さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 14人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2013年01月11日

命の尊厳に関する記事を読んだ

妻との生活は淡々と過ごしている、訪問リハを増やした。又麻痺手足にはカイロを抱かせている。良いか悪いか良いんじゃない。
正月休みにPDN通信(胃ろうと栄養の情報誌)が届いた。
妻も燕下障害があるのでよく読んでみた。
一昨年90歳を過ぎて亡くなった父も誤嚥性肺炎を起こし担当医から胃ろうを進められた。
 私たちには何時も関心のあることになっている。

命の尊厳に関する記事を読んだ
「命の尊厳」は「胃ろうの是非」ではない。~患者の幸せを考慮した選択を~
胃ろうは本当に口から食べれなくなった時の栄養補給手段としては良い治療だと思っている。
患者本人の負担の軽減・安全性。又介護する家族にも安全に生活が出来る。
今。高齢者の胃ろう増造に延命ではないかと意見が出ている。
この文面には医療者の考えは記載されているが患者本人や家族の思いや考えが抜け落ちている。
●私たち家族が脳障害になったときまで口から食べれなくなったらなんて考えたこともなく知識も無い。大抵は担当医に勧めを受け入れています。
本当に必要なのは燕下専門医に診て頂き{口から食べれるのか難しいのか燕下検査が必要だと思う}
もう一つは{本人が口から食べたい意思があるか年齢や障害の程度に左右される} の2点だと思っている。
●妻は平成15年に脳幹出血に倒れ同様の治療を受けてきたが{食べれるか否かは}
詳細はドクターズネットワーク体験記に記載しています:http://www.peg.or.jp/taikenki/ikeda-2.html
●文面に医療・介護現場では混沌とした状態になっている。そして最終的に胃ろうの造る決断は本人・家族がするとあるが。 当事者は混乱するし充分な判断材料が少ない。又医療現場では燕下リハビリーの専門医が少ない事が一つの原因では無いかと思っている。

命の尊厳に関する記事を読んだ
私たちは何時も「妻があのとき専門医に診てもらい「ゼリーであれば何とかなるね」の言葉を思い出す」 口から食べれると妻本人満足するし在宅での介護する小生にも負担が少ない。
体の機能は使えば良くなるし使わなければ廃用症候群で使えなくなるんだね。
 
命の尊厳に関する記事を読んだ
今の高齢化社会一人でも多くの人が満足な選択をしてもらいたいと願っている。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(j自宅での介護)の記事画像
シベリア抑留 体験を語る 講演会から
2月も後半、寒い日が続いている札幌 春が待ち遠しいなぁ
妻は2泊3日のショートスティに出かけました。
5月の札幌は気持ちが良い。妻は自宅でのんびりと過ごしている
妻の訪問歯科治療(2)
妻の手足のまひの状態  そして≪食べる力を取り戻す≫情報から
同じカテゴリー(j自宅での介護)の記事
 シベリア抑留 体験を語る 講演会から (2018-11-26 11:20)
 2月も後半、寒い日が続いている札幌 春が待ち遠しいなぁ (2018-02-22 08:47)
 妻は2泊3日のショートスティに出かけました。 (2017-08-07 14:36)
 5月の札幌は気持ちが良い。妻は自宅でのんびりと過ごしている (2017-05-25 15:15)
 妻の訪問歯科治療(2) (2017-03-17 17:35)
 妻の手足のまひの状態  そして≪食べる力を取り戻す≫情報から (2017-02-23 20:55)

この記事へのコメント
こんにちは。ikea49さん。
遺漏のの問題は延命の問題とともに
色々と話題になっていますね。

ikeda49さんは経験者です。
皆様のお役にたって差し上げて下さい。
Posted by たんぽぽ at 2013年01月11日 16:29
たんぽぽさんこんにちは

ドクターズネットワークは札幌で年一回勉強会を開催しています。
医療関係者や一般人も参加できました。
そこで病院の副院長に出会ったのが縁でした。
転院した病院で専門のリハビリー医師に診て頂いたのです。
只食べる機能がある人が胃ろうや経鼻栄養で廃用症候群に陥るのは本人としても家族にしても納得出来ないですね。
担当医次第ですけど。
いつもおいで頂き有り難うございます。
Posted by ikeda49 at 2013年01月11日 19:25
医療費の抑制とセットに成って、いま胃瘻は話題になっていますね。

主人は、胃瘻が無ければ生きられないです。
その様なレベルの人は、もう死んでくださいという事なのかもせれません・・

多くの医療費を使わせて頂いています。
病院から、早々に出される現在、在宅でのケアを考えると安全安心な方法で有る事は、確かです。

最近は、すこしづつ口から摂取できるようになって、太ってきました。というか太り過ぎ・・・(苦笑)
Posted by きぼう at 2013年01月13日 15:27
きぼうさんこんにちはお元気ですか

胃ろうの論議は延命の治療の様に書き立てていますが、栄養が本当にとれないのであれば良い治療だとおもいますよ。
小生は妻の場合を体験して、胃ろうを造る前に燕下検査が必要だと思っていますし、専門医の不足が問題だと思います。
回復する可能性のある機能は温存してあげたい事ですね。
当事者でなければ理解できないことが沢山有ります。

冬の間はどうしても室内が多くなり体重増加は悩みの種です。
妻も調子は良いのですが体重が56㎏になってしまいました。
昨日は全身マッサージに行ってきました(小生の) 
きぼうさんもお体大切に手入れをしてあげてくださいね。 
Posted by ikeda49 at 2013年01月14日 07:50
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
命の尊厳に関する記事を読んだ
    コメント(4)