さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2016年12月31日

今年も無事に過ぎました 皆んなに支えられたおかげです

今日は大みそかです
今年は重大な病気にも遭わず過ごせたのも、介護サービスを受け緊張感を持ちながら皆さんに支えていただいたからと思っています。
妻のケヤプランも29日のHAL(介助用補助ロボット)のリハビリーで終了しました。
妻本人には目立った感覚は無いけれど
 「麻痺している右足を10年ぶりに動かした感覚がある」今朝も「麻痺している右足が痛い」と言う「顔面筋肉の麻痺が以前と違う」 と妻本人の最近の言い分です。
HALの効果と検証は出来ていなが、何かが変わってきていると傍にいる小生には思って居る。
以前嚥下の情報に≪舌も口腔も筋肉で出来ている、手足のリハビリーを受けたら口から食べれるようになった例があった≫
今年HALは未だ7回しか受けていない、来年こそもっと変わる場面があるといいなぁ と思います。
年末年始は2人だけの静かな時間です、妻は何時もと同じサスペンスを見ながらお昼です。




積雪も例年より多い、道路もガタガタです、厳しい季節、札幌の今です。
何十年も過ごしている私達には、雪が降る厳しい自然条件は刷り込み済みです。
 
長年の地球環境の維持に南極の氷や北極のツンドラ凍土が影響している。 
地球温暖化異常の現れには今年の北海道の台風災害が影響しているのかな。
降った雨なら直ぐに流れるが、積雪は春まで山谷に残る。
何時もお邪魔する美唄のゆーりん館には冬の間の積雪を利用して冷暖房を設備している。  






 今朝の北海道新聞 朝刊から
 ≪がん闘病記、費用をネットで募集≫ の記事があった。
2人に1人が癌になる今の日本です。 
≪自身や仲間の闘病体験を多くの人に伝える事で、がん患者えの理解を深めてほしい≫
沢山の人が病気の情報を求めている今。役にたつと動きだと思って居る。

私達は癌患者ではない、脳障害の妻と自宅で過ごしている状況です
病気になる事は仕方がない、 がある年齢になれば、なる前に予防をする事が大事ですね。
自分自身の健康は自分で責任を持たなくてはならないから。
 
新聞で読んだ内容しかわからないが 
以前にも男性介護者の情報が北海道新聞に掲載された。 
 しかしよく聞いてみたら「認知症に家族に限る」と担当者に言われた。
そして最近区役所でも≪家族の介護者のつどい≫が開かれている。 癌に限らず病気になった人や家族が多くなった事が原因だと思う。
他人事ではないのですね、一人一人が関心を持って過ごしていく姿勢が大事ですね。 一度しかない人生どんな状況になっても前向きに取り組めば良い結果が付いて来る と信じています。  情報を鵜のみにしないでね、考え方も家庭の事情も異なるので自分で合うように加工する作業が必要ですね。




あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(j自宅での介護)の記事画像
期日前投票に行ってきた
陽だまりひろば(認知症)カフェ
乳房にしこりがあるのだけれど
今日の天気は雨、台風18号が北海道を直撃です
妻は自宅に戻ってきて。又普段の生活の始まりです
夏の終わり。札幌は穏やかな日曜日です
同じカテゴリー(j自宅での介護)の記事
 期日前投票に行ってきた (2017-10-16 09:24)
 陽だまりひろば(認知症)カフェ (2017-10-06 12:37)
 乳房にしこりがあるのだけれど (2017-09-24 12:06)
 今日の天気は雨、台風18号が北海道を直撃です (2017-09-18 10:19)
 妻は自宅に戻ってきて。又普段の生活の始まりです (2017-09-07 10:25)
 夏の終わり。札幌は穏やかな日曜日です (2017-08-27 13:35)

この記事へのコメント
今年は ありがとうございました いろいろ 助かりました 介護の会にも 入会できましたし 池田さんのおかげです 時間 とれたら 趣味のアマチュア無線と思いますが まだ 無理です 12/18から 全く 新しい 嚥下機能回復訓練用にも 応用できるのではないかと言う「Gentle Stim」脳血管疾患・神経筋疾患・リハビリを自宅で一日2回・各20分をスタートしました。3ヶ月入院して下さいと言われましたが 自宅でと 押切り 今 妻に やっています STさん2名にも やり方 教え いつかは くち から呼吸して ご飯 食べるように なること もし これで 結果が でれば 多くの障害者 妻みたいなとかには 朗報になるでしょう 妻は心臓手術の時に 嚥下の神経をマヒしました 治すのは不可能と診断されています それだけに 今回のチャンスは ありがたいです 神経に作用すると言う 方法です 期待しています それでは 来年もよろしくお願いいたします 
Posted by MAIKAL FUJIO at 2016年12月31日 20:04
新年あけましておめでとうございます。
ikeda49さん。

>手足のリハビリーを受けたら口から食べれるようになった例があった。

以前、針の先生から聞いたことがあります。
全身の筋膜はつながっているそうです。
私もそれを実感しています。

どうぞHALの効果があり、全身に良い影響がありますように。

暖かくしておすごしください。
Posted by たんぽぽ at 2017年01月01日 06:33
MAIKAL FUJIO 様

昨年はご縁がありましていろいろとお世話になりました。
新しい嚥下訓練を始めたのですね。ご苦労様です。
毎日毎日の訓練出来るのは家族だからですね、気持ちがあれば必ず良い結果が出ると信じています。
きっと奥様の笑顔があると信じています。
お互い大変な境遇ですが、これが仕事と思って続けたいですね。FUJIO様ご自身のお体大切にお過ごしください。
Posted by ikeda49ikeda49 at 2017年01月01日 11:24
たんぽぽさんこんにちは

新しい年になりました、たんぽぽさんの情報は的確で私達も利用させていただいて居ます、当事者の言葉が一番心を打ちます、今年もよろしくお願いします。
妻も体の機能に変化が出てきたように感じます、視力は落ちてるので彼方此方機能が落ちたところがありますよ。立つ力とフラフラ感が以前よりも少なくなった様に思います。
 唯辛いリハビリーを受けるのは本人です。妻本人の意欲が続くようにするのが家族だと思います。
長----い目で見るしかないですね、結果は後から付いてくるので。私達も頑張ります。
Posted by ikeda49ikeda49 at 2017年01月01日 11:34
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
今年も無事に過ぎました 皆んなに支えられたおかげです
    コメント(4)