さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2010年11月24日

男性介護者の為の料理教室

今日は妻はショートスティでいない。
男性介護のネットワークKさんから料理教室の誘いがあった。




これから寒くなる季節は妻と自宅で過ごす時間が多くなる。レシピーを多くしないと。しっかり覚えていかなくては。
札幌駅北口の会場には20人の介護者が集まっていた。
《男性介護者で一番困っているのは介護よりも料理です》と会員からの声があるようだ。まあいいか。

本日の料理は、江別の酪農学園大学の食品学科の学生さんが(将来は管理栄養士)考案したレシピ-。
《鮭のチャンチャン焼風ビビンバ》道産の食材で今給食で一番人気のあるビビンバ丼風にアレンジしている。






4人が一組になって煮たり茹でたり焼いたり、慣れない手つきで手分けをして出来たよ。味噌味の風味が食欲をそそる。 




温泉たまごがいいね、美味しかったよご馳走様。
皆さんそれぞれ家族の介護の御苦労があるようだね。小生もそれなりにがんばるう。




先日妻の3ヶ月検診で脳神経外科に行った。
何時も行く《八紘学園直売所は冬シーズン野菜は休みになる》その際、仕入れたまさかりカボチャの話を追記しよう。
  続きを読む

Posted by ikeda49 at 00:14Comments(12)自宅での介護

2010年11月24日

男性介護者の為の料理教室

今日は妻はショートスティでいない。
男性介護のネットワークKさんから料理教室の誘いがあった。




これから寒くなる季節は妻と自宅で過ごす時間が多くなる。レシピーを多くしないと。しっかり覚えていかなくては。
札幌駅北口の会場には20人の介護者が集まっていた。
《男性介護者で一番困っているのは介護よりも料理です》と会員からの声があるようだ。まあいいか。

本日の料理は、江別の酪農学園大学の食品学科の学生さんが(将来は管理栄養士)考案したレシピ-。
《鮭のチャンチャン焼風ビビンバ》道産の食材で今給食で一番人気のあるビビンバ丼風にアレンジしている。






4人が一組になって煮たり茹でたり焼いたり、慣れない手つきで手分けをして出来たよ。味噌味の風味が食欲をそそる。 




温泉たまごがいいね、美味しかったよご馳走様。
皆さんそれぞれ家族の介護の御苦労があるようだね。小生もそれなりにがんばるう。




先日妻の3ヶ月検診で脳神経外科に行った。
何時も行く《八紘学園直売所は冬シーズン野菜は休みになる》その際、仕入れたまさかりカボチャの話を追記しよう。
  続きを読む

Posted by ikeda49 at 00:14Comments(12)自宅での介護

2010年11月17日

ケヤマネージヤーからの連絡

妻は今日ショートスティから戻ってきた。
平成17年から続けている妻の介護。月火水と毎週ショートスティ御願いしている老健。
12月のベットの空きが無いと言ってきた。
毎年年末年始、4月やお盆はベットが足りなくなりケヤマネYさんに御苦労を掛けていた。




家族の介護は病気になった本人だけではない。介護する家族も元気で気持ちよく暮らせないとうまくいかない。
10年経った介護保険も不備が出てきた、施設も少ない。介護ベットを減らしている。
希望者が多くなることは目に見えている。 病気難民が出てくるよ、団塊の世代が控えているんだが、国も行政も腰が重いね。





脳幹出血という重大な病気に遭った妻も《在宅だから回復できた》と思っているし思いたい。
今晩の話題は:これだ:「いよいよ住む場所が無くなれば妻の足で歩くしかないよ」と座椅子に座った。
病気は気から、諺は今でも生きている。意欲が有れば、気持ちがあれば必ず希望は必ず叶うんだ。






寒くなるとインフルエンザが蔓延する、昨年の今頃は《新型インフルエンザ》が蔓延していた。
札幌でも20校が学級閉鎖と報じていた。
ラッキーだったな。明日妻とインフルエンザの予防接種を受けてくる。燕下機能の障害のある妻には風邪で喉が腫れるのが大敵だ、呼吸困難を起こし昨年も《肺炎の疑い》で入院した。
出来る自己防衛をしなくてはね。

自宅で好きなように過ごしていたら免疫機能も向上するよ。ウイルスと闘う武器を持たなくては。





今年も残り少なくなった。北国の紅葉は過ぎてしまった。
温泉はエンドと思ったが寒い冬だから気が付いた。
札幌も奥座敷定山渓温泉に《シラカバの湯】リフト付がある。日帰り客を対象にしている。
先日御願いした個人タクシーに連絡してみた。
交渉は纏まったので、後は私達の決断だけだ。雪が来る前が良いな。
命が有れば何でも出来る。できる事をしていこう人生もいいもんじゃ(笑い)。
  

Posted by ikeda49 at 23:05Comments(8)j自宅での介護

2010年11月17日

ケヤマネージヤーからの連絡

妻は今日ショートスティから戻ってきた。
平成17年から続けている妻の介護。月火水と毎週ショートスティ御願いしている老健。
12月のベットの空きが無いと言ってきた。
毎年年末年始、4月やお盆はベットが足りなくなりケヤマネYさんに御苦労を掛けていた。




