さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 14人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2008年08月07日

父のカラオケ(自信を取り戻せたね)

小生の父は今老健にお世話になっている。
脳障害に見舞われてもう10ケ月になる。早いものだ。
急世紀病院→リハビリー病院と転院しこの施設には4月から入所している。




毎日刺激が少なくて、気が弱くなっていた。体の麻痺を持って車椅子になったら仕方がないことなのか。
先日町内会の老人クラブのカラオケ役員のKさんから誘いがあった。(毎週例会を開いている)


昨日は例会のその日、希望を叶えてあげた。自宅に帰り十八番の「北国の春」を歌っていたが、「声が出ないと・声が出ない」と自信消失。
一時は例会出席も拒んでいたがみんな家族で背中を押してあげた。




案ずるより産むがやすしで「声が出た」とご満悦だった。お別れに会館で仲間と「ハイパチリ」
懐かしい仲間に会えて、すっかり自信を取り戻した。毎週出たいと頼まれた小生だが。さて、ご希望に添えるか今後の課題だ。



父は90歳を迎えている。何年か前には前立腺の手術も受けている。筋肉も落ちて来ている。眼も緑内障で見えない。と何時も嘆いている。
が、好きなカラオケを唸っているときはすっかり忘れてる。気持ちが前向きになれば病魔は退散するのでは{病気は気持ちから}正に介護していて思うことなんだ。
病気を治すのは本人の気持ちの持ち方、医者じゃあり得ない。




あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(j自宅での介護)の記事画像
障害者のつぶやき(最近の記事から)
白内障の手術
今朝の札幌
今朝の札幌:気持ちの良い朝でした
新緑のたかくら緑地
介護保険での日常が始まりました
同じカテゴリー(j自宅での介護)の記事
 障害者のつぶやき(最近の記事から) (2018-08-30 16:40)
 白内障の手術 (2018-08-03 07:44)
 今朝の札幌 (2018-07-23 07:42)
 今朝の札幌:気持ちの良い朝でした (2018-05-29 07:59)
 新緑のたかくら緑地 (2018-05-12 05:43)
 介護保険での日常が始まりました (2018-04-26 19:04)

この記事へのコメント
声がでないって弱気になっていたけれど、大きな声が出たんだね、良かった良かった。
案ずるより生むが易しということでしょうかね。
楽しみが出来たら、気持ちもずっと前向きになってくることでしょうね。
いつも季節の草花の写真をアップしてくれていますが、とても懐かしくて気持ちも落ち着きます。
これからもよろしくお願いします。
Posted by とおる at 2008年08月07日 17:50
こんにちはお元気ですか

トイレも改造して良かった。
父も母も少しずつ慣れが出てきて、2人切りでも大事はないよ。
でも、在宅を始めるにはまだまだ不安があるので、外出泊まりが良いのかなと思ってます。
見守って下さい。
Posted by ikeda49 at 2008年08月08日 06:16
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
父のカラオケ(自信を取り戻せたね)
    コメント(2)