ。 が雲の流れが速い、日中青空でなるほど秋ほんばんを思わせる。 最近(このところ)小生にわ又きつい試練が与えられているが、乗り越えないとならない。考えすぎたり、突っ走ったりしないで成り行きにまかせよう。 団階の世代を歩いてきた私たちには、今まで何度も困難を乗り越えてきた知恵がある。どうにもならず四面楚歌と感じたら、大波が頭上を通過するのをまつだけだ。
悪いことばかりじゃない、感動することも必ずめぐってくると信じてる。
  

Posted by ikeda49 at 13:13Comments(6)

2007年10月16日

秋の空はすかすがしい。



段々と朝晩寒くなり気持も下降気味だ。 が雲の流れが速い、日中青空でなるほど秋ほんばんを思わせる。 最近(このところ)小生にわ又きつい試練が与えられているが、乗り越えないとならない。考えすぎたり、突っ走ったりしないで成り行きにまかせよう。 団階の世代を歩いてきた私たちには、今まで何度も困難を乗り越えてきた知恵がある。どうにもならず四面楚歌と感じたら、大波が頭上を通過するのをまつだけだ。
悪いことばかりじゃない、感動することも必ずめぐってくると信じてる。
  

Posted by ikeda49 at 13:13Comments(6)

2007年10月14日

10月の気候

機能は最高気温が12度といよいよ寒い季節がやってくる。
入院している父を見舞うためにお袋を迎えに行った。




庭には菊が咲き始めた、また毎年採れるフドウ棚にも鈴なりの房が着いていた。 父に元気を付けるために病院に持って行ったのは言うまでもない。
永年農家をしていた両親は庭を造るのを楽しみとしていたんだ。






病院から見える札幌ドームでは日本ハムとロッテとの対戦が始まっている。  続きを読む

2007年10月14日

10月の気候

機能は最高気温が12度といよいよ寒い季節がやってくる。
入院している父を見舞うためにお袋を迎えに行った。




庭には菊が咲き始めた、また毎年採れるフドウ棚にも鈴なりの房が着いていた。 父に元気を付けるために病院に持って行ったのは言うまでもない。
永年農家をしていた両親は庭を造るのを楽しみとしていたんだ。






病院から見える札幌ドームでは日本ハムとロッテとの対戦が始まっている。  続きを読む

2007年10月07日

いもサラダ

今日は日曜日、特別な予定はない。
朝ご飯を終え、洗濯をして一服するといまの時間になる。




「今日は何食べるの」と聞く小生に、答えは何時も「冷蔵庫の中に何があるの」と答える。
昨日ジャガイモをラップで刳るんでレンジで暖めたのを思い出した。
それでいもサラダに決定した、。




不自由な手で、しかし、器用にいもの皮をむきマヨネーズとコシューオ、とオイスタソースで味付けしていた。



これが朝のラインナップ  続きを読む

Posted by ikeda49 at 10:55Comments(7)j自宅での介護

2007年10月07日

いもサラダ

今日は日曜日、特別な予定はない。
朝ご飯を終え、洗濯をして一服するといまの時間になる。




「今日は何食べるの」と聞く小生に、答えは何時も「冷蔵庫の中に何があるの」と答える。
昨日ジャガイモをラップで刳るんでレンジで暖めたのを思い出した。
それでいもサラダに決定した、。




不自由な手で、しかし、器用にいもの皮をむきマヨネーズとコシューオ、とオイスタソースで味付けしていた。



これが朝のラインナップ  続きを読む

Posted by ikeda49 at 10:55Comments(7)j自宅での介護

2007年10月05日

柏葉病院に父の見舞いに妻ときた



4年前脳幹出血に倒れた妻は、半年の間この病院におせわになった。札幌ドームの見えるこの場所で良く外を眺めていた。
その頃はどうなる物やら予想もつかないときだった。

  

Posted by ikeda49 at 16:51Comments(0)

2007年10月05日

柏葉病院に父の見舞いに妻ときた



4年前脳幹出血に倒れた妻は、半年の間この病院におせわになった。札幌ドームの見えるこの場所で良く外を眺めていた。
その頃はどうなる物やら予想もつかないときだった。

  

Posted by ikeda49 at 16:51Comments(0)

2007年10月04日

父の入院

80歳を過ぎた両親が暮らしている。健康で有りがたいことだが高齢なので「何時かは何かが」起こる予感が何時もしている。
9月30日(日曜日)夜、妹から電話が来た。
父が倒れたのだ、意識は有るものの左手足に麻痺がある。
2,3の脳神経病院に断られ最終的に妻がお世話になったK病院に受け入れてくれた。


MRIとMRAの画像診断で脳梗塞を診断され即入院となった。
{みんなに迷惑を掛けたくないと話していた父だが、願いは叶わなかった}病気だから仕方がない。
病院に長期に入院すると回復に支障を来すと妻の介護で学習した私達には、また新たな困難に合うことになった。

昨日担当医からの説明があった。
病名は脳梗塞で細い血管が詰まりドミノ式に症状が広がるやっかいな病気を頂いてしまった。

今の日本の医療行政は本当にお粗末だ。安心して住めないのが実情だ。
在宅を推進するのは良いが、介護のサービスを削減していて、家族単位の介護に限界が来ているのが実情なんだよ。
とわいえ、私達は永年育ててくれた両親にも妻にも納得出来て、安心出来る介護を願うだけだ。




父の具合が悪くなった頃妻の車椅子を押して北広島に行っていた。  続きを読む

2007年10月04日

父の入院

80歳を過ぎた両親が暮らしている。健康で有りがたいことだが高齢なので「何時かは何かが」起こる予感が何時もしている。
9月30日(日曜日)夜、妹から電話が来た。
父が倒れたのだ、意識は有るものの左手足に麻痺がある。
2,3の脳神経病院に断られ最終的に妻がお世話になったK病院に受け入れてくれた。


MRIとMRAの画像診断で脳梗塞を診断され即入院となった。
{みんなに迷惑を掛けたくないと話していた父だが、願いは叶わなかった}病気だから仕方がない。
病院に長期に入院すると回復に支障を来すと妻の介護で学習した私達には、また新たな困難に合うことになった。

昨日担当医からの説明があった。
病名は脳梗塞で細い血管が詰まりドミノ式に症状が広がるやっかいな病気を頂いてしまった。

今の日本の医療行政は本当にお粗末だ。安心して住めないのが実情だ。
在宅を推進するのは良いが、介護のサービスを削減していて、家族単位の介護に限界が来ているのが実情なんだよ。
とわいえ、私達は永年育ててくれた両親にも妻にも納得出来て、安心出来る介護を願うだけだ。




父の具合が悪くなった頃妻の車椅子を押して北広島に行っていた。  続きを読む