さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 14人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2012年03月23日

妻には「口から食べれる}拘りがあった

昨日は最高気温が5度になり【春近し】かなと思ったけれど、今朝は雪が舞っている。
北海道民は暖かい季節の訪れを首を長くして待っているんだよ。
身体に障害を持っている妻も体温の管理がかかせない。


妻には「口から食べれる}拘りがあった 

待ちに待った妻専用の装具が届いた。マイハイヒール《装具》は補助を頂いているので「コタコタになるまで履こうね」が妻との約束なんだ。
装具を付ける、傍から見ると大変そうに見えるが妻の評価は「両足で立てて歩けるから片足より楽だよ」身体を動かすので体調も良さそうだ、流石道具だね。
「造るかい?」と言ってくれたK病院の作業療養師さんに感謝
後は実践があるだけです。


妻は寒い冬の間入院してPT・OT・STと手厚いリハビリーを受けた。
障害を持った妻にも身体を動かすことがどんなに必要なのか視ていて再確認した。








妻の入院生活も結構忙しい
療養師さんや病院スタッフとのコミニケーションも取れ充実しているように傍目には見えたが経鼻栄養では私達の最終目的《自宅に戻る》ことは出来ない。

そして、先週燕下検査・訓練を希望して転院した。
担当医からは「現状では充分な栄養が補償できないので食道ロウの造り食べる訓練をする」のが良いと同意を求められた。
しかし、「痛い手術は嫌だ、口から食べるから」と訴える妻の気持ちに反して同意は出来ない。
●妻の粘り勝ちかな。
昨日お昼、管も外し専門のSTさんや看護師さんと管理栄養士さんにも立ち会ってもらって口から食べれた。
一番安心し自信が付いたのは妻本人だと思う 曲がりなりにも口から食べれると自宅に帰ることも叶うと思う 。

妻には「口から食べれる}拘りがあった

【これは前の病院での訓練食】だが。リスクはあっても専門のSTさんが食べさせてくれた。だから良い結果が出たと思っている。
何時も自分勝手なことばかり言っている私達だ。今回も沢山の方にお世話になっている。


妻には「口から食べれる}拘りがあった

札幌でもカタクリが咲く春がもう近い、4月になったら又電動車椅子で出掛けよう

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(j自宅での介護)の記事画像
シベリア抑留 体験を語る 講演会から
2月も後半、寒い日が続いている札幌 春が待ち遠しいなぁ
妻は2泊3日のショートスティに出かけました。
5月の札幌は気持ちが良い。妻は自宅でのんびりと過ごしている
妻の訪問歯科治療(2)
妻の手足のまひの状態  そして≪食べる力を取り戻す≫情報から
同じカテゴリー(j自宅での介護)の記事
 シベリア抑留 体験を語る 講演会から (2018-11-26 11:20)
 2月も後半、寒い日が続いている札幌 春が待ち遠しいなぁ (2018-02-22 08:47)
 妻は2泊3日のショートスティに出かけました。 (2017-08-07 14:36)
 5月の札幌は気持ちが良い。妻は自宅でのんびりと過ごしている (2017-05-25 15:15)
 妻の訪問歯科治療(2) (2017-03-17 17:35)
 妻の手足のまひの状態  そして≪食べる力を取り戻す≫情報から (2017-02-23 20:55)

この記事へのコメント
今晩は 凄い立派な装具ですね
之からは望みと楽しみが有りますね
妻の粘り勝ち>女は強いですね
家内も胃ろうは嫌、白いご飯が食べたいと頑張りましたよ
今では何でも食べれますが味噌汁などの吸い込む物は
今でも要注意でトロミ付きです。
装具を付けて支え歩かすだけで一気に元気になりますよ
身体は動かすに限りますよ~
Posted by ケ、セラ、セラ at 2012年03月23日 22:06
ケセラセラさんこんにちは

毎日の奥様の介護御苦労様です。
妻も口から食べれると解って一安心です。
ミキサー食を3度頂いています、カロリーは1000キロカロリです、只水分が足りないと思い今日はムギチャとコーヒーのゼリーを造り持って行きます。

以前ケセラセラさんから装具のお話しをお聞きし妻にもと思ってから暫く立ちました。やっと実現したと思っています。
行政も医療者も障害者や家族の悩みに答えていないと思っています。
今の病院では土曜日曜日はリハビリーは有りません。
一段落したら退院して又自宅での生活を始めます、季節も暖かくなり応援してくれてます。
Posted by ikeda49 at 2012年03月24日 05:42
立派な装具が出来ましたね。
奥様と装具、ikeda49さん。
皆、春を待っています。
Posted by たんぽぽ at 2012年03月25日 06:15
かなりご無沙汰しておりました。

gooブログに移ってから、一度こちらにはいろうとしたら入れなかったので、そのままにしてしまいました。
また、再入院もあったりして。
その間に、何と奥さまは歩けるようになっていました!
やはりあきらめてはいけないのだと再確認しました

もしよろしければ再リンクさせていただいていいでしょうか。
よろしくお願いいたします。
Posted by クローバー at 2012年03月25日 08:45
たんぽぽさんこんにちは
おげんきですか ここ札幌も春は足踏み状態です。
妻は昨日も外出で帰って来ましたが燕下機能は以前と同じようです。
妻も小生も安心しました。 口から食べ物を食べれると病院なんかにいたくないです。
これで自宅に帰還が叶いそうです。
我が家にも春の訪れが近いです。
Posted by ikeda49 at 2012年03月26日 07:44
クローバーさんこんにちは
いつもたんぽぽさんのサイトでお見かけしています。
御主人のお身体如何ですか、脳幹出血は本当に重大な病気ですね。看護介護で御苦労されていると思いますがクローバーさんなりの介護方法を御主人と見つけて下さいね。
妻は9年経ちますがいろいろと有りました。そして沢山の人に助けられました。
でも小生は何時も思っています【家族が諦めたらそれまでだと思っていますよ】 病気を持ってしまった妻には自分の思いや考えを伝える方法が限られていると思ってます。 その役割には家族があると思ってます。
クローバーさんもお元気でお過ごし下さい。貴女のサイトにもお邪魔します。
 
 
Posted by ikeda49 at 2012年03月26日 07:56
LLBですね。
私が入院中に履いた装具と一緒です。
私の第1歩はここから始まりました。
1歩1歩進んでください。
陰ながら応援しています。
Posted by 群馬@太田 at 2012年03月30日 20:17
LLBですね。
私が入院中に履いた装具と一緒です。
私の第1歩はここから始まりました。
1歩1歩進んでください。
陰ながら応援しています。
Posted by 群馬@太田 at 2012年03月30日 20:17
LLBですね。
私が入院中に履いた装具と一緒です。
私の第1歩はここから始まりました。
1歩1歩進んでください。
陰ながら応援しています。
Posted by 群馬@太田 at 2012年03月30日 20:18
太田様

ご無沙汰しています、お元気ですか
LLBは解りませんが、念願の装具を造る事が出来ました。
後ろから支えて歩いていますが、妻本人は両足で立てるので楽だと言っています。道具ですね。
何度も練習を重ねて行けば良い結果も出ると信じています。
お元気でお過ごし下さい。
Posted by ikeda49 at 2012年03月31日 05:17
LLBとSLBの違い
http://www15.plala.or.jp/LS-CC/05-07.html
ここにあります。
Posted by 群馬@太田 at 2012年03月31日 08:49
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
妻には「口から食べれる}拘りがあった
    コメント(11)