さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2017年04月28日

今日も沢山のリハビリーが来てくれる 札幌も桜開花しました

今日は忙しい日です。
リハビリーの予定が沢山ある
9:00 訪問マッサージに
始まり今午前中は言語療養士が来て今訓練を受けている。
普段はテレビが相手の妻もKさんと様々な話をしている。:話すことで言葉のリハビリーになるね
早口言葉≪豚が豚をぶったのでぶたれた豚が豚をぶった≫を繰り返しているよ
午後からは訪問リハビリーで装具を付けて歩く

担当のYさんには2年以上お世話になっている、昨日のHALの状況を説明したい。
HAL担当のNさんと小生の2人掛かりで歩いたよ(狭い住宅だけど工夫の仕方で何でもできるよ)
≪手足に麻痺があっても。出来たよ   成功体験が妻に入力されたね13回目のHALですね≫
{在宅介護で一番大事なのは(自宅で自由に好きなように過ごせるように考えることかな)}
その為には専門家の訪問リハビリーは欠かせないし一番大事なことだと信じています。
行政も自宅に戻ることを推奨しているなら様々なサービスを考えてほしいな。
聞く話によれば:病院入院中手厚いリハビリーを受けるが自宅に退院したらリハビリーの回数が減ってしまう。
特に私たちの一番気がかりな‘’●口から食べる技術の訓練は訪問言語療養士が少なく皆さん困っている
私たちの住む札幌は冬は寒くて自然状況が厳しい
≪自宅に来てくれるサービスは私達在宅介護現場には優しいね≫
 

北海道新聞朝刊に5回連載記事が載っていた≪介護のかたち 男たちの苦悩≫

男性が家族を看る状況:私たちも当事者なので身につまされる、高齢になると介護する家族にも負担が大きくかかる
今日のテーマは「人に頼らず深まる孤独:相談相手がいない:行きずまる危険」
男性が家族を介護する大変な現実が記載されている。 
この記事を読んだ当事者はどの様に理解するだろう。 考え方も家庭環境も個々人で異なる。
私の周りでもがんばっている人は沢山いるのは事実です。
しかし一人で頑張りすぎることが良くないね、体と心を傷つける。
小生のように10年も妻の介護を続けると、家族の介護自体が日常で本業と思って過ごしている。
妻も小生も加齢するから不具合や」困難は出てくる予想はつく
しかし考えても仕方がないことは頭の隅に温存して一日一日過ごすことに気を配る。
男性には大変だと言う日常の仕事も慣れが一番の薬だね。 お互い大事な食事は毎日作るために知らなくてはならない。
プロの妻の助言を得て最近は案外面白い分野だと認識しています。
毎日口から食べて栄養をとり生活を続ける  生きていく基本だからですね


午後からは管理栄養士Sさんです{メニューは手作りいなり寿司」です
●いなり寿司の皮を買ってきてミキサーにかける→銀紙でいなり寿司の形を作る→ゲル化剤を加え液を入れて
鍋で熱を加える→銀紙に型に入れ寿司飯を入れて時間をかける。
常温で固まるので食べる時にひっくり返して銀紙を抜けば いなり寿司の完成です。
何度か試行錯誤した小生のレシピーに加わるよ
 寿司飯は妻も小生も好物なので。
口から食べるためには 一手間加えるがコツだね

そして3時過ぎには訪問歯科医と衛生士が来てくれた。
長年ポカリスエットを飲んででボロボロになった妻の虫歯を削り、詰め物をして整形してくれた。 型も取った
ゴールデンウィーク明けに銀歯が入るよ。
これからも口から食べ続けるための一仕事ですね。

嚥下専門医N先生の(妻は口から食べれるよ)とVF検査で診断いただいた
先生のおかげだね。 ネをあげるのはいつでもできる、皆さんの気持ちを頂きながらまだまだ頑張ります

季節は今 札幌でも桜前線が到着した。電動車いすも5月に入り届くことになった。
暖かい季節お出かけの機会も増えてくる。 北国の私たちには一番過ごしやすい時期の始まりです。
一生懸命生きると自然も後押ししてくれるね


 







あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(j自宅での介護)の記事画像
今日から12月です、冬型の気圧配置ですが、今の札幌は晴れです
北野地区初めての 男性介護者のつどい 地域の支え合い
イオン平岡店 オムライスの専門店 にて
男性介護者のつどい~私達の日常まで
期日前投票に行ってきた
陽だまりひろば(認知症)カフェ
同じカテゴリー(j自宅での介護)の記事
 今日から12月です、冬型の気圧配置ですが、今の札幌は晴れです (2017-12-01 09:39)
 北野地区初めての 男性介護者のつどい 地域の支え合い (2017-11-10 08:50)
 イオン平岡店 オムライスの専門店 にて (2017-11-03 17:46)
 男性介護者のつどい~私達の日常まで (2017-10-26 09:24)
 期日前投票に行ってきた (2017-10-16 09:24)
 陽だまりひろば(認知症)カフェ (2017-10-06 12:37)

この記事へのコメント
相変わらずお二人で頑張っておられますね。拍手!

