さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2016年09月30日

今日で9月も過ぎていく。季節の変わり目は障害を持った妻には辛い季節です

今日は秋晴れの良い天気です。明日から10月です。
脳幹出血の後遺症で体温調整に障害を受けている妻には辛い時期です。
昨日歩行用介助ロボットスーツHALの訪問看護事業者バルハラと契約した。
介護保険で利用できるので私たちには有難い制度です。
妻の機能回復に良いか否かはこれからです、10月から利用することになった。 効果は後からついてくる。
HALは各地の病院では利用しているが、訪問看護で対応できる業者は札幌と福岡だけと言っていました。
私たちにはラッキーだと思っている。情報をくれたKさんありがとう。


最近≪男性の介護者の集まり≫情報が多くなったように思う。 厚別区の地域包括支援センターの集まりには何度か行った。
小生のケヤプランに合わせてくれたのかなぁ月曜日なら出席できます。


高齢化社会で認知症を患う人が多くなる:国も行政も盛んにイベントを開き啓蒙している、そうして少子化は現実です。
現在患者数が400万人が2025年には700万人になる予想です。
現実の予想かもしれないが仕方がないね認知症は加齢による脳の萎縮が原因ですから。
個人個人が情報を取り入れ理解して対処するしかない「国や他人任せにしても満足は得れないなぁ」
と知ることが肝心ですね。 恐れたってしょうがない、時期は必ず来るから。 でも全員が患るわけではない、
一人一人の生き方は全員公平に与えられている。 自分に合ったストレスの少ない生き方を選べば将来は開けるのでは:
希望を持っています。


上記の問題は私たちの本業:家族の在宅での介護と似ている。
行政は≪増え続ける社会保険費用を抑えるために(家族の在宅での介護)を推奨している。WEBでもサービスの色々を紹介している が現実には増えていない≫のが現実です。
一番負担のかかる家族が
「病気の家族に元の生活を取り戻したてあげたい」と家族は皆思って居ます。
その思いを叶えてほしい。 
家族が自宅で住むことに違和感があるわけがない、一人一人考えも違うし環境も違うけれど必ず≪良かった≫と思える時が来る と信じています。

妻も年齢を重ね「良く頑張っている」と思っている。「自分の足で歩きたい・仕事をしたい」  思いは今も持っている。
今日の訪問リハビリーも≪装具を付けて外歩きをする≫とリハビリー職員に話をしていた。
今日は暖かいから良い環境だったが。 実は便秘なのです。
≪口から食べて~栄養を摂って~排泄≫この消化器器官を働かせる事で機能は元より気持ちの安定を頂くことができる。
小腸には体の抵抗力・免疫力を高める機能がある(腸管免疫)
妻は日々実感している。お陰で私達は平穏な日常を過ごしている。 




  

Posted by ikeda49 at 17:09Comments(9)j自宅での介護

2016年09月23日

今日の札幌は雨降りです、一雨ごとに寒い時期が近ずきます

今日の札幌は雨降りです。10月のケヤプランも決まり。新たな訪問看護ステーションHALも加わり一段と過密状態になりました。
妻は何時ものようにサスペンステレビを見ています。私達のお昼はパン食です。午後から訪問リハです。
天候の良くない今日は自宅でのんびりですね。

秋の空は空気が澄んでいて青さが冴える



妻の病気は脳幹出血です。脳障害の後遺症には≪口から食べる機能:嚥下機能≫に障害が残ることが多い。
まさしく妻も担当医から「口から食べたら命に関わる」と診断を受けた。
未だ53歳の妻が≪命が繋がって良かったと喜んだばかりです≫
残された時間を管からの流動食で命をつなぐ姿を納得する人は誰もいない  と思う
一番辛かったのは意識が戻った妻本人です。 家族だって思いは思じです。
そこから私達の戦いが始まった、
そして今は改善し口から食べれるようになった妻も私も≪嚥下機能と病気は≫今も新鮮な命題です。



先日≪口から考える認知症≫シンポジュームに行ってきた。
口から食べたら本人の生きる気力が上がる。 
口から食べる事どんなリハビリーよりも効果が上がる。病気を克服するのは妻だから。
家族は寄り添って見ているだけです。出来ることとすれば少しでもストレスのかからないよう気を配る。かな
自宅で過ごすことにたいした困難はない。 お互い好きなように日々過ごすことだけです。
そして季節は夏から秋に移る。



