さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 14人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2017年06月26日

今日の札幌は曇りです


先日新聞記事にデドックスの記事が載った。(身体の中の老廃物を排出する)
高齢化社会健康に関する情報が蔓延している。 振り回されないようにしなくては
関心は多いと思うが機能は一人一人違うから自分に合った無理のない方法を見つけて継続する事が良いと思うよ。
自分の身体の調子は本人が一番解るはずです。  何をするか選ぶか本人の気持ち次第ですね。



  《施設でのリハビリー》
半身麻痺のある妻だけど頑張っている 「以前に登った手稲山に再び登りたい」 希望があります
リハビリーの時も職員に思いを熱心に伝えてる
「実現できるか否かは問題ではない  気持ちを持ち続ける事で夢を呼び込めるから」
当事者(妻)が積極的になる事で周りはみんな引きずられていく
この次は外歩きだね、妻は本日施設から帰還する


先日豊平区役所で家族の会があった 
今回は勉強会 社会福祉協議会センター長が札幌市の認知症の現状について話をしてくれた
《日に何本も問い合わせの電話がある、そして対応している》役所の職員も頑張っている。
多くは認知症の家族からで、症状も重態なってからの連絡が多い
話を聞いて感じたことがある
「認知症が多くなる現象は高齢化社会では仕方が無い、
私達が一番知りたいのは当事者(家族も含めて)や現場の看護師・職員の生の声を聞きたい→生の声は聞く人の心を打つ共鳴する。 そして沢山の人に意識を喚起できる
認知症の奥さんと自宅で過ごすKさんも参加していた。
「日常生活すべてが大変だ}と言っていたKさんも、出て関わる機会を多くしている、
沢山の人と関わることで落ち着いたね、奥さんの症状が安定していると感じました。

認知症サポーター: 以前小生も講座を受けた 
サポーターであればなにかすることがあるのかな?? と札幌市の担当者に問い合わせてみた。
「市民一人一人が関心を持ち日々生活することで良いですよ。
生活習慣病も認知症も予防実現出来るのは身体の持ち主本人だけですから。」 と話をしていました 






  

Posted by ikeda49 at 07:06Comments(4)j自宅での介護