さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 14人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2017年06月15日

北海道は今が過ごしやすい季節です 


今の札幌です。曇りですが過ごしやすい時期です 
水曜日は妻を施設に迎えに行く。長くお世話になっている施設なので安心です。
家族の介護には《安心して過ごせる時間が必要です》


来月7月のケヤプランも各施設から寄せられている。 纏めてケヤマネYさんと打ち合わせるのは小生の役目です

札幌市主催の男性介護者の交流会が開かれる
テーマは(認知症の方の食事について~食べやすく簡単な調理方法と栄養~)について管理栄養士が講演する
口から食べる事(栄養を取る):私たちも妻の病気を契機にズーと求め続けているテーマです
病気になった本人の気持ちや食べ方 と共に家族の関わり方にも重要な取り組みです。



厚別川河川敷も草花の共演です、自然は本当に正直だね 季節が訪れ気温が上がると成長する

我が家のオモトが枯れそうだった、(葉が落ちて元気がない)言葉はないけどサインがでている
長年同じ植木鉢で根が固まって機能していない
先日根を洗ってあげて新しい植木鉢に植え替えた きっと喜んでいると思うよ。 家族の一員だから

妻は昨日施設から戻ってきました。
体調はまあまあですが最近気持ちが揺れている
「最近人の名前が思い出せない。認知症になったら困るから東京にいる息子に会いたい」
が主な悩みです。自分自身では自由にならずストレスが溜まるんだね。
日常でも体が寒いと訴える。 夜は「布団を掛けて」です
脳幹出血の後遺症で体温調整機能に障害をうけている、本人にしか解らない悩みです。
病気を抱えた家族との日常は多くを求めず少しずつ小出しに表現し過ごしていく

札幌市でもゴミの排出は勝手に出来ない。
以前使っていたパソコンが狭い我が家で処置に困り清掃事務所に聞いてみた「パソコンはメーカーに連絡する」と指導を受けた
リサイクル代金3300円を振り込んだら処理業者に送る伝票が届いた。 ルールが出来ているんだね。




  

Posted by ikeda49 at 09:13Comments(4)j自宅での介護