認知症の患者は私の家族にはいない。家族の会で当事者の話を聴いて大変な病気という感じしかない。
しかし2025年には700万人が認知症を患うと昨日言っていた。(厚生労働省)
団塊の世代を生きてきた私達が正しく対象者です。治療方法もないとか悲観的な情報ばかりが飛び交っている。
毎年歳を重ねていく私達には避ける事は出来ない。 

私達の住む札幌市清田区でも認知症サポーター講座が始まっている。
私達に何が出来るか、10月に日にちが合うから「受講して見よう」と思って居る。
不器用な私達には今の日常を継続していくだけですね 今までのスタイルと同じです








  

Posted by ikeda49 at 11:58Comments(3)j自宅での介護

2016年09月11日

美唄のゆーりん館にて

平成5年から続いている不定期の小生の介護のブログ:何時もパソコンで管理している。
アイパットから入力で来たらいいなぁ。もっともっと即戦力になるといつも思って居る。
なんたってアイパットは軽いよ。



(ここは昨日アイパットで打ち込んだ)今美唄の温泉ホテルに着いてのんびりしている。夕食は5時半からと聞かれるままに申告したが。
妻は今テレビの十津川警部に夢中です。
のんびりする為に来たので 好きにすればいいさ の心境です。お陰でブログの更新ができる。
家族風呂もフロントから何度も連絡がきたが「今真田丸テレビを見ているので9時過ぎにして」と勝手を言った。
今回は天候に恵まれた風もなくおだやかです。
秋の年中行事温泉にての時間は明日まで継ずく。
小生からはも一言:妻は何処にいってもテレビを見ることが好きです。≪好きなことをする=のんびりする≫かな



美唄のゆーりん館には春と秋に来ている。≪札幌から近くて温泉で家族風呂があってのんびりできる・妻にしたら垢擦りができる。炊き込みご飯は美味しい≫等なんで繰り返して行くの;理由は沢山ある。 美唄からタクシーで1000円運転手のSさんとは何度も世話になり友達になった。
家族の介護をしている身分でも考えようによると本当に面白い。沢山の人の輪が出来てくる。
すっかり体を解したら又明日からまた頑張ろうだね


  

Posted by ikeda49 at 17:53Comments(4)j自宅での介護

2016年09月09日

先日HALの見学に行ってきました

今日の札幌雨です、台風崩れの低気圧が前線を刺激している。
9月になっても秋晴れにはまだ遠い。


先日k病院にHALの見学に行ってきた。
歩行介助ロボットです。
病院のYさんの好意で患者さんのリハビリーの状況を見学しました。
車椅子に乗っていた患者がHALの助けをお借りて歩けている。 最新技術は目を見張る。
「自分の足で歩きたい」と言う妻にも恩恵を頂けるといいね。
知り合いのKさんの情報です、 Kには何時も的確な情報を頂いている。
私たちと同じように家族を介護しているので悩みの在り様がわかるのだね。

札幌市西区にも訪問看護ステーションGがある。
我が家まで来て頂きHALのリハビリーを担当してくれる。先ずは初めて見ないと良し悪るしはわからない。
来週の日曜日に訪問いただくことになりました。  一歩踏み出しました。





昨日の朝刊に≪口から考える認知症≫ハートフルフォーラムの記事がありました。
≪口から食べる機能を働かせると認知症の予防にもなる≫:
妻が脳幹出血を発症した13年前は嚥下障害支援サイトは長崎の山部歯科医院のスワローサイトしかなかったと記憶している。
最近は口から食べる機能の重要性が知られてきてサイトも情報もたくさんある。 医療者も私たちも食べることが大事と関心を深めてきました。
「口から食べる機能は脳にも近く、特に脳に多くの血液が流れる」 認知症の予防にもなる。 
体を維持する為に栄養を取る機能ですね。
小生も関心があるので出席希望をFAXしたよ。


今年の秋もひまわりやコスモスが咲きだした。近くの厚別川河川敷でも同じです。私たちの心にゆとりの一時を感じられる。
自然は時には厳しいけれど、私達の気持ちを癒してくれるありがたい存在です。
 
  





  

Posted by ikeda49 at 13:00Comments(2)j自宅での介護