さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 14人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2005年11月26日

第3回胃ろう研究会に参加して

   胃ろう研究会

11月12日北海道胃ろう研究会が開催された
医療関係の方々に限らず私達のように患者や家族まで範囲を広げて頂き感謝しております。


今回の研究会には妻と共に参加した、理由は2つある。
1つは、昨年のこの研究会で良い医師に巡り会いこの1年間妻は格段に回復したことである、感謝を込めて参加したかった。
2つ目は現在の担当医が妻のこの1年間の回復に至る経緯を医学者の立場から発表して頂いたからである
妻の病状はPEGドクターズネットワークの体験談
http://www.peg.ne.jp/taikenki/ikeda.html
で記載した。
昨年の第2回研究会に参加出来て回復の糸口を得ることが出来た。
もし、この出会いが無かったら、多分充分な機能も使えず、寝たきり状態になっていたと思います。出会いを造って頂いた方々に感謝することばかりです。

第2の目的:妻の回復状況の発表は有り難かった。
つまり、口から食べる目的で転院したのです。

以前:経鼻菅栄養
今は:左手で自分で食べる、ミキサー食を中心に普通食までほぼ100%栄養は口から摂取しております

この結果:言葉はよく発音出来意思の疎通が出来る、又口から食べることは単なる栄養だけではない、ある番組で『口を動かすことは脳え血液を送るポンプ』の役目もある。お陰でリハビリーの効果もあがったのです。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(i胃ろう研究会に参加しました)の記事画像
北海道胃ろう研究会に行ってきた
同じカテゴリー(i胃ろう研究会に参加しました)の記事
 北海道胃ろう研究会に行ってきた (2006-11-12 11:20)

この記事へのコメント
先生が研究会で発表するくらいの暴威の回復力なのだと思います。
この回復力は自分でだけできることですから良かったですね。
この回復力を持っていろいろなことにチャレンジしてください。
奥さんからのメール来るのを楽しみに待っています。
Posted by ゲスト at 2005年11月26日 14:24
Qちゃんえ

何時も読んでくれて有難う
今は自宅に1人でいると心細いくメソメソしますが、パソコンでQちゃんにメール遅れるようになると、新しい世界が広がりますね→との時は教えて手ね。

池田
Posted by ikeda49 at 2005年11月28日 05:19
横浜では雪が降っていませんが日本じゅう各地で雪が積もっているようです。
奥さんは車椅子でしばらくの間外へは出られなくなりますね。
私はリハビリ病院に入院しているときより今のほうが大きな変化が出ています。
奥さんも長期決戦でリハビリすればきっと元に近くなりますよ。
Posted by ゲスト at 2005年12月05日 17:54
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第3回胃ろう研究会に参加して
    コメント(3)