さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 14人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2020年01月03日

ソフィのβグルカンとの出会い

●2003年3月に妻は脳幹出血で倒れた。最初に運ばれた脳神経病院では意識があるかどうか分からない
一ケ月後気管切開で意識のあることが確認出来た。
その後本人に生きる気力と治療の効果が出て一般病棟に移ることが出来ました。
●脳幹出血の後遺症は重かった。右半身麻痺体幹の維持は出来ず、
嚥下障害もあり担当医からは口から食べたら命に関わると診断を受けました。栄養は経管栄養の流動食でした。
命は繋がったが妻の気持ちを思うとやりきれなかった。

※そんな時、縁があって知り合ったのが、乳癌で闘病中の家族を持つ友人でした。
何とかして病気の妻の病状に作用し少しでも人間らしい時間を提供したいと思う一念でした。
高知県の株式会社ソフィが提供するグルカンを飲み続けることにしました
《詳しくは株式会社ソフィのホームページで確認してください》

●その後嚥下専門医に診て頂くとができ(ゼリーで有れば食べることが出来るねの診断は本当に嬉しかったよ)
口から食べれるようになった妻。発音も良くなりみろみろ元気になった
口から食べる栄養は生きるためのエネルギーです。食いしん坊の妻(料理も好きだった)
本領発揮です。
食べれるようになり自宅に戻ることも出来ました。 
妻との自宅での日々はこのブログにアップしています。
(妻が病気になり10年、多くの人に支えられて過ごしてしてきました)
そんな妻も3年前に私達を残して天国に旅だった。


沢山の人に支えられお世話になった。今思うと感謝しかない。
少しでもお返ししようと何か出来ることがあると思い
ハローワークに行った、70代の小生には一般的には無理なんだね、
そういえば腰は悪いし目は悪い。
出来ないことを並べたって気持ちは落ち込むし身体にも良いことはない。
団塊の世代を生き抜いて来た私達には生まれつき競争する意識しか考えられない。
病気になって病院に行く前に自分の健康を維持する役目がある、まだまだ使命があるのですね 
そんな思いが実ったのかな
昨年からボランティアの仕事だけれど始めています。
無理をしないで自分らしく、今まで長い間休止していた山登りも今年は復活します。
妻と歩いた大雪の山脈を辿ることを願って。ソフィのグルカンの作用も借りて今年も頑張ります。









あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(1健康を維持するには)の記事画像
突然の不快に襲われた
札幌の今  寒中の日々です
朝の散歩
身体の整備も必要だね
野幌森林公園にて
ラジオ体操80周年
同じカテゴリー(1健康を維持するには)の記事
 突然の不快に襲われた (2019-12-28 11:28)
 札幌の今  寒中の日々です (2016-01-26 07:49)
 朝の散歩 (2009-08-25 07:34)
 身体の整備も必要だね (2009-02-23 10:16)
 野幌森林公園にて (2008-11-06 14:21)
 ラジオ体操80周年 (2008-11-01 06:50)

この記事へのコメント
お久し振りです。いつも前向きに頑張っていらっしゃるブログに励まされています。主人は脳幹出血で倒れ17年二人三脚で頑張って来ましたが9月に見送り百ヶ日法要を済ませました。
思えば最初の頃は情報が少なく、池田さんの介護の様子、当事者たんぽぽさんのブログを見て勇気付けられていました。
長い間有り難うございました。
これからは何を目標に頑張って行くかじっくり考えます。
介護で得た知識経験を何かの形で福祉に恩返ししたいと思っています。
池田さんもお体を大切になさってくださいませ。
Posted by 琵琶湖安井 at 2020年01月03日 13:41
明けましておめでとうございます。
ikeda49さん。今年もどうぞ宜しくお願いします

