さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2017年05月25日

5月の札幌は気持ちが良い。妻は自宅でのんびりと過ごしている

昨日妻は施設から戻ってきた。施設の3Fの窓から庭の花々を眺めていた。
自宅での今日午前中は訪問リハビリーです「装具をつけてのリハビリーを外で歩きたい」と希望をポツリと話す。
《自由自在に自分の手足で花々に触れたいのだね》 何時も自宅と施設の往復だけですから

寒くもなく暑くもない今日の気温外歩きには絶好です。
訪問リハビリーYさんが来る11時前に外に出て玄関先でお迎えをした。  
気心が伝わっているね 今シーズン初めての外歩きリハビリーになった。 日差しを浴びてまさに盛んと咲き誇るタンポポです


玄関先の通路に電動車いすと妻専用の車いすを15メートルに並べ いざ出陣です。
室内でのリハビリーと変わらない、普段よりも歩幅が大きく3往復で100㍍ぐらい歩いたよ。
リハビリーにしても日常の生活にしても、
マンネリな生活は避け、出来る範囲の工夫を加えようと思っているから、その方が新鮮だからね

今訪問診療医師がきました、処方していただいている漢方薬が良いのか今週はお通じ順調です。
安心して食事が出来る 在宅での介護生活は安心料の積み重ねですね。


札幌市の花ラベンダーも健在です。今週末は豊平公園かな。 又近くに宮田屋珈琲御園店があるね。
コーヒーとケーキこの店でも食べれるね。
お天気次第の介護日記です。
17時過ぎにはHALが来る、今日のメニューはどんな様子かな? 沢山の人の輪に支えながら過ごしています。



  

Posted by ikeda49 at 15:15Comments(2)j自宅での介護

2017年05月14日

私たちの何時もの生活は、彩りを求めて美唄まで

今妻は朝食の最中です 
メニューは彼女の好物炊き込みご飯・フルーチェ・便秘を解消するために牛乳・と豆腐の味噌汁等です。
日曜日の今日は時間に制限がない何時ものようにテレビを見ながら自分で食べている。
(自分で食べる事は、食べれるか否かも本人が確認しながらで介護人の小生にも大いに楽させていただいている)
今がブログを書く時間です


私たちは先日我が家のイベント美唄のユーリン館に行ってきた。春と秋に何年も行っている、準備はなれているが天候が気がかりでした
普段過ごすケヤプランに彩りを加えました。時期は今美唄の東明公園も桜が満開だった。



私たちは何時もJRで行く自由席です
新型車両特別急行ライラックは車いす用の席はなくデッキで30分あまりの時間です、客室は混んでいるし客室に入るスペースがない
(JR北海道の経営が大変なことは見聞きして知っている、効率ばかりを追求する姿勢は応援できない:一人一人が満足のできる旅を提供する役目がある公共交通の使命を果たしてほしいな )
何時も行く森の中のコーヒーショップで美味しいコーヒーとケーキを頂いた



美唄駅からの移動は何時もお願いする美唄交通Sさんです。「昨日は雨が降ったけれど今日は暖かいね ラッキーです」
希望していた桜も白い色の桜が満開でした。
ゆーりん館にも何度もお邪魔している。食べる事が大好きな妻の出番です
夕食の《和洋懐石膳では》刺身・キノコ豊富の炊き込みご飯、
そして今回の収穫はお蕎麦(そばをはさみで小さく切ってとろみをつけてみた:満足したようだよ)
朝食はバイキング 私たちはしっかり食べて栄養を頂きました。

自宅にはお昼過ぎの戻りました。 疲れたけれど今回も行ってこれた と達成感がある。今日は洗濯日です

自宅に《北海道でがんとともに生きる》冊子が届いていました。
(2人に1人ががんになり3人に1人ががんでなくなる時代を生きています)

28人のがん患者の闘病記を纏めた冊子です。まだ読み始めたところですが一人一人のご苦労や思いが実名で記載されています
私たちは病気は違うが病気を持った当人や家族の思いや考えは同じだと思っている。
そして今の時代だからこそこの闘病記が多くの人の心を打つと信じています。


