さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  札幌市清田区

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 14人
プロフィール
ikeda49
ikeda49
北海道の冷涼な気候が自分には合っている。
自然は雄大だし、食べ物は美味しい。
妻の病気を通じて、口から食べられることがどんなに人本来の機能なのか判った。

ヤフーのオークションでは北海道の名産を全国に紹介している。

2015年04月29日

今日は祝日、桜も満開の札幌 私たちも車いすを押して出かけよう


何時も妻と行くコーヒー店です。
妻はケーキを2個とコーヒーにとろみをつけて時間をかけて頂く。 私たちの至福の時間です。

昨日は豊平体育館でのヨガの日でした。一週間に一度1時間半の運動です。{体が軽くなった様に感じるから続けています、体を動かすこと
は妻の介護を仕事とする小生の体のバランスが良くなっていると勝手に思っている}
そして昨日、思いがけず嬉しい提案があった。
私たちの住む団地に住むYさんから「車いすを階段上げるのは大変だね手伝うよ」と言ってくれた。
妻の介護は10年もなるので皆さん知っているが声をかけてくれる人は少ないよ、ありがたくお願いすることにした。



先日十勝川温泉で中学校のクラス会があった。毎年集まって「お互い一年間元気だったね」です。
後期高齢者世代になると何が起きるかわからない。気持ちは若くても体は酷使しているから何があるか不思議ではない。
小生も妻の状況が安定しているから出かけることができるのだね。来年はわからない。



過日北海道新聞にCOMLの100回の札幌患者塾が開かれると記事が載った。
COML:http://www.coml.gr.jp/index.html
{医療の主人公は患者である}を目指す、医療と法の消費者組織NPO法人です。
小生は一昨年の12月NHKラジオ深夜便で代表者の山口育子さんが患者の悩み医療者の悩みを話してくれた。
妻の病気と付き合う小生には共感できるところが沢山ありました。
先日妻がディに行った日初めて参加しました。


今回の講師は保健所の職員で相談事例により話をしてくれた。
{病気は予期しないで降りかかる、}いのちの主人公、からだの責任者である一人一人が学び実行したいものですね。
COMLでは「医者にかかる10箇条」の冊子もある。

妻も5月の誕生日で後期高齢者になる。お互いに何が起きるかわからないが、何が起きても仕方がない年齢です。
恐れたって心配しても疲れるだけ、一日一日高望みはなし、出来ることをして続けていきます。来月は美唄の温泉です。
桜の名所東山公園も今年は葉桜間違いなし。  






  

Posted by ikeda49 at 15:55Comments(7)j自宅での介護