奥様が亡くなられてもう、3年ですか。
早いですね。

ikeda49さんはいつも前向きで
感心します。

気っとikeda49さんは目標や御好きなことをを見付られて前をむいて進まれることと思います。

また、お話を聞かせてください。
Posted by たんぽぽ at 2020年01月04日 15:13
安井さんこんにちはご連絡ありがとうございます。
ご主人の訃報お聞きしていました脳幹出血
なのですね。17年もの間の介護ご苦労様でした。そしてお疲れ様でした。病気の家族と過ごす日々は正直本当に楽ではありません身体にも心にも大きな負担が掛かります。でも家族の役割ですね、安井さんも小生も乗り越えました。不自由な身体になった家族の思いは介護した当事者しか分かりません。
そんな思いをこれからの人生に生かせていけば良いかなと思います。小生はボランティアの仕事を始めました。お返ししなければのお気持ちよく分かります。
新しい年になり気持ちを新たにお互い頑張りましょう。御元気でお過ごしください。
Posted by ikeda49ikeda49 at 2020年01月05日 10:36
たんぽぽさんこんにちは、新しい年になりました今年も宜しくお願いします。
たんぽぽさんの当事者の思いは本当に助かりました。家族の介護をしていても身体の不自由になった家族の思いは理解できないことが沢山ありました、そんな時よく読ませて頂きました。有り難うございます。
今介護のボランテァを微力ですが始めています。「ありがとう」とか「ご苦労さま」と声をかけて頂き少しお返しできているかなと思っています。
今年も6日から始めます。
たんぽぽさんもどうぞ御元気でお過ごしください。
Posted by ikeda49ikeda49 at 2020年01月05日 10:56
はじめまして。私の友人のお母さまが脳内出血で倒れ、入院先の病院でどんどん状態が悪くなっているようです。検索していて池田さんのブログにたどりつき、参考のために直接お話を伺いたいと申しております。

ご迷惑でなければ、ご連絡いただけると幸いです。

vc.hiromi@gmail.com
Posted by mymboss at 2020年01月08日 15:48
vc.hiromi様


ご連絡頂きました有り難うございます。
友人のお母様が脳内出血を発症されたと書いてありましたご心配だと思います。
私達も同じ思いをしました。私達の状況や想いをメールで送ります

池田 暁
Posted by ikeda49ikeda49 at 2020年01月09日 09:47
池田さま

脳幹出血で調べてここへたどりつきました。
昨年12月7日に女房(54歳)が脳幹出血で倒れ、血圧のコントロールしかできないまま、5日間彷徨い12日に先立ちました。

うちの場合は、2日目には意識レベルが9段階中0だったため、夜には医師より「意識は戻らない」とハッキリ宣告され、延命をするか否かの判断をしてほしいとの現実を突きつけられました。

家族で話し合い、本人の元気なときの意向も参考にし、延命はしないということにし、誓約書も書いておりました。
しかし、もう一晩だけ女房を話をさせてくださいと医師にお願いし、一晩中思い出話も併せて、延命はしない旨を伝えました。

朝になり、ゆうべは嫌な話をしてごめんなと頭を撫でたら、大粒の涙が一粒流れました。
それから、20分後、私がタバコを吸いに外へ出たたった5分の間に、看護師さん見守る中旅立ちました。結局彼女は延命しない旨の誓約書も出させず、最期のときも私に見せず、わたしが苦しむと思ったのか、そのタイミングを狙ったとしか思えません・・・

池田さんのように、意思疎通ができればとすごく感じています。急性期から慢性期に落ち着いたら、家に連れ帰り、家で最期の時を迎えさせてあげようとも思っていましたが、なにもかも適わずで、本日寂しい49日を迎えました。

長文失礼します。
Posted by 大方 at 2020年01月29日 20:33
大方様
小生のブログに書く込み有り難うございます。
奥様を亡くされてまだ間もないのですね心からお悔やみ申し上げます。
大方様もご存じだと思いますが脳幹出血は重大な生命に関わる病気です、
出血した箇所の脳細胞は壊死してしまい回復も再生もしません。それで身体の麻痺や後遺症が残ります。
でも脳幹出血でも軽い症状の軽い人は職場復帰した人もいます、一人一人個人差なのですね。
文面ではよく分かりませんが奥様の場合は重症だったのですね。
奥様はまだ50代とお若いですきっとやり残したことが沢山あったと思います。最後に流された一滴の涙が語っているのではないでしょうか。
大方様もお体大切に奥様の分も御元気でお過ごしください。
機会がありましたらまたお立ち寄りください、
 札幌市 池田 暁
Posted by ikeda49ikeda49 at 2020年01月31日 16:08
元気ですか?6月に入るのにメールがなくて寂しく思っています。あれから何してるのか気掛かりです。☺️
Posted by 大蔵慶子 at 2020年05月31日 21:54
はじめまして。
医療従事者のお仕事をしています。
このご時世大変ですが、池田さんの何かしたいという思いを受け
私の患者様への対する気持ちも役に立ってあげたいという思いが強くなりました。
ありがとうございました。
Posted by 。 at 2020年06月18日 22:46
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ソフィのβグルカンとの出会い
    コメント(10)