家族の介護は病気になった本人だけではない。介護する家族も元気で気持ちよく暮らせないとうまくいかない。
10年経った介護保険も不備が出てきた、施設も少ない。介護ベットを減らしている。
希望者が多くなることは目に見えている。 病気難民が出てくるよ、団塊の世代が控えているんだが、国も行政も腰が重いね。





脳幹出血という重大な病気に遭った妻も《在宅だから回復できた》と思っているし思いたい。
今晩の話題は:これだ:「いよいよ住む場所が無くなれば妻の足で歩くしかないよ」と座椅子に座った。
病気は気から、諺は今でも生きている。意欲が有れば、気持ちがあれば必ず希望は必ず叶うんだ。






寒くなるとインフルエンザが蔓延する、昨年の今頃は《新型インフルエンザ》が蔓延していた。
札幌でも20校が学級閉鎖と報じていた。
ラッキーだったな。明日妻とインフルエンザの予防接種を受けてくる。燕下機能の障害のある妻には風邪で喉が腫れるのが大敵だ、呼吸困難を起こし昨年も《肺炎の疑い》で入院した。
出来る自己防衛をしなくてはね。

自宅で好きなように過ごしていたら免疫機能も向上するよ。ウイルスと闘う武器を持たなくては。





今年も残り少なくなった。北国の紅葉は過ぎてしまった。
温泉はエンドと思ったが寒い冬だから気が付いた。
札幌も奥座敷定山渓温泉に《シラカバの湯】リフト付がある。日帰り客を対象にしている。
先日御願いした個人タクシーに連絡してみた。
交渉は纏まったので、後は私達の決断だけだ。雪が来る前が良いな。
命が有れば何でも出来る。できる事をしていこう人生もいいもんじゃ(笑い)。
  

Posted by ikeda49 at 23:05Comments(8)j自宅での介護

2010年11月01日

がん患者の就労とお金の問題フォーラム

先日Hさんの勉強会でこのフォーラムの開催を知った。
2人に1人が癌になり3人に1人が癌で亡くなる時代。
まして高齢化が進んでいる日本では生活習慣を原因とする病気はそんなに珍しくもない。




せっかくの御縁なので妻と一緒に行ってきた。当事者や支援者、医療関係者や報道まで沢山の方が集まっていて関心の深さが解る。



体験者のお話や御家族のお話は心を打たれた。
抗癌剤治療の費用が掛かる、そして癌細胞も耐性ができてより高価な抗癌剤を利用しなければならなくなる。
就労も難しくなる。正に癌患者が多くなり現代の問題になっている。





昨日は10月末だったが暖かかった。
ディを休んで豊平公園に出掛けた。
小生も妻を在宅介護していて、病気は違うが同じような思いや心配がある。




今の医療や介護保険の制度のお陰で在宅も実現出来てる。今でも施設や病院より自宅の方が気持ちも病状も安定すると実感している。
多くは望まない、元に戻ることもあり得ない。病気になってもその家族も、現状でできる事をして少しでも満足を得れたら良いんじゃ無い。 
どんな環境にいても得られる満足や喜びがあると信じている。
《認知症患者に薬はいらない笑顔が一番良いよ》






豊平公園の側の《きたえーる》に新しいレストランが開店した。甘いケーキが食べれるだけでも妻の楽しみなんだよ。  

Posted by ikeda49 at 11:28Comments(6)j自宅での介護

2010年11月01日

がん患者の就労とお金の問題フォーラム

先日Hさんの勉強会でこのフォーラムの開催を知った。
2人に1人が癌になり3人に1人が癌で亡くなる時代。
まして高齢化が進んでいる日本では生活習慣を原因とする病気はそんなに珍しくもない。




せっかくの御縁なので妻と一緒に行ってきた。当事者や支援者、医療関係者や報道まで沢山の方が集まっていて関心の深さが解る。



体験者のお話や御家族のお話は心を打たれた。
抗癌剤治療の費用が掛かる、そして癌細胞も耐性ができてより高価な抗癌剤を利用しなければならなくなる。
就労も難しくなる。正に癌患者が多くなり現代の問題になっている。





昨日は10月末だったが暖かかった。
ディを休んで豊平公園に出掛けた。
小生も妻を在宅介護していて、病気は違うが同じような思いや心配がある。




今の医療や介護保険の制度のお陰で在宅も実現出来てる。今でも施設や病院より自宅の方が気持ちも病状も安定すると実感している。
多くは望まない、元に戻ることもあり得ない。病気になってもその家族も、現状でできる事をして少しでも満足を得れたら良いんじゃ無い。 
どんな環境にいても得られる満足や喜びがあると信じている。
《認知症患者に薬はいらない笑顔が一番良いよ》






豊平公園の側の《きたえーる》に新しいレストランが開店した。甘いケーキが食べれるだけでも妻の楽しみなんだよ。  

Posted by ikeda49 at 11:28Comments(6)j自宅での介護