●おしゃべりは最高の言語リハビリですね、
●訪問言語療養士の不足。STさん自体が不足なのでしょうね。早く解消しますように

>家族の介護自体が日常で本業と思って過ごしている。

すごいですね。お料理も得意になっておられるし。
5月には電動車いすも来るようですしお出かけをたのしんでください。
Posted by たんぽぽ at 2017年04月29日 06:42
たんぽぽさんこんにちは
札幌もやっと桜が開花しました
ゴールデンウィークは各地混み合うので自宅で待機の予定です。
電動車椅子も届きますので、気軽にお出かけ可能です。
まずは栄養がよくずいぶん伸びた妻の髪のカットです。サッパリして過ごしたいですね。
Posted by ikeda49ikeda49 at 2017年04月29日 07:42
いい陽気になりました こちら 横浜も ツツジが咲きました 妻の介護は 楽ではないですけれど「時々 笑顔」で 喜びを 表すので 私も「やってて良かった」と ほっとします が 肉体的な 疲労 過労は なんとも ならず 倒れないように 気を つける次第です
池田さんは えらいと思います 体力維持 何か コツ でも ありますでしょうか 5月25日 ケアプラザで「妻の介護」を講演します 今 原稿を書いています それでは 失礼します 4/29 
Posted by MAIKALFUJIO at 2017年04月29日 11:39
MAIKAL FUJIO 様

こんにちはお元気ですか
過ごしやすい季節になりましたね、草木が萌えて私たちの心も沸き立ちます。

お互いに家族の介護ご苦労様です。
家族の笑顔は私たちも励みですね、
自宅で好きなように過ごせる事が(介護する方もされる方も)長続きするコツかなと思っています。 
それと介護保険を始め普段でも沢山の人に関わっていただく(我慢はだめですよ)様に当事者が演出することが大事だと思っています。

北海道新聞の記事でも
本当に皆さんが家族の介護で大変な話を掲載しています。現状だと思います
社会に大きな影響のある報道には
●大変なことや事故のこと将来の不安を 伝えるだけでなく
当事者でいろいろと工夫しながら頑張っている家族が沢山いる  すこし気持ちが暖かくなる記事があると 「自分も頑張ろう」という気持ちになるのではないでしょうか。
今の日本の制度では家族家族が意識を持って役割を果たさないと費用もどんどんと増えるのではないでしょうか。
病気になった家族も自宅に戻り生活すると回復する 私たちは実感していますFUJIOさんいかがですか。 家族の絆も強くなりますね
FUJIOさんが講演で「家族の介護のお話をされる」 きっと心打たれるお話になること請け合います。 私たち日々貴重な経験のさなかですから。
ご活躍期待しています。

池田 さっぽろ
Posted by ikeda49ikeda49 at 2017年04月29日 15:07
いろいろ ご意見 ありがとうございます
Posted by MAIKALFUJIO at 2017年04月30日 17:30
MAIKAL FUJIO 様
ますますのご活躍を願っています
Posted by ikeda49ikeda49 at 2017年05月01日 08:33
初めてコメントします。よろしくお願い致します。長文、お許しください。

池田さんのブログ、昨年より読ませていただいております。
現在パーキンソン病悪化のため父が入院中です。池田さんの行動力と奥さまの充実した日々にいつも力をいただいております。昨年のHTBのニュースも拝見しました。患者家族体験記も読ませていただきました。

今回どうしても教えていただきたいことがありこの場をお借りします。
父は現在70代です。胃ろうからの栄養のみで口からの摂取はできておりません。要介護5でほぼ全介助状態です。
ただ車イスに安定して座れるので理学・作業療法はリハビリ室で行っております。
私としては嚥下や構音障害に対してのリハビリや検査をしてもらいたいのですが、専門職がおらず検査ができない病院です。

池田さんは以前「札幌S病院のY先生やリハビリテーション科のN先生に診て頂き有り難かったです」と書かれておりますが、この病院や先生がどなたか教えていただくことはできないでしょうか?
かなり前のことで病院の状況の変化や先生の異動もあるかも知れませんが、信頼できる病院や医師がいらっしゃったら教えていただけないでしょうか?
私は札幌市内在住で父の入院先も札幌です。

父は痰吸引もされていますが唾液を飲み込んでいることも多々あり、少しでも口から摂取できたらと思っており信頼できる方に評価をしていただきたく思っています。

もし教えていただけるとしても、こちらに個人名など書けないのであればどういった手段があるでしょうか?
こちらに私の連絡先を書くのもどうかと思います。何かよい方法はあるでしょうか?もし近々参加予定の会合や集いなどがあればそちらに私が直接出向いて教えていただいても構いません。

お忙しい中お手数かけて申し訳ありませんが、お力添えいただければありがたいです。
Posted by チー at 2017年05月04日 06:25
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
今日も沢山のリハビリーが来てくれる 札幌も桜開花しました
    コメント(7)