先日家族を介護している方がお出でになった、
「家族が病院に入院しているが、そこにはST等口から食べる専門家がいない、
一度専門医療者に診ていただきたい」と小生のブログを読んでです」
家族の介護で《口から食べる栄養の取り方》の」悩みは本当に多い、私たちも妻の病気でさんざん悩んだ、
縁があって診ていただいた専門家の検査と診断「ゼリーなら口から食べれる」で妻は口から食べれるようになり自宅に戻れた。
悩みはみんな同じです、私たちの知る専門家を紹介しました、私たちにできることはここまでです。
病状も家庭環境も一人一人異なる、情報を集めることも必要だが、何をするか決断するのは本人と家族の思い選択です。
一人一人が満足のできる人生を選んでほしいと願っている



私は最近思っている、先日も高校の同級生が亡くなった。団塊の世代で競争し生き抜いてきた、そんな年代を歩んでいる。
いろいろと情報は取りやすく便利な社会です。 
悩みはいろいろあっても隅に保管して一日一日過ごしていこう。 今までと同じように。














  

Posted by ikeda49 at 12:55Comments(6)j自宅での介護

2017年05月04日

一日遅れの誕生日 新しい出会いもあった

今日から後半連休祝日です、朝から天気が良く気温も上昇すると報じている
妻は昨日誕生日だったが1泊2日のショートスティから夕方戻ってきた。
いつも同じだが疲れた顔をしているね、便秘でお通じがないことも原因です。
食べることが好きな妻だけど便秘は困るね何時も悩みの種です
毎週ショートスティにいく《私たちが在宅介護を続けるためには必要なサービス》と思っているが
その間妻は他人の世話になる妻にはストレスがある。自宅では水分を十分に飲んでいるが、遠慮があるのだね
結果的には通じがないのが現実です。
解消法は「浣腸はいやだ」という妻には秘策がある
「自宅に戻ると冷たい牛乳を飲む」と妻の場合は通じがある。
訪問医師の処方する漢方薬や熟練マッサージ師のお通じマッサージ等何でも試しながらの日々です
まずはヨカッタ・ヨカッタです


すっきりしたところで誕生日のプレゼントに
髪のカットに行くか宮田屋珈琲でロールケーキにするか 妻の答えは当然ケーキになりました。
何時もいく宮田屋珈琲本店には落ち着けるテーブルが2席ある。電話で予約を確認した。「2時半から予約あり」
でした。
急いで支度をして届いたばかりの電動車いすで厚別川河川敷を歩いたよ40分かかった。
今の時期厚別川両岸に有志が鯉のぼりが上げている。寄り道も妻の希望です


宮田屋には先客がいたが予約していたので交代してくれた ありがとう
お母さんと娘さんの2人で連れです



珈琲ロールケーキを食べ出す妻をみているので説明したよ
「病気になっても口から食べる事には生きていく希望がある、以前妻は「口から食べたら命に関わる」と診断を受けていた」
私たちは口から食べる事に拘りがあり納得できる治療方針ではなかった
その後縁があって診ていただいたN医師に嚥下造影検査で「ゼリーなら口から食べれる」と診断を受けた。
専門医の診断はありがたかった。妻本人の気持ちの変化が大きかった。 口から食べ出すとどんどんと病状が回復した
本当に口から食べる事はどんな薬より有効ですね。
実はお母さんは嚥下に障害がある様子です、「少しでも口から食べさせたい」本人と娘さんの希望です。
一度機会があったらN先生のお話を聞いてみたら と伝えてみました。
病気の家族を抱えた家族の気持ちはみんな同じです、少しのヒントや縁で何かが変わる と思っているから。
●口から食べる嚥下障害が私たちの周りです本当に多い 
 私たちも何年も悩んできたが回復するには専門家の検査と指導が必要です
そして食べる事をする本人の意識「口から食べたい」気持ちを育ててあげる、家族といえども代わることができないからただ見守るだけです。
人本来の機能は使えば使うほどに機能はよくなる、本人に食べる気持ちが高まると工夫する 
(自分自身で食べるのでは汚すこぼす何でもありですね) そして蛇足です口を動かすことで脳に沢山の血液が流れ認知症の予防にもなる。
是非意識を持って取り組んで頂きたい  取り組む価値があると私たちは信じています。
 


珈琲ロールケーキと美味しいコーヒーをお代わりした。 何時ものパターンです
そのご何時も頼むタクシーでルーシの美容室で髪のカット 妻はすっきり夏バージョンに変身です。
今札幌はえぞヤマザクラが満開です。

 


  

Posted by ikeda49 at 10:47Comments(8)j自宅での介護