さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2012年12月27日

今年も残すところ数日:妻は今日ショートから戻ってくる

今朝の気温が-9.6度雪も多く例年の4倍。札幌では厳しい年末です。
妻は今日施設から戻ってくる。いろいろと困難のあった今年だが、何とか無事に過ぎそうです。



先日地球温暖化の影響で北極の氷が溶けて極地の吹き出しが変わり異常気象になっている。と報じていた。 


自然災害の少ないと思っている札幌でも{冬場の雪}だけは毎年やってくる。
妻と一緒にこの時期をどのように過ごすか。
電動車椅子は返し訪問リハビリーを増やした。寒さと運動不足で体が強ばる。
介護保険の制度は正直未だに良くわからない。{家族を介護する家族にどこまで制度を利用できるのか解らずその都度その都度ケヤーマネージヤーや役所に聞く}しかないね。
 正直基準があって無いような感じがする。
介護していて助けが必要な事は費用を負担してでも利用するしか無い。幸い一時間600円で私たちの希望のサービスを利用できるNPO法人があるので利用している。



先日インターネットオークションで{手造りヨーグルトの素:カスピ海ヨーグルトの乳酸菌}を買ってみた。
妻の評価は「甘くなくて」いまいち  無調整の牛乳で造れる。今これにこっている。
溶かしたハスカップを入れたり。果汁を入れたりいろいろと楽しむことができる。
留萌の養蜂家のアカシアのハチミツも出番がある。
冬場用に保存していたまさかりカボチャや小豆も登場します。
北海道の自然の息吹を含んだ食材をどの様に調理するかおもしろいよ。
料理の好きな妻のアイデアをもらって造っている。
●言葉(発音に)不自由がある妻にも{声を出す}機会を沢山造ってあげる。
施設は暖かい、食事も三食時間通り出るが??
戻ってきたら発音が良くない{形の有る食材を食べて沢山声を出して}機能を回復する。
老化と戦っている私たち機能は使えば使うほど回復する。個人差が有るから自分で開拓しなくては。
  


  

Posted by ikeda49 at 08:20Comments(7)j自宅での介護